【危険!】差し押さえの通知無視だけはするな!払えない人が起こす間違い

裁判による差し押さえの判決がまだ出ていない人が対象です。

差し押さえの判決を受けてしまうと、残念ながら対処はできません。

それ以外の、カードの未払いやローン・借金が払えず滞納が原因で差し押さえの通知が来た人はまだ間に合います!

カードの支払いが遅れ、滞納、キャッシングは一般的に借金として扱われます。

借金として扱うことで、減額できる救済の仕組みもあるので、しっかり読んでください。

急ぎ対処したい人はこちらの減額診断を利用してください。裁判を防げる可能性があります。

リボ払いも減額できるかも

WEB診断は1分程度で入力できて、匿名で誰にもバレず減額の診断ができます。)
その後手続きに進めば減額された分、手元のお金が残るので生活に余裕がでるはずです!

クレカや消費者金融から請求が来ている人は減額出来る可能性があります!

注意しないといけないのが、こちらから手続きしなければ一切減額されません。
※カード会社や消費者金融が、勝手に減額してくれることはありません。

支払い・返済に心当たりがあれば一度減額されるのか調べてみることをおすすめします!

nayamu-zyosei

  • 差し押さえに関する通知が送られてきた
  • 裁判所からの通知がきた
  • 支払督促が送られてきた

「差押予告通知」などの差し押さえに関する通知が送られてきたということは、、、

借入元の例

  • 消費者金融
  • 債権回収会社
  • 法律事務所
  • 各サービスの債権取立部署

上記のような組織・団体が法的手続に移行したという状況です。

つまり、いま訴えられて裁判になる寸前ということです。

もし通知を無視すると裁判が始まり、一括請求を受けて差し押さえを受けることになります。

  • こうなると財産が没収され
  • 今後5年以上クレカも使えなくなり
  • 給料の4分の1を毎月差し押さえられ
  • 職場や家族にも借金がバレてしまいます
不安女

つまり、裁判所から差押予告通知などが来ているの人は訴えられることが決まった危険な状態

このような状態になると、防ぐ方法は2つだけです。

  1. 一括で全額返済する
  2. 減額手続きを利用して裁判を止める

一括返済が可能な人は、今すぐに行って下さい。

お金が無くて払えないという人は、減額の手続きを利用して請求を減らすことをおすすめします。

減額の手続きの効果

  • 取り立てを止めて裁判になることを防ぐ
  • 今後の利息を0%、もしくはカットしてもらう
  • 元金自体を減額してもらう
  • 返済を一時的にストップしてもらう

このようなことが、法的な正当性を持って実現することが可能なのです。

ただし、手続きの利用には時間と手間が掛かります

そこで当サイトでは一度、自分が減額できるのか、無料診断で調べることをおすすめしています。

オペ女

いまでは、昔と違ってネット上で法律の力で請求を減額できるか無料で診断してもらえます

診断結果を見て自力で解決したければ手続きしなくても良く診断結果を利用することも自由です。

最後は自分の手で決められます。

紹介した方法以外でも他のサイトで見つけた方法を含めて自分が一番良いと方法を選んでください。

リボ払いも減額できるかも

WEB診断は1分程度で入力できて、匿名で誰にもバレず減額の診断ができます。)
その後手続きに進めば減額された分、手元のお金が残るので生活に余裕がでるはずです!

クレカや消費者金融から請求が来ている人は減額出来る可能性があります!

注意しないといけないのが、こちらから手続きしなければ一切減額されません。
※カード会社や消費者金融が、勝手に減額してくれることはありません。

支払い・返済に心当たりがあれば一度減額されるのか調べてみることをおすすめします!

減額診断は信用できるのか?

当サイトが紹介している減額診断は、国家資格を持った弁護士事務所が運営している減額診断です。

診断も、法務省で解説されている手続きを基に減額できるかを診断する内容です。

※出典元 法律事務所の解説ページ

要するにローンや請求などの債権の減額手続きについて解説しています。

このように告知されていますが、減額手続きは知名度が低いので知られていないだけなんです。

こういった救済手続きが用意されているのに、利用する人はまだまだ少ないのが現状です。

まずは減額できないかを確かめてみることをおすすめします。

リボ払いも減額できるかも

WEB診断は1分程度で入力できて、匿名で誰にもバレず減額の診断ができます。)
その後手続きに進めば減額された分、手元のお金が残るので生活に余裕がでるはずです!

クレカや消費者金融から請求が来ている人は減額出来る可能性があります!

注意しないといけないのが、こちらから手続きしなければ一切減額されません。
※カード会社や消費者金融が、勝手に減額してくれることはありません。

支払い・返済に心当たりがあれば一度減額されるのか調べてみることをおすすめします!