債権回収会社と名乗る会社から連絡が来たという人は、決して放置せずに正しい対応をしてください。

債権回収会社は借金の時効を防ぐために、法的に自分たちが有利になる方法で連絡をとってきます。

そのため、誤った対応をすると払わなくても良い借金を返すことになったり、最悪の場合は裁判所に訴えられてしまう恐れがあります。

そのため、正しい知識を持って正しい対処をしていきましょう。

債権回収会社が取り立てを行う借金は、主に長期間支払いの滞納が続き、不良債権化したモノが多いです。

そのため、遅延損害金が付いてしまい、本来支払うはずだった2~3倍以上に借金が膨れ上がっている場合もあります。

このとき、借金問題に強い弁護士や司法書士に相談することで、この借金の総額を大幅に減額できる可能性があります。

また、債権回収会社を名乗る架空請求詐欺も存在するため、犯罪行為を区別できなければ法律の専門家を頼ってください。

犯罪から身を守るために、無料相談窓口などで確認してみることをおすすめします。

当サイトでは、お金の問題に強い専門家の減額診断を利用することをおすすめしています。

というのも、専門家にも医者に分野があるように、離婚問題、刑事事件、相続、詐欺、企業法務など得意分野があります。

そのため、お金の問題を得意とする専門家を選ばなければ正確な情報を得ることは出来ません。

お金の問題が得意な専門家は、自分のWEBサイトに相談前にどれだけ減額できるか分かる無料診断ツールを持っています。

このツールでは滞納や料金の未払い、突然の請求の減額診断も無料で行っています。

そのため、いま請求を受けている人は、法的根拠を元に減額出来る可能性があるので、一度どれだけ減額出来るか確認してみましょう。
※診断ページでは「借金」と記載されますが、未払い料金などの請求の減額も診断出来ます。


※クレジットカードや貸金業者から借金で請求が来ている人は過払い金が発生している可能性があります。

そのため、一度無料で出来る過払い金の診断を受けて確認してみてください。 ※過払い金請求には期限があり、請求権を失う人が増えているので急いで診断してください。

債権回収会社とは

恐らく「債権回収会社」という会社名を聞くことは、普通の生活をしている限り聞くことはありません。

債権回収会社とは、銀行や信用金庫、消費者金融など貸金業を行っている企業が、取り立てをあきらめた債権を安く買い取り、自分たちで取り立てを行い、購入時の債権との差額分で利益を上げている会社です。

債権回収会社は、法務大臣から許可を得ないと名乗ることが出来ず、国からの厳しい審査を経て初めて名乗ることができます。

そのため、取り立ての方法もテレビドラマで見るような強引な取り立ては行わず、貸金業法に則った取り立てを行います。

なお、債権がもともと借りていた銀行や消費者金融などから、債権回収会社に移るときは「債権譲渡通知」という書類が送られてきます。

そのため、知らなかったという言い分があっても、送付したことを証明する内容証明郵便という方法を使い、送付した証拠を残しているため言い訳は通じません。

債権回収会社からの連絡の意味

債権回収会社から連絡が来るときは、電話か督促状にて連絡が来ます。
※メールやSMSのようなメッセージ機能を使った請求は、架空請求会社からの取り立てなので、気をつけて下さい。

債権回収会社は、元の債券保有者からあなたの連絡先や住所などを引き継ぎます。

ほとんどの貸金業者はお金を借りるときの契約書に、債権回収に債権を譲渡する場合もあるという記載があります。

そのため、知らない企業から連絡が来ることに問題はありません。

今の状態は、取り立てを専門にした企業から取り立てを受けるようになったことを意味している状態です。

債権回収からの取り立ては、これまでと同じく電話や督促状による取り立てなので、どんなことが起こるのか不安だったとしても拍子抜けするかもしれません。

しかし、安心してはいけません。

債権回収会社は、取り立てを行っても連絡を無視されていると分かれば、法的手続きによって強制的に取り立てを行ってきます。

つまり、裁判所に訴えてあなたの財産や給料を差し押さえてきます。

債権回収会社からの取り立ては時効にできるか

借金にも犯罪と同じく、時効の制度があることはご存知でしょうか。

この借金の時効を適用させるには、下記のような条件があります。

  • 家族や友人などの個人間の借金は時効期間:10年
  • 銀行や消費者金融、カード会社の借金は時効期間:5年

まず、上記のように借りた先によって時効が成立するまでの期間が変わります。

この時効の期間の開始地点は最後に返済した日からのカウントになるため、契約した日や最初の借入日ではないということに注意してください。

なお、信用金庫、奨学金、農協等からの借金の時効は10年とされています。

これだけ見る限りでは、放置していれば時効に出来るのではないかと思うかもしれませんが、それでは貸した側が泣き寝入りするしかなくなり不利になるため、法的に守られる仕組みがあります。

それが、時効の中断という時効期間をリセットする仕組みです。

時効の中断で期間がリセットされる

貸金業者は、時効の完了期間が近づくと時効阻止するための対処を行います。

具体的には、取り立て行為が行われることで時効が中断されます。

例えば、内容証明郵便という方法で督促状が送られてきたり、電話などの連絡で借金の存在を認めてしまうと、債権の承認したとされて時効が中断されます。

貸金業者からすると、時効をリセットするのは難しくないため、踏み倒そうと思っても踏み倒すことは出来ません。

時効の援用をしないと時効にならない

万が一、時効の期間を満たしており、かつ取り立てが行われていなかったとしても時間が経てば勝手に時効になるということはありません。

時効は、時効の援用という手続きを行わなければいつまでも債権が生き続けます。

そのため、時効の援用をしない限り借金の取り立てを行うことは合法となり、債権回収会社が10年以上前の借金を取り立てて来る場合は、時効の援用がされていないことが原因です。

