nayamu-zyosei

  • レイクで借金をしているけど全然借金が減らなくて困っている
  • レイクの借金が返せないから踏み倒そうかな

このような状態な人は、本当に借金が減らないと嘆き最悪踏み倒しが出来ないかと考えてしまうかもしれません。

しかし、レイクの借金は踏み倒しを防ぐ仕組みがあり、逃げることが出来ません。

そのため、踏み倒しを考えるよりも、国の借金の救済措置で借金を減額することを考えましょう。

国の借金救済措置とは、「債務整理(さいむせいり)」と呼ばれ、借金問題で返済できないで苦しんでいる人を救済するための国の制度で、年間数百万人以上が利用しているものです。

現在、クレジットカードのキャッシングや、消費者金融からの借金などで苦しんでいる人が増えているため、年々この制度の利用者が増えています。

また、過払い金返還請求などの知名度が上昇したことで、それまで制度を知らなかった人が手続きをし始めたということも利用者増加の要因となっています。

これらの利用者が増えている理由は、ひとえに債務整理によって借金が減額されて、生活が楽になることが挙げられます。

この債務整理の手続きは、弁護士や司法書士などの専門家に依頼することで手続きができます。

ただし、債務整理をするときは、少なくとも50万以上借金がないと手続きの費用がかさんでしまいます。

債務整理の手続は、後払いが可能なのでいまお金が無くても手続きは可能ですが、費用が発生するので損しないようにしなければいけません。

債務整理の中でも、それぞれの手続の費用の平均は

  • 任意整理:10~20万
  • 個人再生:20~50万
  • 自己破産:20~50万

となっており、依頼する弁護士や司法書士によって費用が異なります。

この費用の内訳は、着手金+成功報酬+減額報酬が合計された金額で、弁護士や司法書士のさじ加減で費用が異なります。

債務整理を多く取り扱う専門家のほうが、比較的費用が安く抑えられる傾向があるようです。
※推測ですが、これまでの相談を受けた中で、依頼者が本当にお金がないことを十分理解しているため、費用も安く抑えてくれているのではないでしょうか。

レイクの返済シミュレーターを使うと、以下のようなことが分かりました

完済までに掛かる利息

  • 借金50万円の場合:216,429円
  • 借金45万円の場合:165,206円

日本では債務整理の手続きの中でも、任意整理が9割を締めていると言われているため、借金50万円以下の場合は完済までに掛かる利息よりも弁護士や司法書士費用のほうが多く掛かります。

上記の計算は、任意整理をしたときに20万円掛かる+金利が18%の計算でやっていますが、相談先で費用の安い司法書士を選べば、50万円以下の借金でも任意整理で得することが出来ます。

そのため、弁護士や司法書士選びで損しないようにしなければいけません。

費用を安く抑えることが出来る弁護士や司法書士を選ぶには、まず自分の借金の減額額を知ることと、借金問題に強く依頼者がお金を持っていないことを十分に理解している専門家を探さなければいけません。

借金問題などのお金の問題の解決に強く、滞納や料金の未払いが原因の突然の請求や取り立てなどの金銭トラブルで多くの相談を受ける相談先です。

こういった人は請求金額(借金)が減る可能性があるので、WEB減額診断を試して下さい。 当サイトがおすすめする専門家は、借金問題などのお金の問題の解決に強い専門家です。 滞納や料金の未払い、突然の請求の減額診断も無料で行っています。

診断では、国の減額制度の仕組みを元に、いくら減らせるのかを調べます。

そのため、いま請求を受けている人は、法的根拠を元に減額出来る可能性があるので、一度確認することをおすすめします。

下記のような人は減額の可能性があります。

  • 滞納して督促状が来ている人
  • カードの支払いで延滞している人
  • 法律事務所や債権回収会社から請求が来ている人
  • 裁判所から通知が来ている人
  • 一括請求の通知が来た人

