【危険!】差し押さえの通知無視だけはするな!払えない人が起こす間違い

裁判による差し押さえの判決がまだ出ていない人が対象です。
差し押さえの判決を受けてしまうと、残念ながら対処はできません。

カードの未払いやローン・借金が払えず滞納が原因で差し押さえに関する通知が来た人が対象です。

減額診断は信用できるのか?

当サイトが紹介している減額診断は、国家資格を持った司法書士や弁護士が運営している減額診断です。

診断も、法務省で解説されている手続きを基に減額できるかを診断する内容です。

※出典元 法務省の解説ページ

行政の文章なので難しい文章で書かれていますが、要するにローンや請求などの債権の減額手続きについて解説しています。※読めばわかります。

このように国から告知されていますが、減額手続きは知名度が低いので知られていないだけなんです。

国にはこういった救済制度が用意されているのに、利用する人はまだまだ少ないのが現状です。

知らないことが原因で、余計な返済で損だけはしないでください。

まずは減額できないかを確かめてから、支払いを終わらせることをおすすめします。

日本の借金相談件数

お金の問題で困っている人は日本には大勢居るんです。

※多重債務者対策を巡る現状及び施策の動向(首相官邸サイトより)

これはあくまで消費者窓口に相談した人一部の記録です。民間の窓口を合わせると借金問題の相談は年間約100万件以上あると言われています。

特に、収入の少なさや買い物のローンが原因で返済が厳しくなり悩む人が多いです。

悩んでいるのは、あなただけではないので借金に負い目を感じないでください。

解決するための制度があります。

日本では年間約100万人以上の人がこの減額手続きを行っています。

まずは、一旦減額診断をしてみましょう。

実際に自分がどれだけ減額できるか確認することができるので悩みを軽くすることができるはずです。