このページで分かること

督促状や催告書がきている
催促の電話がきている
リボ払いやカードの支払い遅れがある人に、滞納による信用情報のペナルティ、社会的リスクについての解説します。

また、給付金のように国の制度で支払いを減額する方法もあるため、「いますぐは払えない…」という人のための対処法も解説していきます。

知らないで損している人も多いので、軽くでも目を通すことをおすすめします。

支払い遅れによる信用情報のペナルティと社会的リスク

カードの支払い遅れで滞納が発生してしまうと、、、

ペナルティとして信用情報に傷が付き、以下の流れで取り立てが始まり、

最終的に訴えられて裁判になり差し押さえを受けてしまいます。

  1. 自分宛てに電話 ← いまココ
  2. 会社に電話
  3. 法的手続きの予告通知
  4. 残債の一括請求(強制)
  5. 訴えられて裁判
  6. 差し押さえ(毎月の給料や財産を差し押さえられる)


特に、会社に電話が来ると、会社の人に金銭トラブルがバレてしまう恐れがあります。

また、支払い遅れが61日以上(3ヶ月目)続くと信用情報機関に金融事故として登録されてしまい、完済後5年間はクレジットカードなどが使えなくなります。

カードが使えなくなると、生活が不便になり、家族や友人に金銭トラブルがバレる恐れがあります。

ペナルティを避けるために可能であれば、今すぐ支払いをすることをおすすめします。

「いますぐは払えない…」という人の支払いを減額する救済制度について

「いますぐは払えない…」という人は、国の救済制度を利用した減額が出来るか調べてみてください。
(オンライン診断で1分程度ですぐ終わるものです。)

実はカードの支払い遅れやカードローンは救済制度を利用することで、大幅に減額することができます。

泣女性

毎月の返済がキツい…給付金みたいなものは無いかな…

このような悩みがある人が対象の制度で、

国家資格を持った専門家の運営サイト無料でオンライン診断が出来るようになっています。

リボも減額の対象!

WEB診断は1分程度で、匿名で誰にもバレずWEB完結で減額診断できます。)
減額された分、手元のお金が残るので生活に余裕がでるはずです!


※上記のクレカや貸金業者から請求が来ている人は、過払い金が発生している可能性があります!

過払い金は自分で請求しなければ返金されないという理不尽なものなので、念のため調べることをおすすめします。

減額診断は信用できるのか?

減額診断は、国の法律や専門家の交渉で減額できる措置に基づいて作られたもので、国家資格を持った司法書士や弁護士が運営しています。

下記のように法務省で解説されている手続きを基にしています。

※出典元 法務省の解説ページ

行政の文章なので難しい文章で書かれていますが、要するにローンや請求などの債権の減額について解説しています。※読めばわかります。

このように国から告知されていますが、減額手続きは知名度が低いので知られていないだけなんです。

国にはこういった救済手続きが用意されているのに、利用する人はまだまだ少ないのが現状です。

知らないことが原因で、余計な返済で損だけはしないでください。

まずは減額できないかを確かめてから、支払いを終わらせることをおすすめします。

リボも減額の対象!

WEB診断は1分程度で、匿名で誰にもバレずWEB完結で減額診断できます。)
減額された分、手元のお金が残るので生活に余裕がでるはずです!

