nayamu-zyosei


借金が膨らんで返済できそうにない・・・

このような状況の人は、借金を0円にする自己破産を考えると思います。

しかし、自己破産を行うにも手続きに50万前後のお金が掛かるため、なかなか手が出せないという人もいます。

そんな人のために、法テラスという法律に関する悩みを相談する機関が存在します。

法テラスでは、弁護士や司法書士に直接相談することが出来ないため直接的な解決策を提示してくませんが、弁護士や司法書士を紹介してくれます。

さらに、民事法律扶助制度というお金が無くて法的手続きを利用できない人を補助する業務が有り、弁護士や司法書士費用が足りない人に対して立て替えをしてくれます。

そのため、費用が心配で相談できない人でも法テラスを利用することで、借金問題の解決に着手することが出来ます。

そもそもの法テラスの仕組みについて補足

ネットのQ&Aサイトなどを見ると、法テラスの仕組みを正しく理解しておらず、不安になっている人が多いです。

そもそも、法テラスで法律相談をしても自己破産は出来ません。

今回の自己破産に対する、法テラスの機能は法テラスと契約している弁護士や司法書士を紹介する機能と、弁護士や司法書士費用が足りない人にお金を立て替える機能の2つです。

紹介される弁護士や司法書士は、借金問題が得意な弁護士や司法書士でないことも多いため、法テラスを通さないで自分で借金問題に強い実績ある弁護士や司法書士を探したほうが良い場合もあります。

また、費用の立て替えも法律事務所が行っている無料相談をしたあとでも出来ます。

建て替え制度を利用したい場合は、法律事務所への無料相談のときに法テラスの立て替え制度「民事法律扶助制度」を使いたいと伝えればよいです。

正直なところを書くと、弁護士や司法書士には得意分野が存在しています。

医者に内科や外科があるように、弁護士や司法書士が取り扱う分野には刑事事件、詐欺問題、離婚問題、相続問題、交通事故示談、企業法務など多岐に渡ります。

その中でも、借金問題に強い専門家を探したほうが、スムーズに手続きが進んだり、無料相談を受け付けているところが多いため費用が安く済みます。

借金問題などのお金の問題の解決に強く、滞納や料金の未払いが原因の突然の請求や取り立てなどの金銭トラブルで多くの相談を受ける相談先です。

こういった人は請求金額(借金)が減る可能性があるので、WEB減額診断を試して下さい。 当サイトがおすすめする専門家は、借金問題などのお金の問題の解決に強い専門家です。 滞納や料金の未払い、突然の請求の減額診断も無料で行っています。

診断では、国の減額制度の仕組みを元に、いくら減らせるのかを調べます。

そのため、いま請求を受けている人は、法的根拠を元に減額出来る可能性があるので、一度確認することをおすすめします。

下記のような人は減額の可能性があります。

  • 滞納して督促状が来ている人
  • カードの支払いで延滞している人
  • 法律事務所や債権回収会社から請求が来ている人
  • 裁判所から通知が来ている人
  • 一括請求の通知が来た人

診断ページでは「借金」と書かれていますが、ローンや未払いの請求も減額可能です。

診断しても手続き開始にはならないのでご安心ください。
※クレジットカードや貸金業者から借金で請求が来ている人は過払い金が発生している可能性があります。

そのため、一度無料で出来る過払い金の診断を受けて確認してみてください。 ※過払い金請求には期限があり、請求権を失う人が増えているので急いで診断してください。

自己破産で法テラスを利用する条件

法テラスを利用して自己破産をしようと思っても、誰でも利用できるわけではありません。

法テラスの立て替えを利用するには、経済的に余裕が無いとみなされた人が条件になっているからです・

具体的には、「収入要件」「資産要件」の2つの条件を満たさなければいけません。

法テラス利用で自己破産するときの条件「収入要件」とは

収入要件とは、同居人人数に対する世帯年収が下記条件を下回った場合を経済的に余裕が無いと見なす基準です。

この基準には、地域差があり東京・大阪と、それ以外の地域で条件が変わります。

また、家賃や住宅ローンがある場合は基準が少し緩くなります。

東京・大阪に住んでいる場合

世帯人数 月額収入 住宅ローン・家賃加算限度額
1人 20万200円以下 5万3000円以下
2人 27万6100円以下 6万8000円以下
3人 29万9200円以下 8万5000円以下
4人 32万8900円以下 9万2000円以下

