ある日突然、日本債権回収株式会社という企業から取り立ての電話やハガキが来たという人は、今どうしたらいいかわからない状況かと思います。

取り立てをこのまま放置したら危険なため、危険な理由と放置するとなにが起こるか、そしてその対処法を説明します。

はてな

  • 「日本債権回収株式会社から電話やメールが来たけど詐欺じゃないか?」
  • 「お金を借りた覚えはあるけど、何年も前の借金だから時効に出来ないかな?」
  • 「ネットで調べると時効かもしれないってあったけど本当?」


日本債権回収株式会社という企業から、ハガキやメール、電話などの取り立ての連絡が来ると、多くの人がこういった疑問を持ちます。

ネットの検索では「日本債権回収 電話」や、「日本債権回収 評判」など取り立てを受けたことがきっかけで調べている人も多く、不安に思う人が増えています。

ネット上のQ&Aサイトには日本債権回収から突然連絡が来たという疑問の投稿を多く見かけますが、質問に間違えたこと回答をする投稿も多くあり、後から訴えられたり差し押さえを受けたりなど、間違えた回答を信じたら大変なことになる回答もあります。

そこで、ここで正しい対応方法を紹介していきます。

  1. 架空請求か正しい請求かを見分ける
  2. 正しい請求の場合は返済方法を考える

まず、日本債権回収への対応は大まかに上記2つの手順を取ってください。

そもそも、日本債権回収という会社は法務省から許可を得て営業している企業なので悪徳業者ではありません。

しかし、厄介なことに近年悪徳業者が「日本債権回収」の名前を偽り、似た会社名を使って架空請求詐欺を行ってくるところもあり、連絡を受けた人は本物の日本債権回収かを見分けなければいけません。

この見分け方は、請求されたときに記載されている電話番号が、日本債権回収が使っている電話番号かどうかで見分けられます。

手紙による取り立てが来たときも、手紙に記載されている電話番号が日本債権回収の電話番号かどうかでも見分けられます。

また、メールで突然連絡が来た場合日本債権回収はメールを使った連絡は行っていないため詐欺の可能性が非常に高いです

これらの方法で見分けたときに、本物の請求だった場合は放置していると訴えられて差し押さえを受ける恐れがあるためしっかりと返済しなければいけません。

もし、いまお金が無く、他にも借金がある状態なら、国の借金返済の救済手段である債務整理という方法があります。

この手続きを行うと、請求されている借金の総額を減らすことが出来たり、利息が0%になったりと様々なメリットがあります。
※借金が20万円以上ある人は債務整理をしたほうが良いと言われていますが、20万未満の方だと手続きの費用のほうが掛かるため普通に返済したほうが良いです。

この手続きは、司法書士などの専門家に依頼することで手続きを行うことが出来ます。

借金問題などのお金の問題の解決に強く、滞納や料金の未払いが原因の突然の請求や取り立てなどの金銭トラブルで多くの相談を受ける相談先です。

こういった人は請求金額(借金)が減る可能性があるので、WEB減額診断を試して下さい。 当サイトがおすすめする専門家は、借金問題などのお金の問題の解決に強い専門家です。 滞納や料金の未払い、突然の請求の減額診断も無料で行っています。

診断では、国の減額制度の仕組みを元に、いくら減らせるのかを調べます。

そのため、いま請求を受けている人は、法的根拠を元に減額出来る可能性があるので、一度確認することをおすすめします。

下記のような人は減額の可能性があります。

  • 滞納して督促状が来ている人
  • カードの支払いで延滞している人
  • 法律事務所や債権回収会社から請求が来ている人
  • 裁判所から通知が来ている人
  • 一括請求の通知が来た人

診断ページでは「借金」と書かれていますが、ローンや未払いの請求も減額可能です。

診断しても手続き開始にはならないのでご安心ください。
※クレジットカードや貸金業者から借金で請求が来ている人は過払い金が発生している可能性があります。

そのため、一度無料で出来る過払い金の診断を受けて確認してみてください。 ※過払い金請求には期限があり、請求権を失う人が増えているので急いで診断してください。

日本債権回収(JCS)からの電話やメールは詐欺?

