借金減額の仕組みとして、「債務整理」という国が認めた借金減額の方法を知っていますか?

借金はネガティブな話題なのであまり広まっていませんが、年間で100万人以上の人が利用して借金問題を解決してます。

この仕組みを利用することで、下記のような形で借金が減ると言われています。

  • 過払い金が戻ってきて借金が減る
  • 毎月の利子が0%になり将来的に支払う借金の総額が減る
  • 借金が5分の1から10分の1まで減額される
  • 借金が帳消しになる

債務整理をすることで上記の効果が全ての人に適用される分けではありませんが、少なくとも利子を0%にすることができます。

その上で、過払い金や借金の減額・帳消しが出来るようになります。

債務整理によって借金減額の仕組み適用させるには、お金を貸した側との交渉が必要になり、借金の和解をしなければいけません。

このとき、普通の人が交渉しても相手にされないことが多いです。

そのため、弁護士に依頼し、弁護士の強制力によって交渉に席に座らせるのが一般的です。

当サイトでは、お金の問題に強い専門家の減額診断を利用することをおすすめしています。

というのも、専門家にも医者に分野があるように、離婚問題、刑事事件、相続、詐欺、企業法務など得意分野があります。

そのため、お金の問題を得意とする専門家を選ばなければ正確な情報を得ることは出来ません。

お金の問題が得意な専門家は、自分のWEBサイトに相談前にどれだけ減額できるか分かる無料診断ツールを持っています。

このツールでは滞納や料金の未払い、突然の請求の減額診断も無料で行っています。

そのため、いま請求を受けている人は、法的根拠を元に減額出来る可能性があるので、一度どれだけ減額出来るか確認してみましょう。
※診断ページでは「借金」と記載されますが、未払い料金などの請求の減額も診断出来ます。


※クレジットカードや貸金業者から借金で請求が来ている人は過払い金が発生している可能性があります。

そのため、一度無料で出来る過払い金の診断を受けて確認してみてください。 ※過払い金請求には期限があり、請求権を失う人が増えているので急いで診断してください。

借金減額の仕組みを解説

借金返済がきついという状況の人は、クレジットカードのローンや消費者金融からのローン、住宅ローンなど複数の借金を抱えています。

この状態を「多重債務」と言います。

誰もが聞いたことがあるかと思いますが、多重債務者の多くは自分が多重債務者と気づいていません。

そのため、まずは自分の状況を把握しなければいけません。

下記のようなローンで、2つ以上の項目に心当たりがあれば多重債務者だと思って下さい。

  • 銀行カードローン
  • 消費者金融からのローン
  • クレジットカードのローン(ショッピング・キャッシング)
  • クレジットカードのリボ払い
  • 信用金庫からのローン
  • 住宅ローン
  • 自動車ローン
  • 教育ローン
  • フリーローン
  • 事業ローン
  • 奨学金
  • 医療費のローン(デンタルローン)
  • ブライダルローン

