ニッテレ債権回収を調べているということは、恐らく請求のハガキや電話による連絡を受けた人かと思います。

連絡を受けて詐欺だと思うかと思いますが、詐欺ではないためニッテレ債権回収について解説していきます。

読んで分かること

  • ニッテレ債権回収はどんな会社なのか?詐欺ではないのか?
  • 請求されている今はどういう状況なのか?
  • 今後どうしていけばよいのか?

最初に説明しますが、ニッテレ債権回収は国から取り立て業務の許可を得た正規の企業なので、詐欺ではありません。

連絡を無視していたり、時効を狙って踏み倒そうとしても効果がなく、裁判を起こされて強制的に財産や毎月の給料を取り上げられる可能性があります。

請求された金額が20万以内で、すぐに支払えるようなら支払ってください。

しかし、すぐに支払えないようであれば裁判になる可能性があります。

もし返済が出来ない状況なら、すぐに弁護士や司法書士に相談して下さい。

弁護士や司法書士に相談することで裁判にならずに取り立てを止めることができ、返済額を減らしてもらえる可能性があるからです。

借金問題などのお金の問題の解決に強く、滞納や料金の未払いが原因の突然の請求や取り立てなどの金銭トラブルで多くの相談を受ける相談先です。

こういった人は請求金額(借金)が減る可能性があるので、WEB減額診断を試して下さい。 当サイトがおすすめする専門家は、借金問題などのお金の問題の解決に強い専門家です。 滞納や料金の未払い、突然の請求の減額診断も無料で行っています。

診断では、国の減額制度の仕組みを元に、いくら減らせるのかを調べます。

そのため、いま請求を受けている人は、法的根拠を元に減額出来る可能性があるので、一度確認することをおすすめします。

下記のような人は減額の可能性があります。

  • 滞納して督促状が来ている人
  • カードの支払いで延滞している人
  • 法律事務所や債権回収会社から請求が来ている人
  • 裁判所から通知が来ている人
  • 一括請求の通知が来た人

診断ページでは「借金」と書かれていますが、ローンや未払いの請求も減額可能です。

診断しても手続き開始にはならないのでご安心ください。
※クレジットカードや貸金業者から借金で請求が来ている人は過払い金が発生している可能性があります。

そのため、一度無料で出来る過払い金の診断を受けて確認してみてください。 ※過払い金請求には期限があり、請求権を失う人が増えているので急いで診断してください。

ニッテレ債権回収とは?

ニッテレ債権回収とは、法務大臣が許可を得ることで営業が可能になる債権回収会社の一つで、124社ある債権回収会社の中でも7番目に出来た老舗企業です。

そのため、電気・ガス・水道などの公共料金の支払い滞納や、税金の滞納、奨学金返済の滞納などの取り立ても請け負っており、少額でも本気で取り立てるため実績も高く信頼の厚い企業です。

この他にも、カード会社や金融機関、携帯電話キャリアやNTTやソフトバンクなどの通信会社からも取り立て業務を代行しています。

会社名 ニッテレ債権回収株式会社
設立 昭和61年8月1日
営業許可 平成11年6月1日(許可番号 法務大臣第7号)
資本金 5億2500万円
事業内容
  • 特定金銭債権の受託とその管理・回収及び買取業務
  • 上記以外の正常債権の受託(集金代行)業務
  • 事務代行業務
  • 法務手続きの代行その他債権の管理・回収全般にかかわる業務
株主 NTSホールディングス株式会社
住所

請求されている今はどういう状況なのか?

ニッテレ債権回収の名前を見聞きするタイミングは、下記のようなタイミングがあります

  • 債権譲渡通知
  • 督促状のハガキ
  • 電話による取り立て
  • 法的手続きの予告書
  • 裁判所からの通知

もし、最後の裁判所からの通知の段階であれば、時間がなく訴えられる寸前なので、すぐに法律問題の専門家に相談する必要があります。

それ以外のタイミングの場合は、実はどれも危険な状態ですがまだ時間的な余裕はあります。

ニッテレ債権回収からの請求が危険な理由

ニッテレ債権回収からの請求が危険な理由は、すでにあなたの支払い忘れが不良債権となっているからです。

普通は、元の債権者があなたに請求するのが普通ですが、債権回収会社が出てきているということは元の債権者が取り立てを諦めて取り立ての専門家に依頼したという状態だからです。