減額した人の体験談

「カードやリボの支払いが120万 → 60万に減額できるなんて、、、」

財布にも口座にもお金が無く、クレジットカードの支払いができず焦っていました。

そんな時に減額診断について教えてくれたのは、以前同じように150万円のカードの返済で悩んでいたというY君でした。


Y君は、明るく気遣いもできる人で友人にも信頼されているタイプで、借金で悩む姿が想像もできない人物です。

そんなY君ですが、実は過去に転職活動や引っ越し費用、日々の浪費が重なってしまい、、、

「飲み会の支払いとかカードで払っててさ、そこに新生活費用も重なったんだよね。

そしたら150万もカードの返済が溜まちゃっててやばかった。その時は余裕無くて周りに心配されるレベルだったんだよ。」

ちょっとバツが悪そうに、苦笑しながら話してくれました。

「どうやって返したの?やっぱりコツコツ働いて返した感じ?」

Y君なら地道に返したんだろうな、、、そう思って聞いてみたら、

「いや、返済がきつかったら借金の減額制度をカード払いに適用させて減額したよ。

「なにそれ・・・大丈夫なの・・・?」

そう思って聞いてみると、国で認められている減額制度を利用したとのことでした。

Y君も半信半疑だったので、行政に電話で問い合わせたり弁護士の無料相談などで本当に信用できるか聞いたそうです。

その結果、しっかりと国に認められている減額手続きだと分かったそうです。

返済から解放された現在のY君の生活

Y君が返済を減額した方法は、

「借金の救済のための減額制度を膨れ上がったカード支払いに適用させた」という方法だそうです。


※法務省の借金減額の解説ページ

ネットでたまたま見つけて試してみたらしいです。

この減額制度がクレジットカードの返済にも適用できることは、知名度が低くまだ世間に浸透してないそうです。

Y君は、無料の減額診断を使って「150万 → 80万」まで支払いを減額したそうです。

知らないだけで損してる人も多いみたい。

やるかどうかは自分次第だけど損だけはしないで欲しいな。

Y君はそう言って、無料で調べることができる減額診断を教えてくれました。

↓↓ Y君が教えてくれた減額診断

リボも減額の対象!

WEB診断は1分程度で、匿名で誰にもバレずWEB完結で減額診断できます。)
減額された分、手元のお金が残るので生活に余裕がでるはずです!

120万の借金が60万まで減った!

今ではY君は家庭も持っていて、とても幸せそうな生活をしています。

先月もSNSで子供の誕生日会の写真を載せていて、微笑ましい毎日を送っています。

そんな人が「過去に借金生活をしていて、今とは天と地ほどの差がある生活をしている。」

そんな事実に衝撃を受けました。

「親に金を貸してくれなんて言えなかったんだよね。」

私も同じ状況なのでわかります。

私自身、クレジットカードの支払いやリボの支払いを合わせると120万の支払いが残っています。

両親に迷惑だけは掛けたくありません。

そこで思い切って自分でも減額診断を試してみました。

その結果、、、、

なんと、120万 → 60万 半分まで支払いが減額できることがわかりました。

カードの返済も減額対象にできるのは本当でした。

診断をして分かったこと

減額診断は、直接話し合いするような感じではなくアンケートに答える感じでした。

また、匿名でできるので誰かに借金があることを知られることも無く、1分程度で終わりました。

この他にも、

  • 減額制度を利用すれば支払いの催促の連絡が止まる
  • 借金の理由は問わず減額できる
  • 毎月の金利が0%になる

ということがわかりました。

リボも減額の対象!

WEB診断は1分程度で、匿名で誰にもバレずWEB完結で減額診断できます。)
減額された分、手元のお金が残るので生活に余裕がでるはずです!

減額制度を利用しない人が受けている損

支払いがなかなか終わらないローンや、カードの返済やがある人は、減額できないか調べてみてください。

支払いが残ったまま放置すると

返済出来ずにいることで受ける損

  1. 職場に返済の催促の電話がくる
  2. 金利の分返済額が増え続ける
  3. 家族や知り合いに借金をしていることがバレる
  4. 金欠が続いて精神的に余裕がなくなる

このような損を受け続けます。

減額診断は匿名できて、自分に合ってなかったら途中でやめてしまっても大丈夫なので、一度試してみてください。

リボも減額の対象!

WEB診断は1分程度で、匿名で誰にもバレずWEB完結で減額診断できます。)
減額された分、手元のお金が残るので生活に余裕がでるはずです!



※上記のクレカや貸金業者から請求が来ている人は、過払い金が発生している可能性があります!

過払い金は自分で請求しなければ返金されないという理不尽なものなので、念のため調べることをおすすめします。

※個人が特定出来ないように実例をもとにした創作した事例です