最近、日本債権回収の名を語った架空請求が増えているようです。

日本債権回収のホームページでもこのことは告知しており、公式に下記のような状況は詐欺の可能性が高いです。

■当社と同一もしくは類似した社名を使った、悪質な請求行為の事例
【1】「債権回収の委託を受けた」「インターネットサイト料金を滞納している」「法的手続きに移行する」等の内容のメールが届く。
⇒ 当社ではインターネットサイト料金等は取扱っておりません。したがって、その回収業務を行うこと,もしくは他社に委託することはございません。
⇒ また、メール等でお支払いのご案内、ご連絡を差し上げることはございません。
【2】連絡先として携帯電話番号を指定する。
⇒ 当社では連絡先に携帯電話番号を指定することはございません。
【3】振込先として個人名義の口座を指定する。
⇒ 当社では振込先に個人名義の口座を指定することはございません。
【4】夜9時以降(朝8時まで)に連絡が入る。
⇒ 当社では夜9時以降、朝8時までの時間にご連絡を差し上げることはございません。

上記に当てはまらない場合、正式な日本債権回収からの取り立てだと考えられるので、決して無視せず専門家に相談し、一緒にあなたの状況にあった対処法を考えてもらいましょう。

日本債権回収からのハガキの内容について解説

すでに連絡を受けている人は日本債権回収のハガキの内容を確認してください。

このハガキには

  • 請求されている内容
  • 支払い期限
  • 滞納分はいくらか

上記3点を確認します。

普通に生活している人は、日本債権回収のような債権回収会社と関わることは無いため、聞いたこともない会社からの取り立てなので、架空請求業者と勘違いして無視してしまうかもしれません。

しかし、実際にハガキに記載されている内容を確認すると、何の請求かは記載されています。

そのため、なんとなくは心当たりがあるのでは無いでしょうか?

また、日本債権回収は、電話で連絡を行っています。

そのため、以下の電話番号を無視し続けることも危険なので、下記の番号から電話がかかってきてないか履歴を確認してください。

  • 03-3222-0328
  • 011-204-9360
  • 022-216-6605
  • 048-640-6681
  • 045-277-0240
  • 052-955-1262
  • 06-7663-1383
  • 082-511-2572
  • 092-415-1221
  • 048-600-0075
  • 049-239-6820
  • 048-647-7211

電話連絡の厄介なところは、電話番号を登録していないので、日本債権回収からの連絡なのかわからないことです。

未登録の番号からの連絡は無視してしまう人が多く、実際に日本債権回収からの電話を無視し続けて裁判になってしまったという人も多いです。

そのため、見知らぬ電話番号が来ていたら、上記の電話番号から電話がかかってきていないかを確認しましょう。

日本債権回収(JCS)とは?

日本債権回収は、法務大臣から許可された、124社ある債権回収会社の中でも、2番目に許可を得た債権回収会社で、実績も多く社会的信用も高い老舗の債権回収会社です。
債権管理回収業に関する特別措置法を守り、確かな回収力があるため、金融業界では有名で多くの企業から依頼を受ける大企業です。

2016年3月時点で、取扱債権数が440万件を超えており、カード会社や銀行などの金融機関からの債権回収業務の委託だけでなく、県や市町村など自治体からも業務委託を受けており、非常に高い評価を受けている債権回収会社です。

会社名 日本債権回収株式会社(略称:JCS)
設立 1999年1月
許可番号 1999年4月 法務大臣許可番号第2号
資本金 7億円
本社住所 〒102-8503 東京都千代田区麹町五丁目2番地1 オリコ本社ビル5階
株主 株式会社オリエントコーポレーション 100%