東京・大阪以外の地域に住んでいる場合

世帯人数 月額収入 住宅ローン・家賃加算限度額
1人 18万2000円以下 4万1000円以下
2人 25万1000円以下 5万3000円以下
3人 27万2000円以下 6万6000円以下
4人 29万9000円以下 7万1000円以下

この基準に加えて資産要件を満たす必要があります。

法テラス利用で自己破産するときの条件「資産要件」とは

資産要件とは、あなたが不動産、有価証券などの資産に該当するものを保有していた場合、その資産を現金化した場合に金額+現在の預金含めた現金の金額が以下の基準を満たしていた場合に、経済的に余裕が無いと見なす基準です。

人数 資産合計額の基準
1人 180万円以下
2人 250万円以下
3人 270万円以下
4人以上 300万円以下

「収入要件」と「資産要件」この2つを満たすことで、始めて立て替え制度を利用することが出来ます。

注意!立て替え制度と自己破産の審査は別物

法テラスの立て替え制度が利用できるからと言って安心してはいけません。

なぜなら、自己破産をしようと思っても自己破産には裁判所からの審査があり、その審査を通らなければ立て替えても借金は無くならないからです。

誰でも自己破産を許してしまえば、借金をするだけして自己破産で逃げようとする人が出てくるからです。

そのため、建て替え制度を利用するまえに自己破産が出来そうかどうかも調べる必要があります。

この時に法テラスよりも、借金問題に強い専門家の無料相談を利用することをおすすめします。

なぜなら、法テラスの弁護士や司法書士の紹介は3回まで各回30分無料という内容で、毎回相談する弁護士や司法書士が違います。

筆者も過去に相談したことがありますが、30分でこちらの事情を伝えるのは難しく、気がついたら1時間近く掛かってしまうことが多いです。

そうなると有料になってしまいます。

しかし、借金問題に強い専門家なら何度でも相談無料なのでこちらの事情をしっかりと説明して、自己破産が出来るかどうかを判定してくれます。

また、契約しなくても相談は受けているので、こちらにリスクが無いことも利点です。

借金問題などのお金の問題の解決に強く、滞納や料金の未払いが原因の突然の請求や取り立てなどの金銭トラブルで多くの相談を受ける相談先です。

こういった人は請求金額(借金)が減る可能性があるので、WEB減額診断を試して下さい。 当サイトがおすすめする専門家は、借金問題などのお金の問題の解決に強い専門家です。 滞納や料金の未払い、突然の請求の減額診断も無料で行っています。

診断では、国の減額制度の仕組みを元に、いくら減らせるのかを調べます。

そのため、いま請求を受けている人は、法的根拠を元に減額出来る可能性があるので、一度確認することをおすすめします。

下記のような人は減額の可能性があります。

  • 滞納して督促状が来ている人
  • カードの支払いで延滞している人
  • 法律事務所や債権回収会社から請求が来ている人
  • 裁判所から通知が来ている人
  • 一括請求の通知が来た人

診断ページでは「借金」と書かれていますが、ローンや未払いの請求も減額可能です。

診断しても手続き開始にはならないのでご安心ください。
※クレジットカードや貸金業者から借金で請求が来ている人は過払い金が発生している可能性があります。

そのため、一度無料で出来る過払い金の診断を受けて確認してみてください。 ※過払い金請求には期限があり、請求権を失う人が増えているので急いで診断してください。

法テラスで自己破産の手続きを行うにはどうすればいいか?

はてな

法テラスで自己破産をするにはどうすれば良い?


