ニッテレ債権回収という企業から、身に覚えのないハガキや電話による請求を受けているという人は、正しい対処法を紹介します。

はてな

ニッテレ債権回収っていう会社から請求のハガキが来たけど、無視していいのかな?

突然、見に覚えの無い会社からの連絡ということで、詐欺だと思って誤った対処をすると危険です。

なぜなら、ニッテレ債権回収からの電話やハガキを無視し続けると、最終的に裁判になり、あなたの財産や給料が差し押さえられる可能性があるからです。

差し押さえを受けると、家族や会社に借金問題を起こしていることがバレたり、今後クレジットカードを5年以上使うことができなくなるというデメリットが発生します。

この記事では、裁判や差し押さえを起こさないための対処法や、そもそもなぜニッテレ債権回収という企業から身に覚えのない請求が来るようになったのかを解説していきます。

また、ニッテレ債権回収の名を語った詐欺も横行しているため、その対処法も記載します。

ニッテレ債権回収の取り立ての正しい対処法

ニッテレ債権回収は、国から認められて借金の回収を許可された正式な企業です。

主に、銀行や消費者金融、税金や光熱費、定額で支払うサービスなどで支払いが滞ってしまった人に対して、取り立てを専門的に行うことを生業としています。

いわば取り立てのプロ集団です。

滞納が続く不良債権の回収を行っているため、何年も放置しており、本人も忘れていた借金の請求が来ることもよくあり、戸惑う人も多いですがそれは正しい請求です。

間違っても放置したり、借金の踏み倒しや時効を狙うことはおすすめしません。

問題を先延ばしにしたり逃げようとすると、最悪の場合、法的な強制力を持つ差し押さえが行われてしまう恐れもあります。

まずは、借金問題に詳しい専門家に相談してください。

例えば、時効によって借金を無効にしようとしても、民法では時効の中断といってお金を貸した側が通知を送ることによって、時効のための期間が最長で10年延長される仕組みがあるため、現実的に時効を成立させることは難しくなっています。

しかし、専門家に相談することで請求されている金額を減額したり、請求金額よりも少ない金額で分割払いにすることが出来ます。

また、支払っている最中の利息や遅延損害金なども無効にすることができ、周りに知られること無く返済していくことも出来ます。

お金の問題は複雑で、滞納している側が弱い立場のことが多いです。

しかし、専門家が間に入ることで対等な立場で交渉することができます。

借金問題の相談は無料で出来るため、早い段階で相談してください。

当サイトで紹介する相談先は、5000件以上の相談実績を持つ経験豊富な相談先です。あなたと似たような相談も多く受けてきているためきっと解決できるでしょう。

また、非常に珍しく匿名相談を無料で受け付けているため、誰にも知られずに相談することが可能です。

※相談 = 契約にはならないため、気軽に話を聞くことが出来る優良な相談先です。

現在請求されているお金は債権(借金)として扱われています。そのため相談先では借金問題と同じく慎重に扱われます。

※相談をしにくい女性の方へ

女性の方は様々な理由から、男性よりもお金の問題の相談に抵抗があるかと思います。

当サイトを訪れる人の男女比はちょうど1:1の割合です。おすすめする相談先は女性からの相談も多く、話しにくい内容でも寄り添って相談にのってくれます。

ニッテレ債権回収からのハガキを無視するリスク

ニッテレ債権回収からのハガキを受けて、身に覚えがない企業だから詐欺や架空請求だと思って無視しようと思う人も多いです。

実はこの対応は非常に危険です。

なぜなら、ニッテレ債権回収は実在する企業で、ハガキや電話を無視するとあなたが返済の意志が無く、踏み倒しを行おうとしている債務者と見なします。

そして、裁判所にあなたを訴えて法的な強制力を持って一括請求を行ってきたり、差し押さえを行ってきます。

この段階になると、分割でなら支払いが出いたかもしれない状況でも分割払いも許されなくなってしまいます。

さらに、債務者として信用情報機関にあなたが金融事故を起こした人物という記録も残ってしまい、今所有しているクレジットカードが使えなくなります。

さらに、完済するまでは新しいクレジットカードも作れなくなり、車のローンや住宅ローン、携帯電話の分割払いも利用できなくなってしまいます。

ニッテレ債権回収からのハガキには段階がある

ニッテレ債権回収からの督促状のハガキには、裁判までに段階があります。

まず、最初は債権譲渡通知という、ニッテレ債権回収からの取り立ての始まりを意味するハガキが届きます。

その後、下記のようなタイトルで送られてくるようです。

  1. お客様からのご連絡をお待ちしています
  2. お客様の未払い内容をご確認下さい
  3. お支払方法のご相談を承っております
  4. お客様のお考えについてご連絡ください
  5. 居住地の確認の訪問調査を実施させていただく予定です
  6. 法的手続きの準備に入らざるを得ません
  7. 法的手続きに入ります