個人で調べてみてもわかりますが、この日本債権回収に取り立てを委託する組織・団体は非常に多いです。

法人の債権から個人の債権まで幅広く取り扱っているようなので、その分知見も多く能力も高いと思われます。

日本債権回収はオリコからも委託されている

日本債権回収は、株式会社オリエントコーポレーションが100%出資している債権回収会社です。

そのため、オリコカードの各種ローンで滞納している人は、日本債権回収から取り立てを受ける可能性があります。

そういった場合は、滞納せずに専門家に相談しましょう。

日本債権回収から取り立てを受けたときの対処法

債権回収会社の役割は、滞納が続く相手への取り立てを、元の債権者が諦めたときに代理で回収することです。

そのため、日本債権回収という会社からの請求に覚えがなくても、多くの場合は債権がもとの債権者から譲渡された結果の請求です。

なお、債権が日本債権回収に移るときは、債権譲渡通知という名前の通知が自宅に送付されて来ています。

恐らく、過去に郵便物に債権譲渡通知があったはずです。

債権譲渡によって、債権が日本債権回収に移ったあとは、

  • 支払いご依頼通知
  • 債権の受託通知書
  • 借入残高のお知らせ

こういった名前の通知が自宅に送られてきます。

このときの請求されている金額を見てみると、多くの場合は利子や長期間の滞納による遅延損害金によって膨れ上がっており、元金の2倍以上になっていることもあります。

そうなると、まともに支払うことが難しいため、こういった場合の対処法として借金問題の専門家へ相談してださい。

専門家に相談することで、膨れ上がった請求金額の減額交渉や今後の返済にかかる利子を無効にする手続きも行ってくれます。

専門家への相談は、無料で受け付けているところがあるため、質問するつもりで一度相談してください。

借金問題などのお金の問題の解決に強く、滞納や料金の未払いが原因の突然の請求や取り立てなどの金銭トラブルで多くの相談を受ける相談先です。

こういった人は請求金額(借金)が減る可能性があるので、WEB減額診断を試して下さい。 当サイトがおすすめする専門家は、借金問題などのお金の問題の解決に強い専門家です。 滞納や料金の未払い、突然の請求の減額診断も無料で行っています。

診断では、国の減額制度の仕組みを元に、いくら減らせるのかを調べます。

そのため、いま請求を受けている人は、法的根拠を元に減額出来る可能性があるので、一度確認することをおすすめします。

下記のような人は減額の可能性があります。

  • 滞納して督促状が来ている人
  • カードの支払いで延滞している人
  • 法律事務所や債権回収会社から請求が来ている人
  • 裁判所から通知が来ている人
  • 一括請求の通知が来た人

診断ページでは「借金」と書かれていますが、ローンや未払いの請求も減額可能です。

診断しても手続き開始にはならないのでご安心ください。
※クレジットカードや貸金業者から借金で請求が来ている人は過払い金が発生している可能性があります。

そのため、一度無料で出来る過払い金の診断を受けて確認してみてください。 ※過払い金請求には期限があり、請求権を失う人が増えているので急いで診断してください。

日本債権回収からの取り立ては滞納していつごろ来るか

借金返済を滞納すると、日本債権回収から支払いの取り立てが来ます。

滞納後どのくらいの期間が経過したら、実際に督促が来るのでしょうか。

借金返済を滞納したら、電話やハガキ、封書などで督促が来るようになりますが、これらの督促は延滞後すぐに来てしまいます。

支払予定日を過ぎたら、次の日には電話がかかってくる可能性があり、数日後には自宅宛に督促状が届くでしょう。

まずは、電話や郵便(ハガキや封書)で督促が行われることが普通です。

これらの督促を放置していると、内容証明郵便によって一括請求書が送られてきます。

日本債権回収から、自宅や勤務先などに訪問されることは通常ありません。

また、勤務先に電話をかけられることは通常ありません。

ただし、督促の電話を長期間無視し続けると、所属している勤務先に電話が掛かってくることもあるため電話の無視だけはしないでください。

取り立ての規則と自宅訪問について

日本債権回収のような、法務省から許可を得ている債権回収会社が、借金の取り立てをする場合は貸金業法という法律に従う必要があります。

貸金業法に違反すると、日本債権回収は業務停止になってしまったり、刑事罰を受けたりすることもあるので、貸金業法違反の行為をすることは通常ありません。

貸金業法では、取り立て方法について、厳しく規制しています。

その中で、「正当な理由」が無いのに、債務者の自宅や勤務先に訪問したり勤務先に電話をしたりすることはできないと規定されています。

そのため、借金を滞納しても、日本債権回収が自宅や勤務先に訪ねてくることはありません。

ただし、何度連絡しても連絡が取れない場合は例外です。

この状況だと、「正当な理由」に該当し、日本債権回収の担当者が自宅訪問を行ったり、勤務先に電話をかけられたりすることもあります。

以上をまとめると、借金返済を滞納した場合、まずは電話による督促が行われ、ハガキや封書などの郵便による督促状が来て、内容証明郵便による一括請求書が送られるという流れになります。

電話やハガキを無視し続けると、自宅訪問や勤務先に電話が掛かって来ることがあるので、無視しないようにしましょう。

日本債権回収より先に専門家に相談する

日本債権回収は、取り立て能力が高いと評判の会社です。

その回収能力の高さは業界でも信頼されており、銀行や信用金庫などから代理で取り立ての依頼を受けるほどです。

日本債権回収は、借金をしている人たちにどういう連絡を取れば確実に返してくれるかを知っています。

具体的には、裁判所に訴えることで、給料や財産の差し押さえを行い強制的に回収してきます。

この状況になったら、個人の力では対処しきれません。

裁判所を動かせた時点で、法的な強制力をもとに借金を回収できることが決まったようなものなので、個人から返済をもう少し待ってほしいなどといったお願いを聞く必要がないからです。

