エムユーフロンティア債権回収から取り立てを受けた人の体験談を紹介しますが、同じように取り立てが来ている人は非常に危険な状態です。

エムユーフロンティア債権回収は、三菱UFJ系列の取り立て専門の会社で、返済できない人に対して裁判を起こして強制的に借金を回収してくるからです

放置したり、支払いを拒否して無視するような状況を作ってしまうと非常に危険です。

もし、すでに連絡が来ている人はなるべく早く借金問題の専門家を頼りましょう。

借金問題などのお金の問題の解決に強く、滞納や料金の未払いが原因の突然の請求や取り立てなどの金銭トラブルで多くの相談を受ける相談先です。

こういった人は請求金額(借金)が減る可能性があるので、WEB減額診断を試して下さい。 当サイトがおすすめする専門家は、借金問題などのお金の問題の解決に強い専門家です。 滞納や料金の未払い、突然の請求の減額診断も無料で行っています。

診断では、国の減額制度の仕組みを元に、いくら減らせるのかを調べます。

そのため、いま請求を受けている人は、法的根拠を元に減額出来る可能性があるので、一度確認することをおすすめします。

下記のような人は減額の可能性があります。

  • 滞納して督促状が来ている人
  • カードの支払いで延滞している人
  • 法律事務所や債権回収会社から請求が来ている人
  • 裁判所から通知が来ている人
  • 一括請求の通知が来た人

診断ページでは「借金」と書かれていますが、ローンや未払いの請求も減額可能です。

診断しても手続き開始にはならないのでご安心ください。
※クレジットカードや貸金業者から借金で請求が来ている人は過払い金が発生している可能性があります。

そのため、一度無料で出来る過払い金の診断を受けて確認してみてください。 ※過払い金請求には期限があり、請求権を失う人が増えているので急いで診断してください。

エムユーフロンティアの取り立ては債権譲渡通知が来てから

エムユーフロンティア債権回収から来る取り立ての始まりは、いきなり来るというわけではありません。

必ず事前に債権譲渡通知という、もとの債権者から借金を取り立てるための権利を譲り受けたという通知が届きます。

その通知が来た後に、エムユーフロンティア債権回収から取り立てが始まります。

基本的に、エムユーフロンティア債権回収の取り立ては、電話と督促状による取り立てが中心で、それ以外の方法で取り立てを行うと違法行為となります。

例外として、何度連絡しても反応がない場合は勤め先に電話がかかってくる恐れがあったり、自宅訪問を受ける可能性があります。

そのため、取り立てを無視して長期間放置することはおすすめしません。

取り立てへの対応はこうする

エムユーフロンティア債権回収への取り立てへの対応は、正しい対処をしなければいけません。
※これは取り立ての対処法であって、請求金額の解決策ではありません。請求への対策は後ほど紹介します。

というのも、取り立てられている請求が時効を迎えている可能性があり、支払わなくても良いことがあるからです。

しかし、例えば取り立ての電話が来たときに、支払日の約束をしてしまったり、借金の存在を認めるような発言をしてしまうと時効は無効化されてしまいます。

また、督促状に書かれた金額を1円でも返済した場合も時効は無効化されます。

そのため、一番最初に確かめることは取り立てられている請求が時効かどうかを確かめることです。

基本的に、元の債権者が書類を送るなどを行うことで時効のための期間がリセットされるので時効は難しいと言われていますが、もし無効になるならそれにこしたことはありません。

もし、時効に出来ないと思う場合はこの記事の後半に対処法を紹介するのでよく読んでください。

エムユーフロンティア債権回収の取り立てについて

エムユーフロンティア債権回収は、三菱UFJ系列の債権回収会社なので、下記の企業から取り立ての委託を受けています。

もし、エムユーフロンティア債権回収からの電話やハガキに身に覚えがない人は、過去に下記企業からお金を借りていないか思い出してください。

  • アコム
  • 三菱東京UFJ銀行
  • 三菱UFJニコス
  • じぶん銀行
  • ジャックス
  • エム・ユー信用保証
  • 菱信ディーシーカード
  • トヨタファイナンス
  • 伊予銀行
  • 日本学生支援機構

奨学金を返済せずに滞納している場合も、エムユーフロンティア債権回収から取り立てを受けることになるので気をつけて下さい。

エムユーフロンティア債権回収は、上記の企業・団体から取り立てを委託されるか、債権自体の所有権を買い取りあなたに取り立てをしてきます。

取り立ては、主に電話と督促状の請求ハガキが来ます。

もし、下記の電話番号から電話が来ていたら、すでに取り立てが開始されているので気をつけてください。

  • 011-222-5112
  • 022-263-9910
  • 03-3373-5111
  • 03-5338-8145
  • 06-7730-9156
  • 06-7730-9146
  • 06-7635-4600
  • 06-7635-4501
  • 045-227-6075
  • 0120-501-177