下に行くほど、危険度が高くなっていき、この通知の後は今度は裁判所からハガキが送られてきます。

裁判所からのハガキは、最初の段階ではまだ裁判には至っていませんが、すぐに裁判になる段階です。

そもそも、もともとの債権者からニッテレ債権回収に取り立てが委託されている状況なので、ニッテレ債権回収からハガキが送られてきている時点で非常に危険な状態だという自覚をもつ必要があります。

そのため、ニッテレ債権回収からのハガキや電話による取り立てを受けていれば、無視してはいけないのです。

分割払いができなくなる期限の利益の損失とは?

基本的に、サービスへの支払いや借金の返済は一括で支払うことを基本としています。

しかし、金額が大きすぎると一括で支払うことが難しくなるため「分割払い」という支払い方法が利用されます。

この分割払いが成り立つ理由は、借金や支払いなどを分割で返済できる権利、つまり分割払いの特約の契約を結んでいるからです。

この権利のことを「期限の利益」と言います。

そのため、もし自宅に送られてきたハガキに「期限の利益喪失日」の記載があれば、分割払いが認められるのはあと○○日ということになります。

この期限を過ぎてしまうと、一括で返済しなければいけ無くなります。

このとき、一括で返済出来なければ、自己破産か差し押さえを受けて財産を返済に当てていくしかありません。

ネット上の偏った情報を書いているサイトに注意

ネット上にはニッテレ債権回収から取り立ては時効だと書かれてあったり、掲示板やQ&Aサイトなどに詐欺だと断定する書き込みが多くあります。

しかし、しっかりと調べてみると質問者からの情報が足りずに、書き込まれた内容だけでは判断出来ないはずなのに、適当な理由で詐欺だと言い切ったり、そもそも間違えた知識で回答していたりすることが多いです。

その結果、時効だと思って時効の援用の知識がなく放置してしまったり、詐欺だと思って放置した結果、裁判所から通知がきてしまい最終的に訴えられてしまったという人が出てきます。

この記事を見ている人は、絶対にそんな苦労はして欲しくありません。

債権の問題は、滞納することで信用情報が傷ついたり、裁判になって差し押さえを受けて会社に借金がバレたりなど、後からつらい思いをしなければいけなくなることもあります。

もっと前に知っておけば防げたと、後悔だけはしてほしくありません。

そうなる前に、なるべく早く借金問題の専門家に相談してください。

ニッテレ債権回収とは

ここで、ニッテレ債権回収について解説します。

ニッテレ債権回収とは、債権回収会社という不良債権の取り立て業務を専門とする企業です。

この債権回収会社(サービサーとも呼ばれる)は、法務大臣からの許可がなければ正式に営業活動が出来ないため、違法な取り立てや法外な金利によって借金を背負っている人を苦しめるようなことしない、クリーンな企業です。

そのため、いきなりの聞いたこともないニッテレ債権回収からハガキや電話が来ても、詐欺だと思って無視してはいけません。

ニッテレ債権回収は、基本的に貸金業者や定額で支払うサービスを提供している企業が抱える不良債権の回収を行っています。

会社名 ニッテレ債権回収株式会社
設立 昭和61年8月1日
営業許可 平成11年6月1日(許可番号 法務大臣第7号)
資本金 5億2500万円
事業内容 ・特定金銭債権の受託とその管理・回収及び買取業務
・上記以外の正常債権の受託(集金代行)業務
・事務代行業務
・法務手続きの代行その他債権の管理・回収全般にかかわる業務
株主 NTSホールディングス株式会社

