STOP個人再生!本当に個人再生すべきか

オペ女

個人再生とは、裁判所を通して審議を行い
返済能力が無いと判断された場合に、借金を減額する手続きです。

個人再生の減額だけに目を向けると都合が良く見えますが、もちろんペナルティもあります。

個人再生のペナルティ

  • 保証人がいる場合は、減額前に返済義務移る
     ※奨学金などは両親や親族などが多い
  • 平日に何度も裁判所に行くので家族や会社にバレやすい
  • 完済後7年間はクレカが持てなくなる
  • 自己破産と同じく官報に名前と住所が掲載される

不安女

しかも、個人再生は自分がやりたいと言って出来るほど甘くありません。

もし許可されなかった時、こんなお金払えますか?

そのため、弁護士などに相談する前に、無料で減額できるか知ることができるオンライン窓口を使ってみてください。

オンライン窓口は、チャットで答えるアンケート形式なので専門家に相談するのが怖かったり、ハードルを感じる人でも気軽に使えます。

<<<ここにボタンを配置>>>

借金の減額って本当に出来るの?

「借金が減額できるなんて、そんな都合の良い話なんてあるの?」そう思うかもしれません。

実際に多くの疑問の声を聞きました。でも、本当に実在していて政府機関のサイトでも解説されています。
法務省
※法務省の解説ページより

行政なので難しい文章で書かれていますが、要するに借金の減額手続きについて解説しています。

このように国から告知されていますが、減額手続きは知名度が低いので知られていないだけなんです。

50万以上返済がある人や、半年以上返済が続くような人は減額できる可能性が高いので、今すぐ確認することをおすすめします。
<<<ここにボタンを配置>>>

日本の借金相談件数

お金の問題で困っている人は日本には多くいます。
借金相談の件数
※多重債務者対策を巡る現状及び施策の動向(首相官邸サイトより)

これはあくまで消費者窓口に相談した人一部の記録です。

民間の窓口を合わせると借金問題の相談は、年間約100万件以上あると言われています。

特に、収入の少なさや買い物のローンが原因で返済が厳しくなり悩む人が多いです。

悩んでいるのは、あなただけではないので借金に負い目を感じないでください

繰り返しますが、日本では年間約100万人以上の人が債務整理の減額手続きを行っています。

まずは、減額できるか確かめましょう。

実際に自分がどれだけ減額できるか確認することができるので悩みを軽くすることができるはずです。
<<<ここにボタンを配置>>>