当サイトの約束

当サイトが提供する情報は、債権譲渡通知が来た人に、借金返済・請求に関して、法律違反を行う、または助長する情報ではありません。
夜逃げ等で、債務や請求を一時的、または不当に帳消しにするような非合法な情報を求める方は、今すぐこのページを閉じてください。

当サイトでは、法に触れないクリーンな方法で対処したいという人に対して、「正規・法律に沿った内容」「請求金額を減らす」方法を説明します。

債権譲渡通知が届いた人どうすれば良い?

これからお伝えする内容は、債権譲渡通知が自宅に届いた人が送られてきている人が対象です。

結論から伝えると、

債権譲渡通知を無視すると、訴えられて裁判になり差し押さえを受けることになります。

不安女

訴えられるってなんで!?急に送られて来てこっちは良くわからないんだけど!

こういう人は、過去に未払いの料金や、ローンの支払いを延滞していて放置していませんか?

債権譲渡通知は、未払い料金や滞った返済がある人に、「今後は取り立てを専門にする業者にあなたのローンを譲りました。」という意味の通知です。

取り立て専門の業者は、法的な根拠を元にあらゆる手段でお金を取り立てて来ます。

支払わなければ裁判になり、銀行口座や職場からの給料から差し押さえられてしまうのです。

このまま放置することは危険で、なるべく早く支払いをしなければ生活も苦しくなり、職場に借金がバレて居づらくなってしまいます。

いまお金が無くて払えないという人は、減額の手続きを利用して支払える金額まで減らすことをおすすめします。

減額の手続きは、債権回収業者から請求されているローンや未払い料金も対象にすることが出来ます。

  • 今後の利息を0%にする
  • 請求の総額を5分の1まで減額する
  • 請求を支払う必要が無い状態にする

このようなことが、法的な正当性を持って実現することが可能なのです。

ただし、手続きの利用には時間と手間が掛かります。

そこで当サイトでは一度、実際に減額出来そうか無料のオンライン診断で調べることをおすすめしています。

可能性の段階で何日も時間を無駄にせず、1分程度で終わる診断で分かれば時間も手間も減るからです。

診断の結果、何もなければ手続きを頼らなくても良く減額できることが分かれば利用すれば良いのです。

当サイトでは、減額制度を利用するなら国家資格を持った専門家の無料診断をおすすめしています。

というのも、信頼性が確保されている人ほど相談が寄せられるため、経験も豊富でこちらの事情をわかっているからです。

少し詳しい人に相談するのと、これまで10万件以上の診断をしている専門家、どちらが頼りになるでしょうか?

当サイトでは、10万件以上の相談実績を持つ天音法律事務所をおすすめしています。

天音法律事務所は、事情を理解しており誰にも知られずにいくら減額できそうかを教えてくれます。


※上記のクレカや貸金業者から請求が来ている人は、過払い金が発生している可能性があります!

過払い金は自分で請求しなければ返金されないという理不尽なものなので、念のため調べることをおすすめします。

みつば司法書士事務所は過払い金調査を無料で行ってくれ、かつ実績も多く信頼できます。

オンラインで無料調査を受けているようです。

変な契約なども無いので、画像の業者から借入がある人は無料調査だけでも頼るのをおすすめします。

債権回収会社の対処はどうするのが一般的なのか

急に債権譲渡通知という聞き慣れない通知が来て、驚いてるかもしれませんが冷静に対処しましょう。

もし、過去のクレジットカード支払い遅れや、ローンの返済遅れ、未払い料金などに覚えが無ければ詐欺の可能性があります。

ここで、正しい対処法を2つ紹介します。

1. 詐欺なのかどうかを確かめる

架空請求業者の中には、債権回収会社を偽り債権譲渡通知を送ってくる場合があります。

そのため、まずは法務省が公開している債権回収会社一覧の中に請求してきた業者の名前があるか確認しましょう。

出典元 法務省-債権回収会社一覧
リンク先の一覧に一致する会社名がなければ、それは詐欺だと思ってください。

また、メールで取り立ての連絡がきた場合も詐欺だと思ってください。

法務省に登録されている債権回収会社はメールによる連絡を行っているところは今のところありません。

2. 請求金額を減額出来ないか調べる

先程紹介した方法で、詐欺ではなさそうなら、お金の法律に詳しい専門家が運営する減額診断を使って請求金額を減らせるか調べましょう。

専門家が運営する診断を利用すれば、詐欺かどうかより詳しく確認することもできます。

債権回収会社からの請求は、減額の手続きを行えば減額出来ることも多いです。

減額診断は、オンライン上で無料で診断することができ、1~2分程度で終わるので確かめてみることを強くおすすめします。

当サイトでは、減額制度を利用するなら国家資格を持った専門家の無料診断をおすすめしています。

というのも、信頼性が確保されている人ほど相談が寄せられるため、経験も豊富でこちらの事情をわかっているからです。

少し詳しい人に相談するのと、これまで10万件以上の診断をしている専門家、どちらが頼りになるでしょうか?

当サイトでは、10万件以上の相談実績を持つ天音法律事務所をおすすめしています。

天音法律事務所は、事情を理解しており誰にも知られずにいくら減額できそうかを教えてくれます。


※上記のクレカや貸金業者から請求が来ている人は、過払い金が発生している可能性があります!

過払い金は自分で請求しなければ返金されないという理不尽なものなので、念のため調べることをおすすめします。

みつば司法書士事務所は過払い金調査を無料で行ってくれ、かつ実績も多く信頼できます。

オンラインで無料調査を受けているようです。

変な契約なども無いので、画像の業者から借入がある人は無料調査だけでも頼るのをおすすめします。

減額診断は信用できるのか?

紹介している減額診断は、国家資格を持った司法書士が運営している減額診断です。

診断も、法務省のサイトでも解説されている手続きで減額できるかを診断する内容です。

※出典元 法務省の解説ページ

行政の文章なので難しい文章で書かれていますが、要するにローンや請求などの債権の減額手続きについて解説しています。※読めばわかります。

このように国から告知されていますが、減額手続きは知名度が低いので知られていないだけなんです。

国にはこういった救済手続きが用意されているのに、利用する人はまだまだ少ないのが現状です。

知らないことが原因で、余計な返済で損だけはしないでください。

まずは減額できないかを確かめてから支払いを終わらせることをおすすめします。

当サイトでは、減額制度を利用するなら国家資格を持った専門家の無料診断をおすすめしています。

というのも、信頼性が確保されている人ほど相談が寄せられるため、経験も豊富でこちらの事情をわかっているからです。

少し詳しい人に相談するのと、これまで10万件以上の診断をしている専門家、どちらが頼りになるでしょうか?

当サイトでは、10万件以上の相談実績を持つ天音法律事務所をおすすめしています。

天音法律事務所は、事情を理解しており誰にも知られずにいくら減額できそうかを教えてくれます。


※上記のクレカや貸金業者から請求が来ている人は、過払い金が発生している可能性があります!

過払い金は自分で請求しなければ返金されないという理不尽なものなので、念のため調べることをおすすめします。

みつば司法書士事務所は過払い金調査を無料で行ってくれ、かつ実績も多く信頼できます。

オンラインで無料調査を受けているようです。

変な契約なども無いので、画像の業者から借入がある人は無料調査だけでも頼るのをおすすめします。