nayamu-zyosei

  • 裁判所から通知が届いたんだけど無視してしまっている
  • 裁判所からの特別送達が届いているんだけどどうしよう

借金問題が原因で、裁判所から通知が来ている人は無視してはいけません。

  • クレジットカードのローンの支払い滞納
  • 消費者金融からのカードローン借金を滞納
  • 銀行・信用金庫からのローンの滞納

こういった長期間滞納状態が続くと、裁判所から特別送達という方法で通知が自宅に届きます。

この通知が来ても支払いをせずに無視し続けると、給料や財産の差し押さえが強制執行されてしまいます。

無視してしまうほとんどの人は、「支払える余裕がない」、「後から支払えばいい」というように思って無視してしまう人が多いです。

しかし、この考えは非常に危険です。

裁判所が介入してきている時点で、すでに法的手続きが開始されているため、無視することで次の段階に進み、最終的には差し押さえを受けてしまう恐れがあるからです。

裁判所からの差し押さえが強制執行されてしまうと、あなたの財産と毎月の給料が返済に充てられることになり、これまで通りの生活を送ることができなくなります。

すでに法的手続きが開始されてしまうと、自力で解決は難しいです。

専門家に相談することで、差し押さえを防ぐだけでなく借金自体の減額も期待することが出来ます。

借金問題などのお金の問題の解決に強く、滞納や料金の未払いが原因の突然の請求や取り立てなどの金銭トラブルで多くの相談を受ける相談先です。

こういった人は請求金額(借金)が減る可能性があるので、WEB減額診断を試して下さい。 当サイトがおすすめする専門家は、借金問題などのお金の問題の解決に強い専門家です。 滞納や料金の未払い、突然の請求の減額診断も無料で行っています。

診断では、国の減額制度の仕組みを元に、いくら減らせるのかを調べます。

そのため、いま請求を受けている人は、法的根拠を元に減額出来る可能性があるので、一度確認することをおすすめします。

下記のような人は減額の可能性があります。

  • 滞納して督促状が来ている人
  • カードの支払いで延滞している人
  • 法律事務所や債権回収会社から請求が来ている人
  • 裁判所から通知が来ている人
  • 一括請求の通知が来た人

診断ページでは「借金」と書かれていますが、ローンや未払いの請求も減額可能です。

診断しても手続き開始にはならないのでご安心ください。
※クレジットカードや貸金業者から借金で請求が来ている人は過払い金が発生している可能性があります。

そのため、一度無料で出来る過払い金の診断を受けて確認してみてください。 ※過払い金請求には期限があり、請求権を失う人が増えているので急いで診断してください。

裁判所からの通知の意味

裁判所からの通知が来る理由は、もともと借りていた借金の借り先が何度も督促状や電話による取り立てを行ったにも関わらず、あなたが返済を無視し続けていることが原因です。

そのため、確実に返済してもらうために法的効力を持った取り立て手段を始めたという意味になります。

一般的に、滞納3ヶ月以上になるとこういった法的手続きによる取り立てが始まります。

3ヶ月以上滞納すると、急にこういった対応がされるというわけではありません。

事前に法的手続きの予告書という「これ以上支払いが確認出来ない期間が続くようであれば、法的手続きによる取り立てを行います」という旨が記載された書類が送られてきます。

そのため、知らなかったという主張は認められません。

特別送達とはどういう意味?

特別送達とは、裁判などが確実に相手に文書を送付するために、送った相手に届いたことを証明するために使われる郵便物です。

要するに、相手が受け取ったという事実を証明できる送り方です。

裁判所から送られてくる特別送達の書類には、封筒の表の面に「特別送達」と記載されており、裏面には所定の郵便送達報告書用紙を貼り付けられています。

裁判所からの通知を無視すると相手の要求を承認したことになる

裁判所からの通知を無視していけない一番の理由は、通知を無視すると裁判が勝手に進み、取り立てをしている債権者側の主張が一方的に認められてしまうからです。

そのため、裁判所からの一括請求の通知を無視すると一括で返済することを認めたことになり、差し押さえの判決が出ても認めたことになり、財産や給料が差し押さえられてしまいます。

後から、知らなかったと反論しても、裁判所から強制執行を受けてしまうため逃げることは出来ないため、裁判所からの通知を無視することだけはやめてください。

裁判所から通知には、下記のような2種類の通知が送られてきます。

  • 支払督促
  • 裁判の案内

まずは支払督促が届き、その後裁判の案内が届くことになりますが、それぞれの通知を無視したらどうなるかを説明していきます。

支払督促を無視するとどうなる?

支払督促は、返済できずに長期間滞納を続けており、お金を貸した側が何度支払いを依頼しても、返済が確認できないときに送られるものです。

この支払督促を無視したことで、何かしら生活に影響が出ることはありません。

しかし、支払督促の制度は、お金を貸した側が権利を証明するために行われる制度なので、無視したことで債権者側は債務名義を取得できます。

その結果、最終的に差し押さえを強制執行できるようになってしまいます。

また、支払督促を無視することで次の段階に進み、裁判の案内が自宅に送られるようになります。

裁判の案内には、出廷日時が記載されています。

出廷したときに異議申し立てなどが行うことで不当な借金の場合はここで反論することが出来ます。

支払督促が来たら異議申し立て

滞納が原因で裁判所から支払督促状が送られたら、書類が来てから2週間以内に支払督促異議申立て書(督促異議申請書)を裁判所に提出しないといけません。

この異議申立書を提出しないと、支払い督促状記載の請求内容通りの決定が出てしまい、それをもとに仕事の給料や預貯金などの財産を差し押さえられてしまいます(強制執行)。

