はてな

借金をしっかり返済していくなら計画立てたほうがいいのかな?

借金をしている人は、しっかり返済しているか不安がある人も多く、もう「返済出来ない・・・」と思って苦しんでいる人もいます。

そういった人の多くは、実は借金返済のコツを掴んでいないのではないでしょうか。

賢く借金返済をしているて、完済出来ている人の多くは実はしっかりとした借金返済計画を立てています。

特に、借金の金額が50万円以上あり、返済に半年以上掛かるような借金をしている人ほど借金返済計画は必要です。

というのも、借金完済まではどうしても時間が掛かるので、自己管理を徹底しなければどこか自分の甘えに負けてしまうという人が多いからです。※読んでいる人の中には経験がある方もいるかもしれません。

借金返済計画を立てることで、利息や取り立てに振り回されること無く、かつ周りに借金をしていることがバレないように動けるという面もあります。

借金返済がきつい・苦しいという人の返済のコツ

借金の金額が大きかったり、給料が少なくて借金返済の期間が長くなりそうでキツいという人は、債務整理という借金の減額手続きを利用することで負担を減らせます。

借金返済のコツは、借金返済の方法を3つの手段に分けて考えることです。

  1. 収入を増やす
  2. 支出を減らす
  3. 借金を減額する

他のサイトでも同じようなことは書いてあると思いますが、正直頭でわかってても出来ないこともあります。

例えば
収入を増やす → 時間が掛かる。大して稼げない。副業などをする時間がない。
支出を減らす → すでに減らす部分がない。減らしても大した金額じゃない

といったことにならないでしょうか。

こういった人は、3つ目の手段「借金を減額する」を検討してみてください。

借金を早く返すコツ「債務整理」とは?

借金を早く返すコツとして紹介した3つ目の借金を減額するを実行するには、債務整理という手続きを行う必要があります。

債務整理とは、お金を貸した側(債権者)と交渉をして利息を減らしたり、借金を減額したりという交渉を行うことです。

ただし、この交渉は個人でやっても相手にされないことがほとんどなので、弁護士などの金融の法律の専門家に頼んで行われることが一般的です。

専門家に頼むことで、交渉から減額までの流れを全て任せることができ、かつ実績ある人に頼めば減額率も高くなります。

借金問題などのお金の問題の解決に強く、滞納や料金の未払いが原因の突然の請求や取り立てなどの金銭トラブルで多くの相談を受ける相談先です。

こういった人は請求金額(借金)が減る可能性があるので、WEB減額診断を試して下さい。 当サイトがおすすめする専門家は、借金問題などのお金の問題の解決に強い専門家です。 滞納や料金の未払い、突然の請求の減額診断も無料で行っています。

診断では、国の減額制度の仕組みを元に、いくら減らせるのかを調べます。

そのため、いま請求を受けている人は、法的根拠を元に減額出来る可能性があるので、一度確認することをおすすめします。

下記のような人は減額の可能性があります。

  • 滞納して督促状が来ている人
  • カードの支払いで延滞している人
  • 法律事務所や債権回収会社から請求が来ている人
  • 裁判所から通知が来ている人
  • 一括請求の通知が来た人

診断ページでは「借金」と書かれていますが、ローンや未払いの請求も減額可能です。

診断しても手続き開始にはならないのでご安心ください。
※クレジットカードや貸金業者から借金で請求が来ている人は過払い金が発生している可能性があります。

そのため、一度無料で出来る過払い金の診断を受けて確認してみてください。 ※過払い金請求には期限があり、請求権を失う人が増えているので急いで診断してください。

債務整理のメリット

債務整理をすることで、借金が減額できるだけでなく、下記のようなメリットがあります。

  • 将来分の利息を0%にできる
  • 弁護士が介入することで催促・取り立てがストップできる
  • 過払い金があれば返金してもらえる
  • 家族や会社にバレずに、内緒で借金を完済することができる
  • 借金返済計画を金融問題に強い弁護士が一緒に考えてくれる