エムユーフロンティア債権回収から取り立てを受けた人の体験談

30代男性の体験談を紹介します。

全く身に覚えのないエムユーフロンティア債権回収というところから親展・重要の封書が届きました。

中を見ると債権管理回収業務委託を受けたという内容で、昔借りたカードローンの債権の回収を受けたという内容でした。

ネットで調べたところ通知に書いてある電話番号や住所は合っていました。

しかし、しばらくネットで調べてみると詐欺の疑いがあったり、時効の可能性があるという内容の何度か見かけました。

確かに、借りたところから取り立てられるならまだしも聞いたことのないような債権回収会社という企業から取り立てを受ける覚えはないため、しばらく無視していました。

その後、東京都の市外局番から何度も電話が掛かってきましたが、電話に出ると時効が中断される恐れがあるとのことだったので無視していました。

そんな状態が2ヶ月続いた時、自宅に法的手続きの通知が届きました。

流石にまずいと思って改めて調べたところ、通知は本物の可能性が高くすぐに専門家に相談したほうが良いということが分かり、急いで弁護士や司法書士に相談しました。

弁護士や司法書士に相談したところ、あと2週間滞納が続いていたら一括請求が来て、最悪の場合裁判になる可能性があったとのことでした。

本当に危ない状態だったようで、この時放置しなくてよかったです。

その後、相談した弁護士や司法書士を通してエムユーフロンティア債権回収と返済の相談をしました。

相談の結果、返済の意志があることが認められ、少し減額してもらい少額ですが分割で支払っていくことになりました。

1年半ほどで返済を終えることが出来ましたが、あの時相談しなければ一括で返済する事はできなかったので、恐らく差し押さえを受けることになっていたと思います。

債権回収会社から減額してもらえた理由

この体験談で記載された減額について説明します。

まず、この体験談での減額のポイントは、債権回収会社からの減額と弁護士や司法書士に相談したことによる減額があると考えられます。

まず、債権回収会社から減額ですが、債権回収会社のビジネス構造が要因です。

債権回収会社が取り立てる債権は、元々の債権者から通常よりも安く債権を買い取っています。

例えば、100万円の借金を債権回収会社が40万で買い取る、といった感じです。

そのため、仮に80万で回収しても、利益は40万残ります。

この構造から、弁護士や司法書士を通して自分の返済能力をしっかりと説明した上で交渉すればもしかしたら減額してもらえる可能性があります。

次に弁護士や司法書士に相談したことによる減額ですが、これは債務整理という国の借金救済制度の手続きによる要因です。

債務整理という手続きをすることで、利息や遅延損害金を0円にする効果があります。

そのため、将来支払うはずだった利息分の金額を支払う必要が無くなり、その分の借金の減額が見込まれたということが考えられます。

また、今回のポイントは借金問題が得意な弁護士や司法書士を交渉の代理人に立てたことで、金融の知識が豊富でお金を貸した側という有利な立場にある債権回収会社を相手に上手に交渉できたことも大きいと考えられます。

エムユーフロンティアの取り立てを無視してはいけない

体験談のように、エムユーフロンティア債権回収の取り立ては無視してはいけません。

エムユーフロンティア債権回収から取り立てが来るのは突然ということはないため、取り立ては事前に予測することも出来ます。

必ず事前に債権譲渡通知という書類が届いているはずです。

その書類の内容は、元債者から債権を譲り受けたという内容で、正式にエムユーフロンティア債権回収に債権の所有者が移った、もしくは取り立てを委託されたという内容です。

そのため、取り立ては正当な取り立てなので無視することは出来ません。

仮に無視すると、様々なデメリットが生じてしまいます。

取り立てを無視すると起きるデメリット

エムユーフロンティア債権回収からの取り立てを無視することのデメリットを紹介します。

遅延損害金が発生して金利が約2倍に
エムユーフロンティア債権回収への返済が遅れている期間も遅延損害金は発生します。

遅延損害金の請求金額は借入金額と、遅延期間に応じて計算されます。

遅延損害金の決定は貸金業法で定められており、貸付年利の1.46倍、最大年20%までと決まっています。

たとえば借入金額が100万円、遅延損害金年18%、10日間の支払い遅延の場合は下記のようになります。
 
100万円 × 18% ÷ 365日 × 10日= 4,931円の遅延損害金

同じ条件で1年間滞納すると、
100万円 × 18% ÷ 365日 × 365日= 180,000円の遅延損害金

1ヶ月の滞納の場合は大した金額ではありませんが、1年間で見るとかなりの金額が請求されてしまうのがわかります。

通常の利息に加えて追加請求になってしまうので、滞納する前に支払いしたほうが良いでしょう。

法的手続きで一括請求や差し押さえに
連絡を無視している期間が長期化すると、法的手続きの予告書という封書が届きます。

この通知が来たということは近日中に裁判所が介入してきます。

そして、支払いを求める警告として、今度は裁判所から支払督促という名の支払いを要求する督促状が届きます。

この督促に応じることが出来なければ、今度は裁判所から一括請求の通知が届きます。

この通知がきたら、2週間以内に借金を全額返済しなければいけません。

また、この段階で分割で支払う権利を放棄した扱いになるため分割で支払うことが出来なくなります。
※この段階で弁護士や司法書士に相談して債務整理と言う手続きを取ると、分割で支払えるようになります。

