はてな

モビットのローンで、支払いが遅れてしまって取り立てがきたんだけどこのまま放置するとどうなるの?

モビットのカードローンで支払い遅れを起こしてしまい、そのまま放置して滞納状態になると取り立てが来るようになります。

この取り立てが来たら注意してください。

モビットの取り立てを放置すると、あなたの携帯電話や自宅だけでは無く、勤務先にも電話が掛かってきます。

モビットからの取り立ての電話を無視し続けると、モビット側も踏み倒しされないようにあなたの身の回りを介して接触を取ろうとしてきます。

しかも、このようには返済できない状態が長続きすると、信用情報に傷がついてしまいます。

さらに、モビットがあなたを訴えて裁判になり、最終的に差し押さえを受けて給料や財産を取られてしまう恐れもあります。

もし、まともに借金が支払えない状態だったり、3ヶ月以上自転車操業のような状態や、すでに3ヶ月以上滞納しているような状況なら普通の返済の仕方ではなく、債務整理という借金を減額出来る手続きをすることをおすすめします。

借金の減額手続きは、弁護士や司法書士を通して行うことが出来ます。

借金問題などのお金の問題の解決に強く、滞納や料金の未払いが原因の突然の請求や取り立てなどの金銭トラブルで多くの相談を受ける相談先です。

こういった人は請求金額(借金)が減る可能性があるので、WEB減額診断を試して下さい。 当サイトがおすすめする専門家は、借金問題などのお金の問題の解決に強い専門家です。 滞納や料金の未払い、突然の請求の減額診断も無料で行っています。

診断では、国の減額制度の仕組みを元に、いくら減らせるのかを調べます。

そのため、いま請求を受けている人は、法的根拠を元に減額出来る可能性があるので、一度確認することをおすすめします。

下記のような人は減額の可能性があります。

  • 滞納して督促状が来ている人
  • カードの支払いで延滞している人
  • 法律事務所や債権回収会社から請求が来ている人
  • 裁判所から通知が来ている人
  • 一括請求の通知が来た人

診断ページでは「借金」と書かれていますが、ローンや未払いの請求も減額可能です。

診断しても手続き開始にはならないのでご安心ください。
※クレジットカードや貸金業者から借金で請求が来ている人は過払い金が発生している可能性があります。

そのため、一度無料で出来る過払い金の診断を受けて確認してみてください。 ※過払い金請求には期限があり、請求権を失う人が増えているので急いで診断してください。

モビットで滞納すると怖い取り立てが来るのか?

消費者金融からの取り立てと聞くと、怖いイメージを持っている人が多いと思います。

なぜなら、借金の取り立てと聞くとテレビや映画などで見るヤクザのような、暴力団が自宅に取り立てにきたり、金を返せという張り紙を貼っていったり、というイメージがあるからです。

しかし、こういった取り立て行為は闇金以外ではありえません。

モビットでは、そのようなことは一切行われることはありませんので、恐い思いをする強引な取り立ては無いので安心してください。

モビットは、三井住友銀行グループの企業なので、ブランドイメージを損なうようなことは行いませんし、何より強引な取り立てや脅迫まがいの取り立ては法律違反です。

例外として、モビット側が手を尽くして何度連絡しても、反応がない場合は自宅訪問による居住確認と返済の意志確認が行われますが、基本的に必ず行われることではありません。

要するに、モビットの取り立ては督促状や電話を通して連絡を取ってくるだけなので、身の危険はありません。

ただし、法に則った方法で順次取り立てを行ってくるため、徐々に危険謎湯鏡になっているのにも気づけずに、最終的に裁判になって差し押さえを受けることになったり、支払うことが出来ずに自己破産せざる得なくなるような状況も起こりえます。