こういった場合は、素人が雑に対応してしまうと時効ができなくなってしまうこともあるため、すぐに専門家に相談してください。

当サイトでは、お金の問題に強い専門家の減額診断を利用することをおすすめしています。

というのも、専門家にも医者に分野があるように、離婚問題、刑事事件、相続、詐欺、企業法務など得意分野があります。

そのため、お金の問題を得意とする専門家を選ばなければ正確な情報を得ることは出来ません。

お金の問題が得意な専門家は、自分のWEBサイトに相談前にどれだけ減額できるか分かる無料診断ツールを持っています。

このツールでは滞納や料金の未払い、突然の請求の減額診断も無料で行っています。

そのため、いま請求を受けている人は、法的根拠を元に減額出来る可能性があるので、一度どれだけ減額出来るか確認してみましょう。
※診断ページでは「借金」と記載されますが、未払い料金などの請求の減額も診断出来ます。


※クレジットカードや貸金業者から借金で請求が来ている人は過払い金が発生している可能性があります。

そのため、一度無料で出来る過払い金の診断を受けて確認してみてください。 ※過払い金請求には期限があり、請求権を失う人が増えているので急いで診断してください。

債権回収会社を名乗る詐欺に注意

紛らわしいことに、実在する債権会社の名前を語った詐欺業者が「法務大臣の許可した債権回収会社」の名前又は似たような債権回収会社の名前を名乗り、架空請求を行うケースが増えています。

具体的には

  • 債権譲渡を受けた
  • 支払わない場合は裁判になる
  • 給料や不動産の差し押えを強制執行する
  • 勤務先に集金に行く。出張旅費も併せて請求する
  • 信用情報機関のブラックリストに登録する

などといった脅し文句をつけて通知を送ってくることもあります。

また、最近ではメールやショートメール(SMS)を使って連絡してくる業者も増えています。

もし、脅しのような連絡が来ても支払いはしないでください。

支払いが済んでしまうと取り戻すことは困難になるため、早い段階で専門家に相談しましょう。

また、下記に記載が無い会社の場合は正式な債権回収会社では無いため、確認してみてください。

  • 日本債権回収株式会社
  • アビリオ債権回収株式会社
  • TSB債権管理回収株式会社
  • ニッテレ債権回収株式会社
  • 株式会社整理回収機構
  • SMBC債権回収株式会社
  • オリックス債権回収株式会社
  • 株式会社港債権回収
  • 株式会社アトリウム債権回収サービス
  • グローバル債権回収株式会社
  • シー・シー・シー債権回収株式会社
  • のぞみ債権回収株式会社
  • 株式会社山田債権回収管理総合事務所
  • ジャックス債権回収サービス株式会社
  • あおぞら債権回収株式会社
  • キャピタル・サーヴィシング債権回収株式会社
  • 株式会社沖縄債権回収サービス
  • エー・シー・エス債権管理回収株式会社
  • エム・ユー・フロンティア債権回収株式会社
  • パシフィック債権回収株式会社
  • 栄光債権回収株式会社
  • ミレニアム債権回収株式会社
  • Beacon債権回収株式会社
  • ジェーピーエヌ債権回収株式会社
  • 株式会社日貿信債権回収サービス
  • PAG債権回収株式会社
  • 中央債権回収株式会社
  • やまびこ債権回収株式会社
  • みずほ債権回収株式会社
  • オリンポス債権回収株式会社
  • テアトル債権回収株式会社
  • 保証協会債権回収株式会社
  • 日立キャピタル債権回収株式会社
  • 九州債権回収株式会社
  • アイ・アール債権回収株式会社
  • 系統債権管理回収機構株式会社
  • しまなみ債権回収株式会社
  • ブルーホライゾン債権回収株式会社
  • エム・テー・ケー債権管理回収株式会社
  • ちば債権回収株式会社
  • アストライ債権回収株式会社
  • リサ企業再生債権回収株式会社
  • 山陰債権回収株式会社
  • 株式会社セディナ債権回収
  • アイ・エス・オー債権回収株式会社
  • ミネルヴァ債権回収株式会社
  • 岡山債権回収株式会社
  • エーアールエー債権回収株式会社
  • 株式会社ジャスティス債権回収
  • アウロラ債権回収株式会社
  • みやこ債権回収株式会社
  • ふくおか債権回収株式会社
  • 茨友債権回収株式会社
  • 株式会社一富士債権回収
  • 中総信債権回収株式会社
  • ほくほく債権回収株式会社
  • きらら債権回収株式会社
  • 株式会社住宅債権管理回収機構
  • 株式会社YUTORI債権回収
  • 株式会社エムアールアイ債権回収
  • オリファサービス債権回収株式会社
  • 平成債権回収株式会社
  • SH債権回収株式会社
  • ロンツ債権回収株式会社
  • ジャパントラスト債権回収株式会社
  • アルファ債権回収株式会社
  • アップル債権回収株式会社
  • リンク債権回収株式会社
  • エイチ・エス債権回収株式会社
  • サン債権回収株式会社
  • 中部債権回収株式会社
  • パルティール債権回収株式会社
  • AET債権回収株式会社
  • リボーン債権回収株式会社
  • トービル債権回収株式会社
  • 札幌債権回収株式会社
  • ベル債権回収株式会社
  • 北國債権回収株式会社
  • アペックス債権回収株式会社
  • 美ら島債権回収株式会社

法務省が営業を許可した債権回収会社一覧