ニッテレ債権回収は、確実に回収するためにすぐに裁判所に訴えて法的な根拠をもとにあなたに取り立てを行ってきます。

つまり、債権回収会社が出てきた時点で裁判までのカウントダウンが始まっているということです。

ニッテレ債権回収からの督促状は下記のようなタイトルで来ます。

  • お支払方法のご相談を承っております
  • お客様のお考えについてご連絡ください
  • 居住地の確認の訪問調査を実施させていただく予定です
  • 法的手続きに入ります
  • 法的手続きの準備に入らざるを得ません
  • お客様の未払い内容をご確認下さい
  • お客様からのご連絡をお待ちしています
  • 強制執行手続が可能となる債務名義が存在します

下に行くほど裁判を起こされる危険性が高くなるため、急いで対処しましょう。

電話や督促状を無視すると危険

ネットでいろいろなサイトを見てみると、電話は詐欺だから無視していいと書いてあったり、時効だから無視したほうが良いという回答を見つけますが、これは誤った回答です。

ニッテレ債権回収からの請求に見に覚えがあれば、それは詐欺ではありませんし、債権回収会社が取り立ててくる請求で時効になっている債権はほとんどありません。

そもそも、時効は5年以上取り立てが行われていなかった債権に適用されるもので、期間経過後に自分で時効が成立した手続きを行わなければ時効にならないため、取り立てが来ている時点で成立していないと思ってください。

ニッテレ債権回収回収から来る電話や督促状を無視し続けると、支払いの意思が無いと見なしてすぐに裁判の手続きに入るからです。

また、この時電話にでない理由が病気や死亡の可能性もあると考えられるため、場合によっては職場に直接電話が来ることがあります。

そうなると、職場の同僚に借金をしていることがバレてしまう恐れがあります。

今後どうすればよいのか

請求されている金額が少額ですぐ払える場合

ニッテレ債権回収は、光熱費などを滞納している人への取り立てを行っているため、請求されている金額が数千円や数万円のときでも連絡が来ることがあります。

このような少額の場合でも裁判になるので、返済できるならすぐに返済しましょう。

支払い方法がわからない場合は送られてきている督促状を確認しましょう。

もし、督促状がない場合はニッテレ債権回収のお問い合わせ窓口に電話をして、支払い方法を確認してください。

すぐに支払うことが出来ない場合

請求されている金額が大金で、すぐに支払えない場合は非常に危険で、裁判の他に遅延損害金が加わってきます。

この遅延損害金とは、これまで遅れていた分の違約金のことで、おおよそ利息が倍になると見てください。

その結果、滞納していた期間で変化しますが、元々借りていた金額の2倍以上の返済を迫られるということもあり得ます。

そのため、まともに返済することが難しく、普通に働いて返そうと思っても5年や10年も掛かるということもあり得ます。

このような状況になったら、債権回収会社との間で減額の交渉をして、なんとか返済金額自体を減らしていかなければいけません。

債権回収会社も、相手を破産冴えるつもりはなく、確実に支払ってくれるとわかった場合は減額にも応じてくれる可能性があります。

しかし、このときの交渉は支払いが遅れている側の立場で臨まなければ行けないため、非常に不利な状況で交渉をしなければならず、かつ金融法などのお金に関する法律にも精通していなければいけません。

相手も、交渉の場には法務担当や弁護士や司法書士などが出てくる可能性が高いです。

そのため、こちらも借金問題や消費者問題に強い専門家を代理人として立てて交渉することをおすすめします。

借金問題などのお金の問題の解決に強く、滞納や料金の未払いが原因の突然の請求や取り立てなどの金銭トラブルで多くの相談を受ける相談先です。

こういった人は請求金額(借金)が減る可能性があるので、WEB減額診断を試して下さい。 当サイトがおすすめする専門家は、借金問題などのお金の問題の解決に強い専門家です。 滞納や料金の未払い、突然の請求の減額診断も無料で行っています。

診断では、国の減額制度の仕組みを元に、いくら減らせるのかを調べます。

そのため、いま請求を受けている人は、法的根拠を元に減額出来る可能性があるので、一度確認することをおすすめします。

下記のような人は減額の可能性があります。

  • 滞納して督促状が来ている人
  • カードの支払いで延滞している人
  • 法律事務所や債権回収会社から請求が来ている人
  • 裁判所から通知が来ている人
  • 一括請求の通知が来た人

診断ページでは「借金」と書かれていますが、ローンや未払いの請求も減額可能です。

診断しても手続き開始にはならないのでご安心ください。
※クレジットカードや貸金業者から借金で請求が来ている人は過払い金が発生している可能性があります。

そのため、一度無料で出来る過払い金の診断を受けて確認してみてください。 ※過払い金請求には期限があり、請求権を失う人が増えているので急いで診断してください。