この時、借金問題の専門家を通して交渉をすると、日本債権回収は専門家に借金についての情報を提供しなければいけません。

専門家は提供された情報を元に不正な請求かどうかを調査するため、この調査期間中は取り立てや差し押さえのための裁判を止めることができます。

また、この調査期間中に専門家と日本債権回収との間で返済に関する示談交渉を行うことが出来るため、結果的に裁判になる前に借金問題を片付けることができ、差し押さえや一括請求を止めることが出来るのです。

長期の滞納は債権回収会社が出てくる

私達一般人は、債権回収会社という名前に関わることはほぼ無いと言っても良いでしょう。

しかし、滞納が慢性的に続くと、債権回収会社と関わる可能性があります。

債権回収会社とは、貸金業を営む企業が回収し切ることができない債権や、定額で支払う光熱費や奨学金返済、住宅ローンや自動車ローンなどで滞納した人から取り立てを行うことを専業にした業者です。

ローンや、定額で支払う料金を長期間滞納した場合、最初はサービスを利用した会社から、契約したときに登録した住所や電話番号に連絡がきます。

しかし、滞納した期間が長期になると、債権回収会社から直接連絡がくるようになります。

これは、借金が取り立て不可とみなされて、取り立ての専門家の債権回収会社に借金が譲渡されたということです。

このとき、連絡がくる会社は国に認められたサービサーと言われる債権回収会社から連絡が来ます。

債権回収会社は、回収した分の借金がそのまま利益になるので、さまざまな手法を駆使して借金の回収を試みます。

もちろん、取り立てを行うときは、自分たちが不利になるような違法な取り立てはしません。

仮に、時効が成立するような長期間借金を放置していた場合、その借金が債権回収会社に譲渡されている可能性があります。

直接借金をした相手ではなくても、借金を時効にする場合は、債権回収会社と関わる可能性があります。

日本債権回収に依頼している業者

日本債権回収は、クレジットカードで有名なオリコ(オリエントコーポレーション)が100%の持ち株を保有する会社です。

つまり、オリコのカードローンやクレジットカードなど、オリコの金融サービスで滞納すると電話や督促ハガキが来るようになります。

  • オリコのオートローン
  • オリコの住宅ローン
  • オリコが保証会社になっている家賃保証サービス
  • オリコの事業融資・ビジネスローン
  • カードローン
  • ショッピングローン

この他にも地方の銀行や信用金庫などと業務提携をしており、下記のようなところからお金を借りていると、日本債権回収から電話やハガキなどで取り立てを受けることになります。

  • 長野県信用組合
  • 三重銀行
  • きのくに信用金庫
  • 大正銀行
  • 富山第一銀行
  • 沼津信用金庫
  • 三条信用金庫
  • 大阪シティ信用金庫
  • きらやか銀行
  • 香川銀行
  • 但馬銀行
  • みずほ銀行
  • 北越銀行
  • 東京都民銀行
  • 筑波銀行
  • 青い森信用金庫
  • 大東銀行
  • 四国銀行
  • 大和ネクスト銀行
  • 徳島銀行
  • 長野銀行
  • 第三銀行
  • 播州信用金庫
  • 福島銀行
  • 仙台銀行
  • 福邦銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • 日本酒造組合中央会

