ジャスティス債権回収から取り立てを受けたけど、何の会社?

電話が掛かってきたけど、どうしたら良いの?

このように、ジャスティス債権回収という企業から連絡がきた人は、怪しい会社だと思ってしまうかもしれません。

ジャスティス債権回収会社は、貸金業者の代わりに借金を回収する会社です。ジャスティス債権回収会社からの請求は詐欺ではありません。

債権回収会社から連絡が来た際、一番やってはいけないことは無視をすることです。無視し続けると利息で借金が増え続けてしまい、最悪の場合、裁判を起こされてしまいます。

このページでは、ジャスティス債権回収とは何か、通知が届いた場合の具体的な対処法について詳しく解説していきます。

借金の支払いが出来ないから踏み倒したいと思って、借金の時効を狙う人がいますが、おすすめしません。

問題を先延ばしにしたり逃げようとすると、最悪の場合、法的な強制力を持つ差し押さえが行われてしまう恐れもあります。

ジャスティス債権回収は法的な手続きを元に支払いを強制してくることになるため、こちらの都合で支払えないという言い訳は通用しません。

もし、請求されていrう金額wお支払うことが出来きない状態であればすぐに弁護士や司法書士に相談してください。

弁護士や司法書士なら、今規定rう請求を止めることが出来ます。

借金問題などのお金の問題の解決に強く、滞納や料金の未払いが原因の突然の請求や取り立てなどの金銭トラブルで多くの相談を受ける相談先です。

こういった人は請求金額(借金)が減る可能性があるので、WEB減額診断を試して下さい。 当サイトがおすすめする専門家は、借金問題などのお金の問題の解決に強い専門家です。 滞納や料金の未払い、突然の請求の減額診断も無料で行っています。

診断では、国の減額制度の仕組みを元に、いくら減らせるのかを調べます。

そのため、いま請求を受けている人は、法的根拠を元に減額出来る可能性があるので、一度確認することをおすすめします。

下記のような人は減額の可能性があります。

  • 滞納して督促状が来ている人
  • カードの支払いで延滞している人
  • 法律事務所や債権回収会社から請求が来ている人
  • 裁判所から通知が来ている人
  • 一括請求の通知が来た人

診断ページでは「借金」と書かれていますが、ローンや未払いの請求も減額可能です。

診断しても手続き開始にはならないのでご安心ください。
※クレジットカードや貸金業者から借金で請求が来ている人は過払い金が発生している可能性があります。

そのため、一度無料で出来る過払い金の診断を受けて確認してみてください。 ※過払い金請求には期限があり、請求権を失う人が増えているので急いで診断してください。

ジャスティス債権回収とは

ジャスティス債権回収は、債権回収会社という国から許可を得て正式に取り立て行為を行っても良いされている合法の企業です。

債権回収という業態は、個人・法人がしているローンの滞納や支払いの必要な債権が滞っており長期化した不良債権の回収を目的にしている業態です。

法務省の認可を得て、法的に認められた方法で取り立てを行うクリーンな企業とされているため、ジャスティス債権回収という聞いたこともない会社だからといって架空請求業を行う違法企業だと思わないでください。

実際に法務省が営業を許可した債権回収会社一覧にも載っているため、正式な取り立てということです。

そのため、万が一借金の時効を狙って踏み倒そうとしたり、放置してはいけません。

ジャスティス債権回収を相手に時効が難しい理由

借金の時効を行うには、いくつか条件があります。

  • 最後に返済した日から5年間の間は取り立てや返済を受けていない
  • 債権の存在を認める債権の承認をしていない
  • 期間満了後に時効の援用手続きを行う

という条件があります。

この3つの条件を満たすのは非常に難しいとされており、まず最後に返済した日から1度でも取り立てのための通知などが送られていれば時効の期間が最大で10年延長されてしまいます。

また、取り立ての電話を受けたときに、「いつなら返せる」「分割にしたい」「いくらなら支払える」などといった借金の存在を認める発言をしてしまうと債権の承認になってしまいます。