電話で取り立ての連絡が来た

モビットから取り立ての電話がきたという場合、今後どうなるかを説明していきます。

特に、モビットから電話がきているけど支払えないから無視していると言う人はよく見てください。

まず、お察しの通りモビットからの電話の内容は返済日に支払いができていないという催促の内容です。

この時電話に出ていれば、いつなら払えるか、いくらなら都合がつけられるかということを聞かれます。

電話口でこれらの質問に答えることができれば、約束した日にちまで電話の取り立てが行われることはありません。

しかし、約束した返済日に支払いが出来ないで滞納していくと、徐々に危険度が増していきます。

モビットは、返済が出来ないで3ヶ月以上滞納しているような人は法的手続きを持って裁判所に訴えて借金を返済させようとしてくるからです。

そのため、電話が来た段階で全く音沙汰なく、1円も返済しない状態は危険なので少しでも返済できるようなら返済しましょう。

なお、モビットからの取り立て電話は、まずは契約した段階で記載した自分の携帯電話→自宅の電話番号→勤務先の電話番号という順で取り立て電話が掛かってきます。

自宅に督促状が送られてきた

モビットから督促状による取り立てが行われているということは、1週間以上の滞納をしている人ということです。

モビットからの取り立ては電話と督促状などの通知による方法で行われます。

督促状には、引き落としや返済の確認が取れないため、督促状に記載されている期限までに返済をお願いしますという内容が書かれているはずです。

なお、この時すでに一定の日数の滞納が行われているため、遅延損害金という違約金の支払いが発生します。

遅延損害金は、20%の利息を365で割った数字で計算されます。

数日や数週間程度なら大した金額にはなりませんが、もし年単位で滞納をしている人は通常の年利とは別に20%の金利が上乗せされてしまうことになります。

督促状に今回滞納した分の遅延損害金が記載されていて、大した額じゃないから大丈夫だと油断してはいけません。

利息で借金の返済ができずに借金地獄に陥る人の多くはこの遅延損害金にも苦しめられているので、督促状の遅延損害金には危機感を持たなければいけません。

モビットから勤務先に取り立ての電話が来た

モビットから勤務先に電話が来たという人は、恐らくこれまでモビットからの電話連絡や督促状による返済の催促を長い間無視していたのではないでしょうか。

モビットは、法によって定められた範囲での取り立てしか行いません。

この法律には、特別な理由がない限り勤務先に連絡してはいけないとされています。

特別な理由とは、主に生存確認の意味も含まれているため連絡が取れないと死んでいるかもしれないと疑われてしまいます。

そのため、電話を無視すると死亡などの疑惑が出てくるため、勤務先に連絡しても良い特別な理由に該当してしまうのです。

恐らく、借入時の在籍確認の詐称の確認の意味もあるかもしれません。

モビットが勤務先に電話をするときは、「モビット」と名乗らないでオペレーターの個人名で連絡してきます。

この個人名で連絡がくると会社や同僚に借金をしているということはバレにくいですが、今の時代に個人名で会社に電話が来るというのは普通は有りえません。

また、経理など事務方の人は個人名で連絡が来るのは滞納した人だと分かっている人も少なからずいます。

そのため、会社に連絡が来る事態になったら少しでも返済するか、本当に払えない場合は借金の減額手続きなどをして返済の目処を立てることをおすすめします。

このままの状態でいると、同じように勤務先に連絡が繰り返されてしまう恐れがあるからです。

モビットから取り立てで自宅訪問は行われるのか

通常は自宅訪問による取り立て行為は行われなません。

しかし、例外がありモビット側が何度連絡しても連絡が取れないという状況の時は行われる可能性があります。

恐らく、踏み倒しも考えていたかと思いますが、モビットから自宅訪問が来たということはモビット側が諦める気はないというサインです。

よほどの金額の借金か、返済する気がないことをモビットに言うような悪質な債務者でない限り行われません。

もちろん、モビットはブランドイメージを大切にしている会社なので、取り立ては強引な内容ではなく電話と同じくいつ返済できるか、いくらなら返済できるかという内容を聞かれます。