この他にも、様々な企業や金融機関などから取り立てを受けたり、債権を買い取っています。

非正規の債権回収会社からメールなどで取り立てが来たら

インターネット上で日本債権回収について調べていると、詐欺の会社を疑うサイトや、詐欺だと断定しているような口コミも見かけます。

しかし、冒頭でも紹介したように、日本債権回収は正式な債権回収会社で、法務省のページにもしっかり紹介されている会社です。

そのため、悪徳業者だと誤ってしまい無視していると、気がついたら裁判になってしまったということもありえます。

そうなる前に、しっかりと日本債権回収からの取り立てなのかを確認しましょう。

債権回収会社は国から許可を得ないと行えない、非常に厳しい審査を通り抜けないと営業ができない業種です。

そのため、認められている債権回収会社の数は実は少ないため簡単に確認できます。

もし、自分宛てに債権回収会社からの通知がきたら、必ず業者名と住所の詳細が確認してください。

通知の内容から、本当に正式に法務省から許可を得ている債権回収会社かどうかを確認してください。

近年、債権回収会社を名乗った架空請求業者も出てきており、正式な債権回収会社名を名乗る紛らわしい詐欺行為を行う業者もいます。

こういった業者は、メールを使った連絡をすることが多いため注意してください。
日本債権回収が実際に出している架空請求の注意

また、自分で判断できないときは専門家にすぐに相談しましょう。

犯罪行為に巻き込まれてしまう前に、早めに対処しましょう。

本物の日本債権回収からの取り立てだったら

正式に法務省から許可を得ている債権回収会社からの通知なら、真摯に対応してください。

正式な通知の場合は、放置すると後で後悔することになります。

法務省から許可を得た債権回収会社は、貸金業法に乗っ取った対応を厳守しているため、違法な取り立ては行われません。

なんとか返済ができそうなら、支払いのための手立てを提案を自分からしてくれることもあります。

もし、詐欺ではなく実在する債権回収会社だとわかったら、恐れず真摯に対応しましょう。

日本債権回収から督促の電話が来た時の対処法

実際に債権回収会社から適法な範囲内で督促を受けた場合、どのように対応すればいいのかを説明します。

債権回収会社から通知を受ける人は、すでに相当期間、借金を滞納しているはずです。

正式な債権回収会社ならば、真摯に対応してくれますが、借金の滞納状況によっては支払督促や訴訟などの法的手続きをとられてしまう危険があります。

そのため、少しでも早く、専門家に相談をしてください。

借金・債権の問題詳しい弁護士や司法書士に相談すれば、法的手続きを止めることも出来ますし、請求されている金額を減額することが出来る「債務整理」という国が出している借金救済の手続きを行ってくれます。

法律の専門家に債務整理の依頼をしたほうがいい理由

さきほど説明した「債務整理」とは、借金の額や返済を見直して、借金の負担を軽くする手続きのことです。

債務整理には、裁判所を介さずに債権者と個別に交渉する任意整理や、裁判所の手続きである自己破産、個人再生などがあります。

自己破産や個人再生をすれば、滞納分や遅延損害金が免除される、大幅に減額される以外に、任意整理では将来の利息をカットすることができます。

債権回収会社から督促を受けたにもかかわらず、返済も債務整理もしないで放置していると、債権回収会社から、遅延損害金も含めた全額を一括で支払うことを求める裁判を起こされてしまいます。

そうなると、分割での返済には応じてもらえず、自己破産しか選択肢がなくなってしまう可能性が高くなります。そのため、少しでも早く専門家に相談すべきと言えます。

専門家に債務整理を依頼すると、専門家が、債権回収会社に対して依頼を受けたことを通知します。

通常は郵便で送るのですが、すでに厳しい取り立てを受けている場合には、電話やFAXで依頼を受けたことを通知してください。

併せて正式な受任通知を郵送するといった工夫をすれば、即日にでも、債権回収会社からの督促や債権回収会社への返済を止めることができます。

借金問題でおすすめする専門家

借金問題は、簡単に解決できる問題ではありません。

まとまったお金はすぐに用意できるものではないため、何年も返済が続くような根深く深刻な問題です。

そのため、返済が失敗した時は苦しむ期間も長くなる可能性があるため、相談先はしっかりと選ぶ必要があります。

借金問題などのお金の問題の解決に強く、滞納や料金の未払いが原因の突然の請求や取り立てなどの金銭トラブルで多くの相談を受ける相談先です。

こういった人は請求金額(借金)が減る可能性があるので、WEB減額診断を試して下さい。 当サイトがおすすめする専門家は、借金問題などのお金の問題の解決に強い専門家です。 滞納や料金の未払い、突然の請求の減額診断も無料で行っています。

診断では、国の減額制度の仕組みを元に、いくら減らせるのかを調べます。

そのため、いま請求を受けている人は、法的根拠を元に減額出来る可能性があるので、一度確認することをおすすめします。

下記のような人は減額の可能性があります。

  • 滞納して督促状が来ている人
  • カードの支払いで延滞している人
  • 法律事務所や債権回収会社から請求が来ている人
  • 裁判所から通知が来ている人
  • 一括請求の通知が来た人

診断ページでは「借金」と書かれていますが、ローンや未払いの請求も減額可能です。

診断しても手続き開始にはならないのでご安心ください。
※クレジットカードや貸金業者から借金で請求が来ている人は過払い金が発生している可能性があります。

そのため、一度無料で出来る過払い金の診断を受けて確認してみてください。 ※過払い金請求には期限があり、請求権を失う人が増えているので急いで診断してください。