さらに、仮に5年間の間連絡が無かったとしても、借金の時効は自動的に成立しません。

5年経過した後に、自分から時効が成立したことを証明する手続きを行わなければいけません。

しかし、ジャスティス債権回収はこの時効の成立のための手続きを行う前に裁判所に訴えるなどして、時効を延長させてかつ財産や給料を差し押さえて強制的に支払いを迫り、時効にさせないようように動きます。

そのため、時効を狙うのは非常に難しく懸命ではありません。

取り立てのハガキや電話の内容を確認

すでに督促状のハガキや電話を受けている人はジャスティス債権回収から送られてきているハガキを確認してください。

このハガキには

  • 請求されている内容
  • 支払い期限
  • 滞納分はいくらか

上記3点を確認します。

普通に生活している人は、ジャスティス債権回収のような債権回収会社と関わることは無いため、聞いたこともない会社からの取り立てなので、架空請求業者と勘違いして無視してしまうかもしれません。

しかし、実際にハガキに記載されている内容を確認すると、何の請求かは記載されています。

そのため、なんとなくは心あたりがあるのではないかと思います。

また、ジャスティス債権回収は、電話での督促連絡を行っています。

そのため、以下の電話を無視し続けることも危険です

  • 03-5652-6262

電話連絡の厄介なところは、電話番号を登録していないので、ジャスティス債権回収からの連絡なのかわからないことです。

そのため、見知らぬ電話番号が来ていたら、上記の電話番号から電話がかかってきていないかを確認しましょう。

取り立ての対処法

債権回収会社の役割は、滞納が続く相手への取り立てを、元の債権者が諦めたときに代理で回収することです。

そのため、ジャスティス債権回収という会社からの請求に覚えがなくても、多くの場合は債権がもとの債権者からジャスティス債権回収に譲渡された結果の請求です。

なお、債権がジャスティス債権回収に移るときは、債権譲渡通知という名前の通知が自宅に送付されて来ています。

債権がジャスティス債権回収に移ったあとは、

  • 支払いご依頼通知
  • 債権の受託通知書
  • 借入残高のお知らせ

こういった名前の通知が自宅に送られてきます。

このときの請求されている金額を見てみると、多くの場合は利子や長期間の滞納による遅延損害金によって膨れ上がっており、元金の2倍以上になっていることもあります。

まともに支払うことが難しいため、こういった場合の対処法としてまずは専門家に相談してみてください。

専門家に相談することで、膨れ上がった借金の減額交渉や今後の返済にかかる利子を無効にする手続きも行ってくれます。

手続きをすると費用が掛かりますが、減額される金額の方が遥かに多くなるため、まずは無料相談を行っている専門家に相談して見てください。

借金問題などのお金の問題の解決に強く、滞納や料金の未払いが原因の突然の請求や取り立てなどの金銭トラブルで多くの相談を受ける相談先です。

こういった人は請求金額(借金)が減る可能性があるので、WEB減額診断を試して下さい。 当サイトがおすすめする専門家は、借金問題などのお金の問題の解決に強い専門家です。 滞納や料金の未払い、突然の請求の減額診断も無料で行っています。

診断では、国の減額制度の仕組みを元に、いくら減らせるのかを調べます。

そのため、いま請求を受けている人は、法的根拠を元に減額出来る可能性があるので、一度確認することをおすすめします。

下記のような人は減額の可能性があります。

  • 滞納して督促状が来ている人
  • カードの支払いで延滞している人
  • 法律事務所や債権回収会社から請求が来ている人
  • 裁判所から通知が来ている人
  • 一括請求の通知が来た人