このように、借金返済をする中で困ることを一気に解決してくれます。

また、借金問題に強い法専門家ほど、わからないことを質問するだけでも大丈夫な無料相談窓口を設けているので、気軽に利用することができます。

借金返済計画を立てるなら現在の借金を把握すること

当たり前ですが、借金返済計画を立てるなら自分の借金がいくらあるのかを知っていなければ話になりません。

また、意外と多いのは世間一般で借金だと言われているものを、自分は借金だと思っていないという人も多いです。

そのため、何が借金なのか正しい認識を持ちましょう。

借金で苦労する人の多くは複数社からお金を借りている多重債務者という事が多いです。

実はしっかりと借金を認識すると、自分は多重債務者だったということにあとから気づくこともあります。

住宅ローンや自動車ローンなどのローンも借金

「借金」でイメージするのは、恐らく消費者金融などからの借入をイメージする人が多いと思いますが、銀行や信用金庫などの金融業者のローン商品も間違いなく借金に分類されます。

この他教育ローンなども借金に該当します。

住宅ローンや車のローンも借金としてカウントすると、実は多重債務者と言われる人はかなり多くいると認識出来るでしょう。

ショッピングローンやクレジットカードのキャッシングも借金

クレジットカードを利用する人はかなり多くいるかと思います。

実は、クレジットカードで使えるショッピングローンも借金に分類され、キャッシング機能も借金に該当されるのです。

実際に金利を見てみると、多くのクレジットカード会社の金利は下記が多いです。

  • ショッピングローン:14.6%
  • キャッシングローン:18.0%

実は、消費者金融の金利が18.0%で設定されることをご存知でしょうか。

これを見れば分かりますが、ショッピングローンでも差は3.4%しか無く、キャッシングローンに至っては同じ金利で設定されています。

そのため、実はクレジットカードのローン機能は消費者金融からお金を借りるのと変わらず、借りる会社によっては消費者金融よりも高い金利が課せられていることもあります。

そのため、クレジットカードのローンも正しく借金と認識して、しっかりとした返済計画の元で返していかなければいけません。

奨学金も借金

日本学生支援機構からの、奨学金も立派な借金になります。

名前が奨学金とされているため、借金の認識は薄いかもしれませんが、ほかの借金のように奨学金返済が滞納してしまい払えなくなって借金地獄に落ったり、自己破産しなければいけないことになる人が近年増えています。

そのため、借金返済計画を立てるときは、奨学金も借金としてカウントして計画を作らなければいけません。

税金や健康保険料滞納も借金

住民税や所得税などの未納の税金も借金です。

実際に税金や健康保険料を滞納していると、将来的に行政の取り立て担当者が自宅に訪れて取り立てを行ったり、裁判所に訴えられて差し押さえを受けることになります。

また、場合によっては外部の取り立て専門業者に行政が委託することもあるため、そういった取り立て専門の人が来ることになります。

家賃滞納も借金

家賃滞納も借金に該当され、滞納していると家を強制的に追い出されることになります。

退去期間を過ぎても居着いていると、不法侵入として逮捕される恐れもあります。

家賃は消費者金融からのローンじゃないから借金として見ていなかった、という言い訳は通用しないのでこの点は気をつけて下さい。

電気・ガス・水道・通信料金未納も借金

生活に必要なインフラの支払いが未納の状態な人は、これらの数字も借金とみなしましょう。

というのも、これらの会社も料金が未納だと取り立て専門の企業に委託して、回収してくるからです。

そして、放置していると裁判になるので借金と同じく放置すると危険なので、電気・ガス・水道・通信料金の未納分も借金だと思って下さい。

携帯電話・スマートフォンの分割払いも実は借金

携帯電話やスマートフォンを買う時に、一括で買うよりも分割払いで購入した人のほうが多いかと思います。

この分割払いも実はローンと同じ扱いなので借金だと思って下さい。

実際に、借金を滞納してカード会社や信用情報機関の事故情報に記録されて、ブラックリストに載ると購入時の審査に落ちてしまい、分割で購入することはできなくなります。

基本的に、後払いなどのサービスは後から払えるとしても借金だと認識して下さい。

借金返済シミュレーションは利用すべき?