このように、ローンにはかなりの種類があり、借金という認識が薄いまま利用しているものが多くあります。

特に消費者金融からのローン、クレジットカードのローン、リボ払いは金利がほぼ同じで高く設定されています。

そのため、複数社から借りている人は借金が返済できずに自転車操業状態になり、借金地獄に陥ってしまう人もいます。

実際に、管理人はこれまで数万人に債務整理を紹介してきましたが、紹介した法律事務所からは、相談者の多くは多重債務者となっていると聞きます。

また、こういった人の多くは真面目な方が多く、返済できるものなら返済していきたいという意志があり、滞納せずに借金を返済し続けています。

それでも、借金問題が思いと滞納せずに返済しても借金が減らない状態になってしまうのです。

法律事務所の人から聞いたことがありますが、「2社以上からローン・借金をしているようならダメ元でいいから相談してみると助けられる可能性がある。とのことでした。

法律事務所の方も、このように苦しんでいる人を助けたい気持ちで厳しい司法試験を受かってきている人も多いため、味方だと思ってください。

法律事務所に相談すれば、債務整理という国の借金救済制度を利用して、借金を減額できる方法を行ってくれます。

債務整理にはいくつか種類があり人によって手続きが異なる

債務整理の手続きには、3つの手続きがあり借金の総額や自分の返済能力によって取るべき手続きが変わります。

基本的には債務者側に有利な手続きですが、お金を貸した側の債権者に一方的な負担を押し付ける制度でもありません。

借金の減額幅が大きいほど裁判所から審査されることになり、厳しくなっていきます。

債務整理には下記3つの手続きがあります。

  • 任意整理・・・金利を0%にして毎月の返済を減らす
  • 個人再生(民事再生)・・・最大10分の1まで借金を減らす
  • 自己破産・・・借金を帳消しにする

それでは、各手続きの仕組みを解説していきます。

また、債務整理には信用情報に傷が付いて完済後5年は新たなローンが借りれなくなるなどのデメリットもあるため、その点も解説します。

任意整理の仕組み

任意整理の仕組みは、毎月の金利を0%にすることができ、借金の元金のみを返済すれば良くなる制度です。

金利によって増える返済の負担が無くなるので、毎月確実に借金を減らす事ができます。

また、任意整理の交渉をすることで、いま支払っている返済額が多くて生活が苦しい場合は、毎月の返済額を見直すことが出来るため生活が楽になります。
(例:毎月の返済が8万→4.5万)

任意整理は、原則として3~5年で借金を返済できるようする仕組みなので借金完済までの道のりが明らかになります。

また、裁判所を通さないで出来るため審査などがなく、身の回りの人にも知られること無く完済できる手続きなので最も多く手続きされています。

個人再生の仕組み

個人再生の仕組みは、個人の返済能力などを裁判所から審査された上で、借金を5分の1から10分の1まで減額できる手続きです。

借金の減額には、下記表のように借金の総額によって減額幅が異なります。

借金総額 減額幅
100万円以下 減額無しでそのまま
100~499万円 100万円まで
500~1499万円 5分の1まで
1500~2999万円 300万円まで
3000~4999万円 10分の1まで

注意点は、100万円未満の借金は全く減額されないので気をつけて下さい。

また、借金が多ければ多いほど減額される制度ですが、所有している財産(住宅や車を除く)がある場合返済に充てられることになります。

そのため、あなたに返済能力があり、任意整理で返済できるなら個人再生より任意整理の方がおすすめです。

また、裁判所に出廷したり、自宅に裁判所から財産確認のための調査員が派遣されることになるので家族や身の回りの人たちに借金がバレてしまいます。

自己破産の仕組み

自己破産の仕組みは、裁判所から免責という許可を得ることで謝金を帳消しに出来る制度です。
ただし、自己破産は個人再生とは違い、本来返済すべきだった支払いを破棄する手続きです。

そのため、信用情報に傷が付くだけでなく住宅や車などの財産が差し押さえられることになります。

ただし、差し押さえられてもこれらのデメリットを差し置いても得られるメリットは大きく生活再建がしやすくなります。

また、持っているお金全てが差し押さえられるわけではなく、99万円以下の現金は手元に残すことができます。

自己破産は、手続きの条件が他の手続きよりも厳しいので条件を詳しく記載します。

手続きの条件

  • 借金を返済出来る収入や財産がないことが客観的に見ても明らかな人
  • 裁判所から許可を得た人

世間の自己破産のイメージは、「人生の終わり」という認識かもしれませんがデメリットのみです。

記載した程度のデメリットでは少なくとも人生が終わることはないでしょう。

また、自宅や車が差し押さえられたとしても、差し押さえられた自宅を賃貸として借りる事もできます。

そして、車も仕事や生活をする上で、必要になる人は差し押さえられません。

家電・家具・寝具など生活に必要なものは差し押さえられません。

また、原則として自己破産をした人への影響範囲なので、家族の所有物などは差し押さえの対象にはなりません。

借金減額のデメリットは無いのか?