診断ページでは「借金」と書かれていますが、ローンや未払いの請求も減額可能です。

診断しても手続き開始にはならないのでご安心ください。
※クレジットカードや貸金業者から借金で請求が来ている人は過払い金が発生している可能性があります。

そのため、一度無料で出来る過払い金の診断を受けて確認してみてください。 ※過払い金請求には期限があり、請求権を失う人が増えているので急いで診断してください。

取り立ては滞納していつごろ来るか

借金返済を滞納すると、ジャスティス債権回収から支払いの取り立てが来ます。

滞納後どのくらいの期間が経過したら、実際に督促が来るのでしょうか。

借金返済を滞納したら、電話やハガキ、封書などで督促が来るようになりますが、これらの督促は延滞後比較的すぐに来てしまいます。

支払予定日を過ぎたら、次の日には電話がかかってくる可能性がありますし、数日内には自宅宛に郵便による督促状が届くでしょう。

まずは、電話や郵便(ハガキや封書)で督促が行われることが普通です。

これらの督促を放置していると、内容証明郵便によって一括請求書が送られてきます。

ジャスティス債権回収から、自宅や勤務先などに訪問されることは通常ありません。

また、勤務先に電話をかけられることは通常ありません。

ただし、督促の電話を長期間無視し続けると、所属している勤務先に電話が掛かってくることもあるため電話の無視だけはしないでください。

自宅訪問や勤務先に連絡が来るか

ジャスティス債権回収のような、法務省から許可を得ている債権回収会社が借金の取り立てをする場合には、貸金業法という法律に従う必要があります。

貸金業法に違反すると、ジャスティス債権回収は業務停止になってしまったり、刑事罰を受けたりすることもあるので、貸金業法違反の行為をすることは通常ありません。

貸金業法では、貸金業法による取り立て方法について、厳しく規制しています。

その中で、正当な理由がないのに、債務者の自宅や勤務先に訪問したり勤務先に電話をしたりすることはできないと規定されています。

そのため、借金を滞納しても、ジャスティス債権回収が自宅や勤務先に訪ねてくることはありません。

ただし、他の手段によっては債務者と連絡がつかないなどの正当な理由がある場合は、ジャスティス債権回収の担当者が自宅や勤務先に訪ねてきたり、勤務先に電話をかけられたりすることもまれにはあります。

以上をまとめると、借金返済を滞納した場合、まずは電話による督促が行われ、ハガキや封書などの郵便による督促状が来て、内容証明郵便による一括請求書が送られるという流れになります。

電話やハガキを無視し続けると、自宅や勤務先にも督促がくることがあるので、無視しないようにしましょう。

ジャスティス債権回収の評判について

アイアール債権回は法務省に認められた債権回収会社(サービサー)です。

正式に認められている債権回収会社は、取り立て行為を厳密に監視されているため、恐喝まがいの取り立てや債務者を害するような取り立て行為は行なえません。

実際に、国からの審査は厳しく何社もの債権回収会社が営業許可を取り消されている中で、今でもしっかりと営業を続けているのでジャスティス債権回収はクリーンな企業だと思われます。

ただし、クリーンな企業だからといって決して優しいというわけではなく、支払いができない人には厳しく対応してきます。

そのため、まともに支払うことが出来ない債務者と判断された場合は、すぐに裁判所に訴えて借金を回収してくると思ってください。

ジャスティス債権回収より先に専門家に電話する

ジャスティス債権回収は、取り立て能力が高いと評判の会社です。

その回収能力の高さは、借金をしている人たちにどういう連絡を取れば、確実に返してくれるかを知っています。

具体的には裁判所に訴状を出すことで、正式に取り立てを行えたり、差し押さえに移ることで強制的に回収してきます。

こう言った状況になったら、個人の力では対処しきれません。

長期の滞納は債権回収会社が出てくる

私達一般人は、債権回収会社という名前に関わることはほぼ無いと言っても良いでしょう。

しかし、滞納が慢性的に続くと、債権回収会社と関わる可能性があります。

債権回収会社とは、貸金業を営む企業が回収し切ることができない債権や、定額で支払う光熱費や奨学金返済、住宅ローンや自動車ローンなどで滞納した人から取り立てを行うことを専業にした業者です。