借金がある方が借金返済計画を立てるには、利息などの計算が必要なので、借金返済シミュレーションを利用するのは有効です。

この借金返済シミュレーションは、自分がお金を借りた貸金業者やカード会社のサイトに設置されていることが多いので、利用してみると良いでしょう。

しっかりと計画的に返済するには計算することは重要です。

無計画に借金返済を続ける生活を送っていると、借金をいつまで返していれば良いんだろうと、精神的につらい思いを送ることになります。

しかし、借金返済シミュレーターを使う事で、借金完済までの期間、それまでにかかる利息の金額などが分かるため、モチベーションやいくら節約していけば良いのかなどが見えてきます。

ただし、借金返済シミュレーションは自社のローンにしか対応していないことがほとんどなので、複数社から借金をしている場合は、組み合わせて使うことが出来ないため、少し複雑になるかもしれません。

また、借金返済シミュレーションを見て現実を見てしまい絶望してしまう人もいるかと思います。

nayamu-zyosei

利息だけで10万超えてるんだけど…こんなんじゃ借金返済出来ないよ…

という人は、今度は借金問題の専門家の借金減額シミュレーターを利用することをおすすめします。

借金問題などのお金の問題の解決に強く、滞納や料金の未払いが原因の突然の請求や取り立てなどの金銭トラブルで多くの相談を受ける相談先です。

こういった人は請求金額(借金)が減る可能性があるので、WEB減額診断を試して下さい。 当サイトがおすすめする専門家は、借金問題などのお金の問題の解決に強い専門家です。 滞納や料金の未払い、突然の請求の減額診断も無料で行っています。

診断では、国の減額制度の仕組みを元に、いくら減らせるのかを調べます。

そのため、いま請求を受けている人は、法的根拠を元に減額出来る可能性があるので、一度確認することをおすすめします。

下記のような人は減額の可能性があります。

  • 滞納して督促状が来ている人
  • カードの支払いで延滞している人
  • 法律事務所や債権回収会社から請求が来ている人
  • 裁判所から通知が来ている人
  • 一括請求の通知が来た人