診断ページでは「借金」と書かれていますが、ローンや未払いの請求も減額可能です。

診断しても手続き開始にはならないのでご安心ください。
※クレジットカードや貸金業者から借金で請求が来ている人は過払い金が発生している可能性があります。

そのため、一度無料で出来る過払い金の診断を受けて確認してみてください。 ※過払い金請求には期限があり、請求権を失う人が増えているので急いで診断してください。

レイクの債務整理の対応

レイクで債務整理をした時の、レイク側の対応が気になるという方に説明します。

まず、債務整理を司法書士のような専門家に依頼すると、専門家はレイクに受任通知を送り借金問題の専門家が介入したことを通知します。

この通知を送った結果、即日・もしくは翌日から取り立てが止まり、和解交渉の準備に入ります。

一般的に、和解までの期間は2~6ヶ月程度と言われていますが、レイクの場合約3ヶ月前後掛かり、その間は返済する義務もなくなります。

この時、債務整理の交渉の結果、和解後に掛かる利息や遅延損害金の支払いはなくなります。

また交渉の場でレイク側がこれまでに支払えなかった利息(経過利息)があった場合3~5割ほど支払いを求めてくることがあります。

要するに、利息分は減額しますよということです。

依頼人の返済能力によってはこの利息分も無くなることもあるので、なるべく交渉力の強い借金問題の専門家を選びましょう。

債務整理後(和解後)の対応

レイクと和解ができたら、債務整理の手続きによって決まった返済額を、3~5年の期間で返済していきます。

殆どの場合は、任意整理の手続きが行われ、3年で返済していく計画が組まれます。

もちろん返済額が大きかったり、返済能力に合わせて期間は延びるため絶対に3年というわけではありません。

また、5年でも返せない場合は個人再生によって借金の総額が最大で5分の1まで減らせるため、結果的に3~5年以内で返せるようになります。

これらの手続きが行われれば、決まった返済日にレイクへ返済していくだけです。

基本的にレイクからあなたに連絡が行くことはありません。

債務整理後に支払えなくなった場合

債務整理後の支払期間は、3~5年と書きましたがこの期間中に支払いができなくなるという人も多くいます。

こういった場合は、すぐにレイクに連絡して今月の支払いがきついことを伝えてください。

担当者に連絡することで、支払える金額だけ払ってくれるように言われるだけで済むはずです。

一番まずいのは、全く支払わないことです。

なぜなら、債務整理後に2回支払いが未納の状態が続くと、和解内容が解消されてしまうからです。

そうなると、レイク側もわざわざ時間をかけて和解した内容が無駄になってしまいます。

また、解消されると差し押さえをすることになりますが、裁判所への手続きに掛かる手間と費用がかかるので、正直言ってしまえば面倒を抱えることになります。

そのため、早めに伝えればレイク側も柔軟に対応してくれるはずです。

レイクで債務整理すべきか迷うなら

これまでの説明で、レイクで債務整理するならいくらからすべきかと、債務整理をしたことによるレイクの対応について説明してきました。

手続きをする人にとって債務整理の費用は非常に重要なことだと思います。

調べてみると、50万円以下の借金でも債務整理を進めているところもあるようですが、しっかりと計算した上で債務整理の費用を比較してください。

相談したことによって損するのはあなたです。

損しないために、しっかりと比較検討した上で相談先を決めましょう。

借金問題などのお金の問題の解決に強く、滞納や料金の未払いが原因の突然の請求や取り立てなどの金銭トラブルで多くの相談を受ける相談先です。

こういった人は請求金額(借金)が減る可能性があるので、WEB減額診断を試して下さい。 当サイトがおすすめする専門家は、借金問題などのお金の問題の解決に強い専門家です。 滞納や料金の未払い、突然の請求の減額診断も無料で行っています。

診断では、国の減額制度の仕組みを元に、いくら減らせるのかを調べます。

そのため、いま請求を受けている人は、法的根拠を元に減額出来る可能性があるので、一度確認することをおすすめします。

下記のような人は減額の可能性があります。

  • 滞納して督促状が来ている人
  • カードの支払いで延滞している人
  • 法律事務所や債権回収会社から請求が来ている人
  • 裁判所から通知が来ている人
  • 一括請求の通知が来た人

診断ページでは「借金」と書かれていますが、ローンや未払いの請求も減額可能です。

診断しても手続き開始にはならないのでご安心ください。
※クレジットカードや貸金業者から借金で請求が来ている人は過払い金が発生している可能性があります。

そのため、一度無料で出来る過払い金の診断を受けて確認してみてください。 ※過払い金請求には期限があり、請求権を失う人が増えているので急いで診断してください。