ニッテレ債権回収から見に覚えのない連絡は元の債権者が委託しているから

ニッテレ債権回収は、国内の債権回収業者の中でも大手といっても良い規模の会社で、多くの業者や業態からの債権回収を受付ています。

また、本来なら各企業が持つ債権管理回収業務の代行も受けているため、市町村や県などや電力会社やガス会社などの公共料金が未払いの場合の回収も委託されています。

このほかにも、クレジットカード会社や消費者金融、保証会社やリース会社、病院などの医療機関で、支払い遅れが発生している費用の回収も行っています。

なお、具体的に委託が確認されている企業は以下の企業です。

  • シティックス
  • ゴールドポイントマーケティング
  • 広島総合銀行
  • 全日信販
  • 大阪ガスファイナンス
  • 東日本旅客鉄道
  • かんそうしん
  • しんわDC
  • ビューカード
  • ローソンCSカード
  • 山陰合同銀行
  • 三井住友ファイナンス&リース
  • ソフトバンク
  • 九州日本信販
  • 名古屋カード
  • ヤマトクレジットファイナンス
  • 北陸カード
  • おきぎん保証
  • ファインクレジット
  • 池田泉州JCB
  • とみんカード
  • もみじ銀行
  • クレディセゾン
  • オリックス銀行
  • ドコモDCMX
  • 七十七カード
  • SMMオートファイナンス
  • NTTデータシステム
  • 横浜信用保証
  • SMBC債権回収

このほかにも、奨学金の回収業務も受けています。

そのため、名前が出ていたところで支払い遅れを起こしていて、放置しがちだった場合はニッテレ債権回収からハガキや電話が来ることになります。

これらの企業は、サービス利用時の契約書や利用規約などに、債権譲渡に関する記述が記載されているため、請求元がニッテレ債権回収となっていても違法ではありません。

そのため、後から知らなかったと主張することはできません。

債権譲渡通知が事前に来る

突然ニッテレ債権回収から通知がきて焦っているかもしれませんが、実はニッテレ債権回収会社から取り立てを受けることになるという警告は事前に受けているはずです。

一般的な企業は、債権回収会社に債権を以上するときは、債務者(借金を負った人)に対して「債権譲渡通知」という書類を送付します。

この書類は自宅あてに必ず送られるものです。

債権譲渡通知は、債権の所有者が変わったことを知らせる通知なので、

借金や支払い遅れのある未払い料金の債権譲渡の場合、譲り受けた債権回収会社のものとなります。

そのため、請求はそれまでの債権者だった貸し手ではなく、債権回収会社から来ることになります。

このような債権の譲渡、延滞を起こしてから少なくとも3ヶ月以上の期間が経過した時に起こります。

基本的に、原債権者は自身で借金を回収しようとしますが、債務者がいつまでたっても返済しない場合や返済能力が低く、長期にわたって回収困難な状態が続くと、取り立てに使うコストの削減のために、ニッテレ債権回収のような取り立ての専門家に債権を譲渡します。

ニッテレ債権回収の電話やハガキの無視が危険な理由

未払いの費用などは元々の債権者から見た場合、それは不良債権となります。

そのため催促のための督促状や電話などが来ても無視をしていると、回収できない状態になります。

その状態が続くと、債権回収会社から取り立てを受けることになります。

債権回収会社の取り立て業務は法律で決められているので、ニッテレ債権回収のようなきちんとした業者なら違法な取り立てをすることはありません。

ただし、取り立てを受けた場合、この2つには注意しなければ行けません

  • 時効の中断
  • 裁判所からの督促

基本的に、取り立て行為は督促状のハガキや電話によって行われます。

取り立ての専門業者と聞いて、闇金まがいの恐喝のような取り立てを想像するかもしれませんが、基本的には原債権者と変わらない、ハガキや電話による取り立てが行われます。

ただし、消費者金融やクレジットカード会社などと比べて貸金業務がない分、取り立て業務に集中できるため頻繁に連絡が来ます。

そのため、しつこいとりたてをうけることになります。

何度も連絡が来てしまうと、うんざりしてしまうと思いますが決して無視してはいけません。

無視していると、いつのまにかニッテレ債権回収から「法的手続きの準備に入らざるを得ません」という内容の通知がきてしまうのですが、この通知に気づくことが出来ないからです。