診断ページでは「借金」と書かれていますが、ローンや未払いの請求も減額可能です。

診断しても手続き開始にはならないのでご安心ください。
※クレジットカードや貸金業者から借金で請求が来ている人は過払い金が発生している可能性があります。

そのため、一度無料で出来る過払い金の診断を受けて確認してみてください。 ※過払い金請求には期限があり、請求権を失う人が増えているので急いで診断してください。

借金を完済したい人は収入や支出を考慮する

借金を返済するための手段として、収入を増やすと、支出を減らすという内容を先程記述しました。

ここですぐ出来るだろうことを紹介するので、すぐ実行出来る事があれば早速試してみて下さい。

収入を増やす

本業の仕事を頑張るなどの方法もありますが、日本の企業では昇給に掛かる期間は3ヶ月~1年と長く、すぐに収入を期待することが出来ません。

そのため、副業を始めて見るのも良いかと思います。

仕事が終わったあとや、仕事前の早朝のアルバイトから、ネットを使ったライティングなどすぐに始められる副業は多くあります。

余裕のあるタイミングにやれることをやるだけで、月に2~3万は収入を増やすことが出来ます。

ただし、頑張りすぎると体調を崩す恐れがあるので気をつけて下さい。

体調を崩すと本業に集中できなくなり、安定した本業の収入が減ってしまうことになります。

価値のある持ち物を売る

少しでも返済額を減らして、金利の負担を減らしていくために、もったいないと思うかもしれませんが生活に必要ではない持ち物を売って返済に回しましょう。

ブランド品や宝飾品・貴金属など価値のあるもの、ゲームや家電なども高く買い取ってくれるところはあります。

今では、オークションサイトやフリマアプリなどがあるため、売りやすくなっているためすぐにお金を作ることが出来ます。

とにかく、借金金額がデカければデカイほど金利で利息が高く付くので、残債を減らして負担を軽くしましょう。

支出を減らす

借金の返済に少しでもお金を回すために、普段使っているお金を節約しましょう。

案外、節約によって1~2万円は拠出できる事が多いのですぐにお金を確保することが出来るかと思います。

食費を節約する

外食をしている人は、なるべく自炊するようにしましょう。

1人暮らしをしていると、作りすぎてしまい外食と変わらない金額を使ってしまうという人もいるかと思いますが、そういうときは量を作りすぎてしまうので、しっかり保存して回数を分けて下さい。

そうすることで食費をかなり抑えることが出来るはずです。

携帯電話を格安SIMに変える

携帯電話の料金が毎月1万円近く使っているという人は、格安SIMに変えることをおすすめします。

切り替えることで、通信費を5000円以上抑えることも可能です。

今ではゲームなどをしないようであれば、格安SIMを使った携帯電話でも特に不便無く使うことが出来るので利便性も高いです。

借金の返済期間が3年を超える人へ

借金返済計画を立ててみて、完済までの期間が3年を超えるような人は債務整理を利用すること強くおすすめします。

というのも、債務整理は借金を減らして3~5年以内に完済できるよう負担を減らす手続きだからです。

そのため、普通に借金返済をするよりも債務整理の手続きをして、借金を減らして返していくほうが効率的で賢く返済できます。

さらに利息も0%にすることが出来るため、元本のみや減額後の残額のみ返済することに集中することが出来ます。

債務整理をするときの専門家の選び方

最後に、債務整理の相談をするときの専門家の選び方を紹介します。

後ほど、当サイトでおすすめする専門家も紹介しますが、別の専門家を探しても構いません。

自分で探す時に気をつけなければ行けない点を紹介するので、気をつけるべきことを頭に入れておくことで損しないで選べるはずです。

債務整理の実績を探す

債務整理を行うときの専門家の選び方は、まず借金問題の実績を自分のサイトで紹介しているかが重要です。

債務整理は貸金業者との交渉が一番重要なので、交渉回数が多い専門家ほどスムーズに和解まで持っていける傾向があります。

少なくとも、年間500件はこなしているところ探して下さい。

無料相談を行っているか探す

借金問題の無料相談は、借金問題に強い専門家では当たり前のように無料で行っています。

というのも、相談者がお金がないことを理解しているからです。

このことに理解の無い専門家は、30分の相談で5000円ほど請求することが多く、大体30分では相談が終わらないので損することになります。

そのため、無料相談を行っていたり、無料診断を受付けている専門家を探して下さい。

借金問題などのお金の問題の解決に強く、滞納や料金の未払いが原因の突然の請求や取り立てなどの金銭トラブルで多くの相談を受ける相談先です。

こういった人は請求金額(借金)が減る可能性があるので、WEB減額診断を試して下さい。 当サイトがおすすめする専門家は、借金問題などのお金の問題の解決に強い専門家です。 滞納や料金の未払い、突然の請求の減額診断も無料で行っています。

診断では、国の減額制度の仕組みを元に、いくら減らせるのかを調べます。

そのため、いま請求を受けている人は、法的根拠を元に減額出来る可能性があるので、一度確認することをおすすめします。

下記のような人は減額の可能性があります。

  • 滞納して督促状が来ている人
  • カードの支払いで延滞している人
  • 法律事務所や債権回収会社から請求が来ている人
  • 裁判所から通知が来ている人
  • 一括請求の通知が来た人

診断ページでは「借金」と書かれていますが、ローンや未払いの請求も減額可能です。

診断しても手続き開始にはならないのでご安心ください。
※クレジットカードや貸金業者から借金で請求が来ている人は過払い金が発生している可能性があります。

そのため、一度無料で出来る過払い金の診断を受けて確認してみてください。 ※過払い金請求には期限があり、請求権を失う人が増えているので急いで診断してください。