【危険!】支払督促の無視だけはするな!払えない人の間違える対応

お伝えするのは、カードの未払いやローン・借金が払えず滞納している人が対象で

nayamu-zyosei

  • 法的手続きの予告通知が送られてきた
  • 裁判所からの通知がきた
  • 支払督促が送られてきた

という方が対象です。

クレカの支払いが遅れて滞納したお金、ローンの支払い遅れの金額は、一般的に借金として扱われます。借金として扱わられることで得られる救済の仕組みもあるので、しっかり読んでください。

急ぎ対処したい人はこちらの診断を利用してください。裁判を防げる可能性があります。

当サイトでは、減額制度を利用するなら国家資格を持った専門家の無料診断をおすすめしています。

信頼性が確保されている専門家ほど人気があり、多くの相談を受けるので経験も実績も多くなるからです。

少し詳しい人に相談するのと、これまで8000件以上の診断をしている専門家、どちらが頼りになるでしょうか?

そこで、8000件以上の受任実績を持つ弁護士法人アドバンスをおすすめします。

弁護士法人アドバンスは、事情を理解しており誰にも知られずにいくら減額できそうかを教えてくれます。
※診断後、弁護士に債務整理を依頼する場合は弁護士との面談が必要になります


※上記のクレカや貸金業者から請求が来ている人は、過払い金が発生している可能性があります!

過払い金は自分で請求しなければ返金されないという理不尽なものなので、念のため調べることをおすすめします。

裁判所から支払督促などの通知が送られてきたということは、借入元の

借入元の例

  • 消費者金融
  • 債権回収会社
  • 法律事務所
  • 各サービスの債権取立部署

上記のような組織・団体が裁判所に申請して法的手続に移行したという証拠です。

このまま通知を無視し続けると、

  • 5年以上カードが使えなくなり
  • 今後の給料の4分の1を毎月差し押さえられ
  • 職場や家族にも借金がバレてしまいます
不安女

要するに、裁判所から特別送達や支払督促などがきている人は、訴えられることが決まった危険な状態

このような状態になると、防ぐ方法は2つだけです。

  1. 一括で全額返済する
  2. 減額手続きを利用して裁判を止める

一括返済が可能な人は、今すぐに返済しましょう。

もし、お金が無く払えない人は、借金返済者の救済手続きを利用した手続きで減額できそうか診断することをおすすめします。

当サイトでは、減額制度を利用するなら国家資格を持った専門家の無料診断をおすすめしています。

信頼性が確保されている専門家ほど人気があり、多くの相談を受けるので経験も実績も多くなるからです。

少し詳しい人に相談するのと、これまで8000件以上の診断をしている専門家、どちらが頼りになるでしょうか?

そこで、8000件以上の受任実績を持つ弁護士法人アドバンスをおすすめします。

弁護士法人アドバンスは、事情を理解しており誰にも知られずにいくら減額できそうかを教えてくれます。
※診断後、弁護士に債務整理を依頼する場合は弁護士との面談が必要になります


※上記のクレカや貸金業者から請求が来ている人は、過払い金が発生している可能性があります!

過払い金は自分で請求しなければ返金されないという理不尽なものなので、念のため調べることをおすすめします。

借金返済者の救済手続きの効果

  • 請求の総額を5分の1まで減額する
  • 支払督促の効力を止めて裁判を防ぐ
  • 今後の利息を0%にする
  • 請求を支払う必要が無い状態にする

このようなことが、法的な正当性を持って実現することが可能なのです。

ただし、手続きの利用には時間と手間が掛かります

そこで当サイトでは一度、自分が減額できるのか、オンライン診断で調べることをおすすめしています。

オペ女

いまでは、昔と違ってネット上で法律の力で請求を減額できるかオンラインで判定できます。

診断の結果が出ても自力で解決したければ手続きを頼らなくても良く減額できることが分かれば利用すれば良いのです。

最後は自分の手で決められます。

紹介した方法以外でも他のサイトで見つけた方法を含めて自分が一番良いと方法を選んでください。

当サイトでは、減額制度を利用するなら国家資格を持った専門家の無料診断をおすすめしています。

信頼性が確保されている専門家ほど人気があり、多くの相談を受けるので経験も実績も多くなるからです。

少し詳しい人に相談するのと、これまで8000件以上の診断をしている専門家、どちらが頼りになるでしょうか?