ここまでで説明した3つの手続き

  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産

これら全てはもとを正せば、債権者に対して契約通り返済出来なくなったことを告げて、その上で和解するための方法です。

つまり、債権者に負担が行くことになるため、債務者にも手続きに応じてデメリットがあります。

任意整理のデメリット

任意整理のデメリットは、信用情報に傷が付いてしまい完済後5年は新しいローンを組むことがで出来なくなることです。

なお、このデメリットは個人再生や自己破産にもついてくるデメリットです。

これ以外はデメリットが無く、これまで通りの生活に戻ることが出来るため多くの人が利用しています。

なお、奨学金などの保証人が付いている借金があると、個人再生や自己破産は保証人に返済義務が移ります。

しかし、任意整理の場合は保証人が付いている借金は任意整理の対象にしないことが出来るため、誰にも迷惑をかけること無く借金を返済することができます。

また、弁護士と債権者の間で交渉が行われ、自分への連絡を止める事ができるため
裁判所を通すほか2つの手続きと違い、家族や身の回りの人に借金がバレずに完済できます。

他2つの手続きの場合、調査員が自宅に来るのでバレないようにするのは現実的に難しいです。

個人再生のデメリット

個人再生のデメリットは、まず信用情報に傷が付いて完済後5年間はローンが組めなくなることです。

さらに、官報という雑誌のようなものに自分の名前が載ります。

また、住宅や車(仕事に必要な場合は免除)以外の財産は返済に充てられることになります。

この時、財産隠しなどが行われないように裁判所から調査員が派遣されることになります。

そのため、借金を家族に隠すことができません。

また、個人再生の手続きを行う債権者を選べません。

つまり、保証人がいる借金があるとその借金は保証人に返済義務が移ります。

自己破産のデメリット

自己破産のデメリットは、最も数が多いのでまず列挙します

  • 信用情報機関に事故情報が5年載る
  • 自宅や車などの財産が差し押さえられる
  • 官報に名前が載る
  • 職業に制限が掛かる

信用情報機関に事故情報が載るのは他の手続きと同様です。

しかし、差し押さえは個人再生と違って自宅や車などが無くなってしまいます。

そのため、これまで通りの生活と完全に言い切ることはできません。

尚、賃貸物件の場合は差し押さえを受けて出ていくなどはありません。

官報も個人再生で説明したとおりです。

しかし、官報は法律の専門家などが読むものなので一般人が読むことはまず無いため、そこまで警戒することはありません。

職業制限も、特定の専門職のみで約半年程度の制限が掛かるだけです。

制限される職業一覧

一般的に「自己破産は人生の終わり」のようなイメージを持っている人が多いです。

しかし、実際は生活再建を目的に作られた手続きなので、普通に生活する分には問題はありません。

クレジットカードなど、信用情報を元にするサービスは利用できませんが、基本現金払いなどを心がければ問題なく平穏な生活を過ごすことができます。

任意整理で失敗することはあるのか?

任意整理で失敗することは殆どありませんが、借金の総額が少なすぎると場合は任意整理の意味が薄くなり、失敗と言える状況になることがあります。

この理由は、手続きのための弁護士費用が数万円かかることが原因です。

弁護士費用が、減額された金額よりも上回ることがあれば失敗と言っても良いかもしれません。

そのため、借金総額がおおよそ50万円未満の場合は自力で返済したほうが良いと言われています。

それ以上の金額の場合で任意整理で失敗したという話は聞いたことが無いです。
※クレジットカードが使えなくて失敗したと思う人はいるかも知れませんが、そもそも借金で苦しむ人はカードを持つことをおすすめしません。

もし、50万以上の借金があって任意整理で失敗したという話がネット上にあれば、知識のない人が適当に作った話の可能性があるので信用しないほうが良いです。

自分に合った債務整理の手続きを選ぶには?

借金減額方法である債務整理には種類があり、状況に応じて手続きを選ぶ必要があるということはわかったかと思います。

それでも、人によって状況が異なるため、どの手続きが向いているか判断できないという人もいるかと思います。

こういった場合は、専門家に質問してみるのが一番手っ取り早いです。

借金問題の専門家も、複雑な問題だと理解しているため専用の無料相談窓口を用意しています。

当サイトでは、お金の問題に強い専門家の減額診断を利用することをおすすめしています。

というのも、専門家にも医者に分野があるように、離婚問題、刑事事件、相続、詐欺、企業法務など得意分野があります。

そのため、お金の問題を得意とする専門家を選ばなければ正確な情報を得ることは出来ません。

お金の問題が得意な専門家は、自分のWEBサイトに相談前にどれだけ減額できるか分かる無料診断ツールを持っています。

このツールでは滞納や料金の未払い、突然の請求の減額診断も無料で行っています。

そのため、いま請求を受けている人は、法的根拠を元に減額出来る可能性があるので、一度どれだけ減額出来るか確認してみましょう。
※診断ページでは「借金」と記載されますが、未払い料金などの請求の減額も診断出来ます。


※クレジットカードや貸金業者から借金で請求が来ている人は過払い金が発生している可能性があります。

そのため、一度無料で出来る過払い金の診断を受けて確認してみてください。 ※過払い金請求には期限があり、請求権を失う人が増えているので急いで診断してください。