債権回収会社から連絡が来たという人は、決して放置せずに正しい対応をしてください。

債権回収会社は、借金の時効を防ぐために法的に自分たちが有利になる方法で連絡とってくるからです。

そのため、誤った対応をすると払わなくても良い借金を返すことになったり、最悪の場合は裁判所に訴えられてしまう恐れがあります。

そのため、正しい知識を持って正しい対処をしていきましょう。

債権回収会社が取り立てを行う借金は、主に長期間支払いの滞納が続き、不良債権化したモノが多いです。

そのため、遅延損害金が付いてしまい、本来支払うはずだった2~3倍以上に借金が膨れ上がっている場合もあります。

このとき、借金問題に強い専門家に相談することで、取り立てを止めることができ、さらに借金を大幅に減額できる可能性があります。

また、債権回収会社を名乗る架空請求詐欺も存在するため、犯罪行為を区別できなければ法律の専門家を頼ってください。

犯罪から身を守るために、法律の専門家が行っている無料WEB診断で自分の状況を確認してみることをおすすめします。

「診断したらすぐに専門家に相談」ということにはならないので、他の法律事務所よりも気持ちを楽にして調べることが出来るはずです。

債権回収会社とは?なぜ連絡が来たのか?

「債権回収会社」という会社名を聞くことは、普通の生活をしている限り聞くことはありません。

債権回収会社とは、銀行や信用金庫、消費者金融など貸金業を行っている企業が、取り立てをあきらめた債権を安く買い取り、自分たちで取り立てを行い、購入時の債権との差額分で利益を上げている会社です。

債権回収会社は、法務大臣から許可を得ないと名乗ることが出来ず、国からの厳しい審査を経て初めて名乗ることができます。

そのため、取り立ての方法もテレビで見るような強引な取り立ては行わず、貸金業法に則った取り立てを行います。

なお、債権がもともと借りていた銀行や消費者金融などから、債権回収会社に移るときは「債権譲渡通知」という書類が送られてきます。

そのため、知らなかったという言い分があっても、送付したことを証明する内容証明郵便という方法を使い、送付した証拠を残しているため言い訳は通じません。

債権回収会社からの連絡の意味

債権回収会社から連絡が来るときは、電話か督促状にて連絡が来ます。
※メールやSMSのようなメッセージ機能を使った請求は、架空請求会社からの取り立てなので、気をつけて下さい。

債権回収会社は、元の債券保有者からあなたの連絡先や住所などを引き継ぎます。

ほとんどの貸金業者はお金を借りるときの契約書に、債権回収に債権を譲渡する場合もあるという記載があります。

そのため、知らない企業から連絡が来ることに問題はありません。

今の状態は、取り立てを専門にした企業から取り立てを受けるようになったことを意味している状態です。

債権回収からの取り立ては、これまでと同じく電話や督促状による取り立てなので、どんなことが起こるのか不安だったとしても拍子抜けするかもしれません。

しかし、安心してはいけません。

債権回収会社は、取り立てを行っても連絡を無視されていると分かれば、法的手続きによって強制的に取り立てを行ってきます。

つまり、裁判所に訴えてあなたの財産や給料を差し押さえてきます。

そうなる前に、専門家に相談しましょう。

専門家を頼れば、取り立てを止めることができ、請求金額も減額出来る可能性があるからです。

ただし、借金の状況によって取り立てを止めることや減額出来ない場合もあります。

そのため、事前にすぐに分かるWEB診断を行うことをおすすめします。

診断 = 専門家に相談ということにはならないので、他の法律事務所よりも気持ちを楽にして調べることが出来るはずです。