この疑問にお答えすると、法テラスで自己破産の手続きは行なえません。

法テラスは、あくまで弁護士や司法書士を紹介するだけなので、相談しても自己破産ができそうかどうかを答えることはありません。

実際に相談しても、弁護士や司法書士会や弁護士や司法書士をおすすめされるだけです。

じゃあどうやって自己破産をすればよいかと言うと、弁護士や司法書士に相談する必要があります。

自己破産は、法律上司法書士ではまともに取り扱えないため、借金問題に強い弁護士や司法書士に電話相談したあとに、直接弁護士や司法書士との面談を行う必要があります。

そこで、弁護士や司法書士に借金問題を受任してもらい、裁判所を介して自己破産が出来るかの審査を通る必要があります。

法テラスを使った時の自己破産の条件

法テラスを使ったか使っていないかで、自己破産をするときの条件は変わりません。

そのため、法的に自己破産を行うための条件を満たす必要があります。

そもそも、自己破産の審査は、手続きした人全員が通るわけではありません。

自己破産が出来る人になるための条件は2つあります。

  • 支払不能状態であること(返済できないことが証明されていること)
  • 免責不許可事由に該当すること(借金理由や経緯が正当であること)

これらの条件を認めてもらうために

  1. 破産手続・・・実際の総資産を調査し、本当に借金返済が出来ない状態なのかを調べる手続き
  2. 免責許可手続・・・借金理由を調査し、正当な理由なのかを調べる手続き

を行わなければいけません。

なお、この手続きは弁護士や司法書士が代理でやってくれます。

これら手続きの内容をみると、ハードルが高くて自分では許可が降りないのではないのかと不安に思うかもしれません。

しかし、裁判官の裁量で許可されることも多く、明らかに借金を踏み倒すことが目的など、露骨なものでなければ免責許可は降りるかと思われます。

実際に、免責許可が降りる割合は9割を超えると聞いたことがあります。

裁判官による裁量の幅もありますが、弁護士や司法書士に相談して自己破産の手続きを行ってもらってる段階で、弁護士や司法書士も免責許可を得られるように対策してくれます。

特に、借金問題に強い専門家なら実績もあるため、自分と似たような理由の借金でも審査を通した経験があるはずです。

そのため、相談先の弁護士や司法書士選びは本当に慎重に選んでください。

記事を書いている筆者が過去に法律相談で伺った事がある弁護士や司法書士は、年配の弁護士や司法書士でこちらの相談中に居眠るをするような人で、しかも無料相談などもおこなっていませんでした。

話をしっかり聞いてくれなかったため、1時間ほど時間を取られて1万円ほど無駄にすることになる苦い経験をしています。

このページを読んでいる人にはそういった失敗はして欲しくないため、弁護士や司法書士選びは慎重にしましょう。

借金問題などのお金の問題の解決に強く、滞納や料金の未払いが原因の突然の請求や取り立てなどの金銭トラブルで多くの相談を受ける相談先です。

こういった人は請求金額(借金)が減る可能性があるので、WEB減額診断を試して下さい。 当サイトがおすすめする専門家は、借金問題などのお金の問題の解決に強い専門家です。 滞納や料金の未払い、突然の請求の減額診断も無料で行っています。

診断では、国の減額制度の仕組みを元に、いくら減らせるのかを調べます。

そのため、いま請求を受けている人は、法的根拠を元に減額出来る可能性があるので、一度確認することをおすすめします。

下記のような人は減額の可能性があります。

  • 滞納して督促状が来ている人
  • カードの支払いで延滞している人
  • 法律事務所や債権回収会社から請求が来ている人
  • 裁判所から通知が来ている人
  • 一括請求の通知が来た人

診断ページでは「借金」と書かれていますが、ローンや未払いの請求も減額可能です。

診断しても手続き開始にはならないのでご安心ください。
※クレジットカードや貸金業者から借金で請求が来ている人は過払い金が発生している可能性があります。

そのため、一度無料で出来る過払い金の診断を受けて確認してみてください。 ※過払い金請求には期限があり、請求権を失う人が増えているので急いで診断してください。