ローンや、定額で支払う料金を長期間滞納した場合、最初はサービスを利用した会社から、契約したときに登録した住所や電話番号に連絡がきます。

しかし、滞納した期間が長期になると、債権回収会社から直接連絡がくるようになります。

これは、借金が取り立て不可とみなされて、取り立ての専門家の債権回収会社に借金が譲渡されたということです。

このとき、連絡がくる会社は国に認められたサービサーと言われる債権回収会社から連絡が来ます。

債権回収会社は、回収した分の借金がそのまま利益になるので、さまざまな手法を駆使して借金の回収を試みます。

もちろん、取り立てを行うときは、自分たちが不利になるような違法な取り立てはしません。

仮に、時効が成立するような長期間借金を放置していた場合、その借金が債権回収会社に譲渡されている可能性があります。

直接借金をした相手ではなくても、借金を時効にする場合は、債権回収会社と関わる可能性があります。

ジャスティス債権回収を名乗る詐欺に注意

ジャスティス債権回収を含めた債権回収会社から連絡が来たら、まずは先程紹介した債権回収会社一覧の中にある債権回収会社なのかを調べてください。

債権回収会社は国から許可を得ないと行えない、非常に厳しい審査を通り抜けないと営業ができない業種です。

そのため、認められている債権回収会社の数は実は少ないため簡単に確認できます。

もし、自分宛てに債権回収会社からの通知がきたら、必ず業者名と住所の詳細が確認してください。

通知の内容から、本当に正式に法務省から許可を得ている債権回収会社かどうかを確認してください。

近年、債権回収会社を名乗った架空請求業者も出てきており、正式な債権回収会社名を名乗る紛らわしい詐欺行為を行う業者もいます。

こういった業者は、SMSやショートメールなどで連絡することが多いため注意してください。

また、自分で判断できないときは専門家にすぐに相談しましょう。

犯罪行為に巻き込まれてしまう前に、早めに対処しましょう。

ジャスティス債権回収から電話が来た時の対処法

それでは、実際に債権回収会社から適法な範囲内で督促を受けた場合、どのように対応すればいいのでしょうか。

債権回収会社から通知を受ける人は、すでに相当期間、借金を滞納しているはずです。

正式な債権回収会社ならば、真摯に対応してくれますが、借金の滞納状況によっては支払督促や訴訟などの法的手続きをとられてしまう危険があります。

そのため、少しでも早く、専門家に債務整理の相談をすべきです。

法律の専門家に債務整理の依頼をしたほうがいい理由

債務整理とは、借金の額や返済を見直し、借金の負担を軽くする手続きのことです。

債務整理には、裁判所を介さずに債権者と個別に交渉する任意整理や、裁判所の手続きである自己破産、個人再生などがあります。

自己破産や個人再生をすれば、滞納分や遅延損害金が免除される、大幅に減額される以外に、任意整理では将来の利息をカットすることができます。

債権回収会社から督促を受けたにもかかわらず、返済も債務整理もしないで放置していると、債権回収会社から、遅延損害金も含めた全額を一括で支払うことを求める裁判を起こされてしまいます。

そうなると、分割での返済には応じてもらえず、自己破産しか選択肢がなくなってしまう可能性が高くなります。そのため、少しでも早く専門家に相談すべきと言えます。

専門家に債務整理を依頼すると、専門家が債権回収会社に対して依頼を受けたことを通知します。

通常は郵便で送るのですが、すでに厳しい取り立てを受けている場合には、電話やFAXで依頼を受けたことを通知してください。

併せて正式な受任通知を郵送するといった工夫をすれば、即日にでも、債権回収会社からの督促や債権回収会社への返済を止めることができます。

借金問題などのお金の問題の解決に強く、滞納や料金の未払いが原因の突然の請求や取り立てなどの金銭トラブルで多くの相談を受ける相談先です。

こういった人は請求金額(借金)が減る可能性があるので、WEB減額診断を試して下さい。 当サイトがおすすめする専門家は、借金問題などのお金の問題の解決に強い専門家です。 滞納や料金の未払い、突然の請求の減額診断も無料で行っています。

診断では、国の減額制度の仕組みを元に、いくら減らせるのかを調べます。

そのため、いま請求を受けている人は、法的根拠を元に減額出来る可能性があるので、一度確認することをおすすめします。

下記のような人は減額の可能性があります。

  • 滞納して督促状が来ている人
  • カードの支払いで延滞している人
  • 法律事務所や債権回収会社から請求が来ている人
  • 裁判所から通知が来ている人
  • 一括請求の通知が来た人

診断ページでは「借金」と書かれていますが、ローンや未払いの請求も減額可能です。

診断しても手続き開始にはならないのでご安心ください。
※クレジットカードや貸金業者から借金で請求が来ている人は過払い金が発生している可能性があります。

そのため、一度無料で出来る過払い金の診断を受けて確認してみてください。 ※過払い金請求には期限があり、請求権を失う人が増えているので急いで診断してください。