そこで、8000件以上の受任実績を持つ弁護士法人アドバンスをおすすめします。

弁護士法人アドバンスは、事情を理解しており誰にも知られずにいくら減額できそうかを教えてくれます。
※診断後、弁護士に債務整理を依頼する場合は弁護士との面談が必要になります


※上記のクレカや貸金業者から請求が来ている人は、過払い金が発生している可能性があります!

過払い金は自分で請求しなければ返金されないという理不尽なものなので、念のため調べることをおすすめします。

減額診断は信用できるのか?

当サイトがおすすめしている減額診断は、国家資格を持った専門家が運営している減額診断です。

診断も、法務省で解説されている手続きを基に減額できるかを診断する内容です。

※出典元 法務省の解説ページ

行政の文章なので難しい文章で書かれていますが、要するにローンや請求などの債権の減額手続きについて解説しています。※読めばわかります。

このように国から告知されていますが、減額手続きは知名度が低いので知られていないだけなんです。

国にはこういった救済手続きが用意されているのに、利用する人はまだまだ少ないのが現状です。

知らないことが原因で、余計な返済で損だけはしないでください。

まずは減額できないかを確かめてから、支払いを終わらせることをおすすめします。

当サイトでは、減額制度を利用するなら国家資格を持った専門家の無料診断をおすすめしています。

信頼性が確保されている専門家ほど人気があり、多くの相談を受けるので経験も実績も多くなるからです。

少し詳しい人に相談するのと、これまで8000件以上の診断をしている専門家、どちらが頼りになるでしょうか?

そこで、8000件以上の受任実績を持つ弁護士法人アドバンスをおすすめします。

弁護士法人アドバンスは、事情を理解しており誰にも知られずにいくら減額できそうかを教えてくれます。
※診断後、弁護士に債務整理を依頼する場合は弁護士との面談が必要になります


※上記のクレカや貸金業者から請求が来ている人は、過払い金が発生している可能性があります!

過払い金は自分で請求しなければ返金されないという理不尽なものなので、念のため調べることをおすすめします。

日本の借金相談件数

お金の問題で困っている人は日本には大勢居るんです。

※多重債務者対策を巡る現状及び施策の動向(首相官邸サイトより)

これはあくまで消費者窓口に相談した人一部の記録です。民間の窓口を合わせると借金問題の相談は年間約100万件以上あると言われています。

特に、収入の少なさや買い物のローンが原因で返済が厳しくなり悩む人が多いです。

悩んでいるのは、あなただけではないので借金に負い目を感じないでください。

解決するための手続きがあります。

日本では年間約100万人以上の人がこの減額手続きを行っています。

まずは、一旦減額診断をしてみましょう。

実際に自分がどれだけ減額できるか確認することができるので悩みを軽くすることができるはずです。

当サイトでは、減額制度を利用するなら国家資格を持った専門家の無料診断をおすすめしています。

信頼性が確保されている専門家ほど人気があり、多くの相談を受けるので経験も実績も多くなるからです。

少し詳しい人に相談するのと、これまで8000件以上の診断をしている専門家、どちらが頼りになるでしょうか?

そこで、8000件以上の受任実績を持つ弁護士法人アドバンスをおすすめします。

弁護士法人アドバンスは、事情を理解しており誰にも知られずにいくら減額できそうかを教えてくれます。
※診断後、弁護士に債務整理を依頼する場合は弁護士との面談が必要になります


※上記のクレカや貸金業者から請求が来ている人は、過払い金が発生している可能性があります!

過払い金は自分で請求しなければ返金されないという理不尽なものなので、念のため調べることをおすすめします。