この通知が来たら、本当に裁判になってしまうのですぐに対処しなければいけません。

ニッテレ債権回収の電話番号

実際に使われているニッテレ債権回収の電話番号をいくつか紹介します。

取り立ての電話に注意と言っても、どの電話番号がニッテレ債権回収からの電話なのかわからなければ対策出来ません。

また、もし無視し続けている番号があるけれど、その番号がニッテレ債権回収かわからないという人もいるかと思います。

そこで、現在わかっている範囲でニッテレ債権回収の督促に使われている電話番号を紹介します。

  • 011-281-7200
  • 022-216-9539
  • 03-3769-4601
  • 03-3769-4611
  • 052-203-5057
  • 06-6271-9900
  • 06-6271-9909
  • 082-511-8541
  • 092-263-0573
  • 092-263-0551
  • 092-263-0560
  • 087-823-4722

上記の電話番号から電話が来ていれば、ニッテレ債権回収の電話番号なので現在請求を受けているという状態だと思ってください。

どう対処したらよいかわからないという理由で何も行動を起こさないと、裁判所に訴えられてしまうので、早めに専門家に対処してもらいましょう。

ニッテレ債権回収からSMS(ショートメッセージ)が来たら

ニッテレ債権回収では、2017年度からロボットコールを利用した案内や、SMS(ショートメッセージサービス)を利用した請求を開始しました。

※ロボットコール:機械音声による請求。
※SMS(ショートメッセージサービス):携帯電話番号を宛先として、短いメッセージを送受信できるサービス。

この案内の厄介なところが、架空請求業者SMSを利用した架空請求を行っているため、判別が非常に難しいです。

他のウェブサイトでは、SMSによる連絡は詐欺だという警告を出しているところもありますが、ニッテレ債権回収の公式HPでもSMSの利用を告知しています。

そのため、ニッテレ債権回収がSMSの連絡を行うときに公表している電話番号からの連絡かどうかを確認する必要があります。

ニッテレ債権回収の配信元の番号は以下の番号が使われています。

docomoまたはauの場合

  • 0120-481-215
  • 0120-206-006
  • 0120-374-888
  • 0120-760-874
  • 0120-821-451
  • 0120-680-575
  • 0120-545-808
  • 0120-152-105