ただし、自宅訪問が行われるときはモビット側に追加の目的が加わります。

それは、借金の存在を認めさせて時効による踏み倒しを防ぐことと、在宅確認をするためです。

契約した時の住所に本当に住んでいるかを確認するために、ベランダに洗濯物があるか、郵便受けに郵便物が溜まってないかなども見られます。

電気や水道などのメーターも見られ、居住確認を行われます。

何より恐ろしいのは、この自宅訪問が行われたということは近い内に法的手続きによる差し押さえなどの強制的な取り立てが行われる前兆だからです。

モビットから法的手続きの予告通知が来る

モビットで長期間滞納していると、モビット側は合法的かつ強制的に取り立てるために、法的手続きをもって差し押さえを強制執行しようとしてきます。

差し押さえは、主に借金を抱えている人が返済できないときに、身の回りの財産価値のある物品や動産・不動産を金銭に換えて返済にあてるものです。

この法的手続きをモビットが行うと、お金を返さない側に非があるため裁判所はモビットに差し押さえの許可を出します。

裁判所から執行官が来て差し押さえを受ける

差し押さえを受けると、裁判所から派遣された執行官がきてあなたの保有する財産の調査が行われます。

このときに中古買取業者も同行してきます。

また、場合によっては競売などにかけられて返済に当てられることになります。

ただし生活に必要な家財道具は差し押さえられないため、最低限生活することが出来るレベルの財産は残ります。

また、仕事の通勤などで車が必要な人は車の差し押さえを防ぐことが出来ます。

しかし、差し押さえられてしまうと必ず家族に借金がバレてしまうのと、業者の出入りで近所の人にもバレてしまう恐れがあります。

給料が差し押さえられる

差し押さえが確定すると、あなたの勤務先に裁判所から差し押さえの通知が送られます。

そして、毎月の給料の4分の1が返済に充てられることになります。

この時、経理の人に借金をしていることがバレてしまいますし、何より経営陣にもこういった内容は報告されてしまうため、職場の人に借金で苦労していることがバレるだけでなく、社会的な信用も大きく残ってしまいます。

モビットから一括請求の通知がきたら

モビットから一括請求の通知が来た人は、もう裁判になる寸前で差し押さえが間近に迫っています。

通知が来てから2週間以内に全額返済しないと、裁判になります。

この時、すでに分割払いの権利を失っているため、全額必ず返済しなければいけません。

もし返済出来るようならすぐに返すべきですが、ほとんどの場合全額なんて返済出来ない人のほうが多いでしょう。

こういった状況の人は、迷わず弁護士や司法書士に相談してください。

弁護士や司法書士が介入することによって裁判を止めることが出来、分割払いの権利を復活させることができるからです。

借金を減らせる債務整理とは?

弁護士や司法書士を通して行える債務整理という手続きを行うことで、借金を減らすことが出来ます。

債務整理は、借金の額や返済方法を見直し、借金の負担を軽くすることができる国の借金の救済手段です。

債務整理の手続きの内容には借金の段階によって行われる手続きが変わります。

もっとも有名なのは自己破産です。

自己破産と聞くと、人生の終わりのような、今後生きていくうえで大きなデメリットがあると思うかもしれませんが、債務整理にはデメリットの少ない、自己破産とは別の手続きがあります。

例えば裁判所を介さずに債権者と個別に交渉する任意整理や、裁判所を通して借金を減額する個人再生(民事再生)などもあります。

自己破産や個人再生をすれば、滞納した借金や遅延した分の違約金として請求されている遅延損害金が免除されます。

また、大幅に減額される以外に、今後も請求されるはずの利息もカットすることができます。

督促を受けたにもかかわらず、返済も債務整理もしないで放置していると、遅延損害金も含めた全額を一括で支払うことを求める裁判を起こされてしまいます。

そうなると、分割での返済には応じてもらえず、自己破産しか選択肢がなくなってしまう可能性が高くなります。

そのため、少しでも早く専門家に相談すべきと言えます。

専門家に債務整理を依頼すると、専門家が債権者に依頼を受けたことを通知します。

通常は郵便で送るのですが、すでに厳しい取り立てを受けている場合には、電話やFAXで依頼を受けたことを通知します。

併せて正式な受任通知を郵送するといった工夫をすれば、最短なら即日にでも取り立てを止めることができます。

借金問題などのお金の問題の解決に強く、滞納や料金の未払いが原因の突然の請求や取り立てなどの金銭トラブルで多くの相談を受ける相談先です。

こういった人は請求金額(借金)が減る可能性があるので、WEB減額診断を試して下さい。 当サイトがおすすめする専門家は、借金問題などのお金の問題の解決に強い専門家です。 滞納や料金の未払い、突然の請求の減額診断も無料で行っています。

診断では、国の減額制度の仕組みを元に、いくら減らせるのかを調べます。

そのため、いま請求を受けている人は、法的根拠を元に減額出来る可能性があるので、一度確認することをおすすめします。

下記のような人は減額の可能性があります。

  • 滞納して督促状が来ている人
  • カードの支払いで延滞している人
  • 法律事務所や債権回収会社から請求が来ている人
  • 裁判所から通知が来ている人
  • 一括請求の通知が来た人

診断ページでは「借金」と書かれていますが、ローンや未払いの請求も減額可能です。

診断しても手続き開始にはならないのでご安心ください。
※クレジットカードや貸金業者から借金で請求が来ている人は過払い金が発生している可能性があります。

そのため、一度無料で出来る過払い金の診断を受けて確認してみてください。 ※過払い金請求には期限があり、請求権を失う人が増えているので急いで診断してください。