この一括請求の通知にも応じることが出来なければ、差し押さえを受けることになります。

この時、差し押さえの対象になるものは以下のものです

  • 会社からの給料の4分の1の金額
  • 土地や建物などの不動産
  • 時計や宝石、自動車など財産価値のある動産
  • 所有している債権

自宅や車などが差し押さえられれば、家族にも借金を知られますし、給料の差し押さえは直接会社に連絡が行くため必ず会社の経理担当にバレてしまいます。

普通、経理の担当者は差し押さえの対応が来たことを経営者に報告するため、少なくとも会社の経営陣と経理には知られてしまいます。

借金問題を起こしている知られれば、今の職場に居づらくなってしまいます。

もちろん、本人の自由意志ですが多くの人は気まずくなってしまい今の職場を離れてしまうと聞きます。

また、仕事をしておらず収入がない人は、自己破産をするしかなくなるかもしれません。

弁護士や司法書士を味方につけて債務整理が一番おすすめ

もし体験談のようにエムユーフロンティア債権回収から取り立てを受けているけれども、すぐに返済するお金がない人は債務整理をおすすめします。

何より、取り立てのプロである債権回収会社を相手に、専門知識の無い個人の素人が交渉しても相手にされませんし、減額のチャンスを潰す可能性があります。

弁護士や司法書士を通せば、交渉の代理人をしてもらうこともでき、債務整理の手続きを進めてもらうことも出来ます。

債務整理は、借金の額や返済方法を見直し、借金の負担を軽くする手続きのことで、国が定めた借金の救済手段で年間100万人以上の人が利用しているため、あなただけがやる手続きではありません。

債務整理とは、いくつかある借金の救済手続きのまとめたことの総称のことで、下記のような種類があります。

  • 任意整理・・・金利を0%にし、毎月の返済額を減らして3~5年で返済していく手続き
  • 個人再生・・・100万円以上の借金の場合、借金を減らして減額した分の金利を0%にして3~5年で返済していく手続き
  • 特定調停・・・裁判所を通して行う任意整理で、個人で行うもの
  • 自己破産・・・裁判所の免責という許可の後に、財産を処分して借金を0円にする手続き

自己破産と聞くと、人生の終わりのような、今後生きていくうえで大きなデメリットを抱えてしまうと思うかもしれませんが、債務整理にはデメリットの少ない手続きがあります。

例えば、裁判所を介さずに債権者と個別に交渉する任意整理や、裁判所を通して借金を減額する個人再生(民事再生)などもあります。

自己破産や個人再生をすれば、滞納した借金や遅延した分の違約金として請求されている遅延損害金が免除されます。

また、大幅に減額される以外に、今後も請求されるはずの利息もカットすることができます。

法律事務所から督促を受けたにもかかわらず、返済も債務整理もしないで放置していると法律事務所から、遅延損害金も含めた全額を一括で支払うことを求める裁判を起こされてしまいます。

そうなると、分割での返済には応じてもらえず、自己破産しか選択肢がなくなってしまう可能性が高くなります。

そのため、少しでも早く専門家に相談すべきと言えます。

専門家に債務整理を依頼すると、法律事務所に対して依頼を受けたことを通知します。

通常は郵便で送りますが、すでに厳しい取り立てを受けているような緊急の場合は、電話やFAXで依頼を受けたことを通知します。

併せて正式な受任通知を郵送するといった工夫をすれば、最短なら即日にでも、法律事務所からの取り立てを止めることができます。

取り立てが無くなれば、借金や料金の未納問題よる金銭的な問題だけでなく、今の精神的に追い詰められた状態から解放されることになります。

今の苦しめられた状況でいても、何も変わりません。

誰にも迷惑をかけること無く、確実に返済仕切ることが出来る債務整理を利用してみることをおすすめします。

借金問題などのお金の問題の解決に強く、滞納や料金の未払いが原因の突然の請求や取り立てなどの金銭トラブルで多くの相談を受ける相談先です。

こういった人は請求金額(借金)が減る可能性があるので、WEB減額診断を試して下さい。 当サイトがおすすめする専門家は、借金問題などのお金の問題の解決に強い専門家です。 滞納や料金の未払い、突然の請求の減額診断も無料で行っています。

診断では、国の減額制度の仕組みを元に、いくら減らせるのかを調べます。

そのため、いま請求を受けている人は、法的根拠を元に減額出来る可能性があるので、一度確認することをおすすめします。

下記のような人は減額の可能性があります。

  • 滞納して督促状が来ている人
  • カードの支払いで延滞している人
  • 法律事務所や債権回収会社から請求が来ている人
  • 裁判所から通知が来ている人
  • 一括請求の通知が来た人

診断ページでは「借金」と書かれていますが、ローンや未払いの請求も減額可能です。

診断しても手続き開始にはならないのでご安心ください。
※クレジットカードや貸金業者から借金で請求が来ている人は過払い金が発生している可能性があります。

そのため、一度無料で出来る過払い金の診断を受けて確認してみてください。 ※過払い金請求には期限があり、請求権を失う人が増えているので急いで診断してください。