SoftBankの場合

  • 0032069000 または +32(0)69000

もし、上記の電話番号以外からの連絡の場合は架空請求だと思ってください。

借金の時効と時効の中断について

借金問題にも、犯罪と同じように時効という概念が有り、今回のニッテレ債権回収からの請求にも適用されます。

しかし、時効には「時効の中断」という時効が成立するまでの期間を止める方法があります。

時効の中断とは、時効期間満了による借金の時効を防ぐことを意味します。

消費者金融やクレジットカード会社などの借金は、最後に返済した日から5年で時効になると定められています。

そのため、5年以上経過している借金なら時効になると思うかもしれませんが、借金は自動的に時効を迎えることはありません。

あまり知られていませんが、借金の時効は自分で時効の手続きをしなければ成立しません。

また、債権回収会社から取り立てを受けるような借金の場合、長期間放置されており、残り数年や数ヶ月で時効になるものが多いです。

そうなると、お金を貸した側や債権回収会社が損してしまう可能性が高いため、時効による踏み倒しを防ぐ制度があります。

それが、時効の中断です。

時効の中断とは、債務者から債権の存在の承認を受けることによって、途中で時効の期間を最長で10年延長することができます。

これは、この期間中に1度でも返済したり、電話口などで借金の存在を認めてしまうと債権の承認となってしまいます。

また、内容証明郵便という通知を送付したこと郵便局側が証拠として持つことができる方法で送られた督促状も認められることになります。

取り立てる側としては、借金が踏み倒されることが一番避けるべきことです。

貸金業法も、貸した側が損しないように踏み倒しを防げるように、債権の承認は簡単に行えるようになっているため、踏み倒しを狙うようなことはしないで下さい。

万が一、踏み倒しを狙っていることが債権回収会社側に知られた場合、自宅訪問による取り立てを受ける可能性があります。

時効を狙っても信用情報機関のブラックリストに載る

仮に時効が成立しても、時効による借金の踏み倒しが成立したということの記録が残ります。

その結果、個人信用情報機関に事故登録(ブラックリスト)として載ってしまい、クレジットカードの発行や住宅ローンや自動車ローンなどの利用もできなくなります。

また、すでに利用しているクレジットカードも3ヶ月以内に利用することができなくなるため、時効を狙うのはおすすめしません。

そもそも、時効が成立するという状態は、何年も滞納している状態なので信用情報機関では延滞者という状態で記録されています。

しかし、時効が成立すると借金の返済義務がなくなるため、延滞者として扱われなくなります。

信用情報機関であるJICC(日本信用情報機構)やKSC(全国銀行個人信用情報センター)では、消滅時効が成立すると事故登録が白紙になります。

そのため、JICCやKSCに加盟している金融機関、クレジットカード会社からの借入、カードの新規発行は可能なります。

しかし、CIC(株式会社シー・アイ・シー)に関しては「貸し倒れ」もしくは「契約終了」として新たに事故登録へ5年間、掲載されます。

多くの銀行系のカード会社、クレジットカード会社、大手消費者金融はCICに加盟しています。

そのため、今後の返済完了してからさらに5年間はクレジットカードの新規発行や、ローンを組むことは出来なくなるので生活に不便が生じるかと思います。

裁判所からの訴状の放置は危険

債権回収業者からの支払い督促が裁判所を通して来ている場合は、より慎重な対応が必要になります。

なぜなら、裁判所から督促がきているということは、近いうちに差し押さえを受けるという意味だからです。

裁判所からの訴状

ニッテレ債権回収は、何度取り立てを行っても反応がない場合、裁判所に訴訟を起こします。

この訴訟を起こすことによって、近い将来差し押さえによる強制的な借金の回収が行えるようになるからです。

訴えられた場合、答弁書で反論をしないと相手の主張が認められてしまいます。

裁判所からの支払督促

訴訟を起こされると、裁判所から支払督促という書類が届きます。

この書類には給料の差し押さえなどが行われる旨が記載されています。

防ぐためには異議申し立てを行い、通常訴訟へを起こす必要があります。

ただし、裁判所から通知が来た場合の対処には専門的な知識が必要です。

そのため法律の専門家でないと正しい対処をするのは難しいでしょう。

加えて、債権回収会社も日ごろから裁判所を通した取り立てを行っているため慣れています。

そのため、素人が対処しようと頑張るよりも、弁護士などの法律の専門家の無料相談を利用して、どうしたら良いか聞いてみることをお勧めします。

取り立てを止めるなら債務整理

債務整理とは、借金の額や返済方法を見直し、借金の負担を軽くする手続きのことで、国が定めた借金の救済手段です。

債務整理の手続きにはいくつか手段があり、もっとも有名なのは自己破産です。

自己破産と聞くと、人生の終わりのような、今後生きていくうえで大きなデメリットがあると思うかもしれませんが、債務整理にはデメリットの少ない別の手続きがあります。

例えば裁判所を介さずに債権者と個別に交渉する任意整理や、裁判所を通して借金を減額する個人再生(民事再生)などもあります。

自己破産や個人再生をすれば、滞納した借金や遅延した分の違約金として請求されている遅延損害金が免除されます。

また、大幅に減額される以外に、今後も請求されるはずの利息もカットすることができます。

債権回収会社から督促を受けたにもかかわらず、返済も債務整理もしないで放置していると債権回収会社から、遅延損害金も含めた全額を一括で支払うことを求める裁判を起こされてしまいます。

そうなると、分割での返済には応じてもらえず、自己破産しか選択肢がなくなってしまう可能性が高くなります。

そのため、少しでも早く専門家に相談すべきと言えます。

専門家に債務整理を依頼すると、専門家が、債権回収会社に対して依頼を受けたことを通知します。

通常は郵便で送るのですが、すでに厳しい取り立てを受けている場合には、電話やFAXで依頼を受けたことを通知します。

併せて正式な受任通知を郵送するといった工夫をすれば、最短なら即日にでも、債権回収会社からの督促や債権回収会社への返済を止めることができます。

当サイトで紹介する相談先は、5000件以上の相談実績を持つ経験豊富な相談先です。あなたと似たような相談も多く受けてきているためきっと解決できるでしょう。

また、非常に珍しく匿名相談を無料で受け付けているため、誰にも知られずに相談することが可能です。

※相談 = 契約にはならないため、気軽に話を聞くことが出来る優良な相談先です。

現在請求されているお金は債権(借金)として扱われています。そのため相談先では借金問題と同じく慎重に扱われます。

※相談をしにくい女性の方へ

女性の方は様々な理由から、男性よりもお金の問題の相談に抵抗があるかと思います。

当サイトを訪れる人の男女比はちょうど1:1の割合です。おすすめする相談先は女性からの相談も多く、話しにくい内容でも寄り添って相談にのってくれます。