支払い督促に対し異議申し立てをすると、支払督促手続きが通常裁判に移行し、あらためて口頭弁論期日が指定されます。

裁判の場合は答弁書を提出

借金返済を滞納しているときに裁判所からの通知内容に訴状や答弁書催告状などの書類が入っている場合は、通常裁判の申立です。

借金の金額が100万以下の場合は少額訴訟という名での申立の場合もあります。

この場合、答弁書を提出せず、定められた口頭弁論期日にも出廷しないと、支払い請求内容通りの判決が出てしまいます。

判決が出ると、自宅に判決書が送られてきて、2週間が経つとその判決は確定します。

判決が確定すると、やはり職場での給料や預貯金などの財産資産を差押えられてしまいます。

よって、裁判所から通知が届いたら、必ず答弁書は提出し、口頭弁論期日には出席しなければなりません。

自分でどうすれば良いかわからない場合には専門家に相談したり依頼すると良いでしょう。

裁判で争っても負けることが普通なので、和解による解決を目指すのがメリットが大きく、おすすめです。

債権者と話し合って、分割払いの和解をすれば、任意整理したのと同じ結果になります。

和解を希望する場合でもやはり答弁書は提出して期日には出頭すべきです。これらの対処をしないと、裁判所は和解の手続きを飛ばして判決してしまいますので注意が必要です。

借金が払えないと裁判所に出廷

返済の期日に月々の返済額を振り込まないと、消費者金融などから電話や督促ハガキなどで支払いをするようにと連絡がきます。

しばらくは銀行や消費者金融などからこの支払督促が続くのですが、借金が払えなくて滞納を続けると、次は一括請求書が送られてきます。

この一括請求書には、支払いができなければ訴訟手続きに移行するという記載がされているため、裁判を避ける為にはこのタイミングで一括返済をする必要があります。

一括請求で要求される金額は、借入額だけでなく遅延損害金などの罰金が含まれているので、実際の借り入れよりも高くなっています。

もし、一括請求に応じない場合は、法的措置として裁判が起こされてしまいます。

裁判に移行すると、支払督促申立書や異議申立書という書類が裁判所から特別送達として郵便で送られてきます。

裁判所からの通知を無視すると一括請求を認めたことになる

裁判所から届いた特別送達に対して「異議申立を行わなかった場合」や、「裁判を無視した場合」、消費者金融などの意見を全面的に認めたという事になります。

つまり、裁判所からの呼び出しを無視してしまうと何も返答をしなければ財産や給料などを差し押さえられてしまいます。

裁判が確定すると差し押さえされる

借金返済ができずに裁判を起こされた場合、指定日に裁判所に出頭することもなく、何の対応もせずに無視していると債権者側の請求が全面的に認められ、支払い命令の判決が出ます。

この場合には、借金残金の一括払いに遅延利息が加算された金額の支払い命令が出てしまいます。

そして、判決は当事者が判決書を受け取ってから2週間で確定します。

判決が確定すると、消費者金融などの債権者はこれにもとづいて債務者の財産を差し押さえることができる状態になります。

たとえば、債務者の預貯金や生命保険、株式、職場での給料などがあれば、すべて差し押さえの対象になります。このような状況になると、生活が成り立たなくなります。

借金の踏み倒しは出来ない

借金がどうしても支払えないと、踏み倒せないかと考えるかもしれませんが踏み倒しは現実的に難しく、実際に出来たという人ほとんどいません。

中には、踏み倒せたと思っている人もいるかも知れませんが、その殆どはまだ債権が生きていて、いつ裁判になるかもわからない状態のものだと思ったほうが良いです。

借金を踏み倒すために法的に無効にするには、借金の消滅時効という制度を利用する必要があります。

しかし、この借金の時効は金融業者から借りた借金は5年、個人から借りた場合は10年の間なにも催促や取り立てが行われてなかったという証拠を揃えなければいけません。

しかも、この期間の間に1回でも催促の連絡を受けてしまうと、時効までのカウントはリセット(時効の中断)されてしまいます。

特に金融業者からの場合、必ず定期的に督促状などが送られるので事実上不可能だと思ってください。

そのため、時効は現実的ではありません。

借金で苦しんでいる人の殆どは、時効ではなく債務整理という借金の救済手続きを利用しています。

裁判所の通知は受取拒否が出来ない

裁判所からの通知を受け取らなければ問題がないかと言うと、そのような事はありません。

裁判所からの郵送を受け取らない場合は、公示送達という方法を用いて訴状が郵送されます。公示送達で送られた訴状は、たとえ受け取らなくても受け取ったものとして裁判が進んでいきます。

その為、この場合も財産や給料などを差し押さえられてしまいます。また、裁判にかかった費用なども同時に請求をされてしまいます。

裁判所からの通知を放置すると状況は悪化する一方となるため、差し押さえとなる前に異議申し立てをしましょう。

異議申し立てについて

一括請求に対して異議申し立てをすると「訴訟」になります。訴訟になると裁判所から「訴状」と、他に「口頭弁論期日呼び出し状」「答弁書」などが届きます。

つまりは、「借金の返済について法廷で話し合いましょう。」となるのです。

法廷に出頭して何を話すのか

法廷では、借金の返済について話し合いをするため、今までの借入額や返済履歴などの書類を事前に準備をする必要があります。

もし、自身で出頭する事ができない場合は専門家が代理人になって法廷に出廷をする必要があります。

すぐに裁判で必要な書類を準備する事ができないような場合の為にも、1回目の出頭を回避する方法があります。

訴状が届いたらまずは答弁書の作成を行なってください。訴状に書かれた期日の1週間前までに答弁書を作成する事で、1回目の出頭を免除してもらう事ができます。

裁判所からの出頭命令に対して、いきなり応じる事を避ける事が可能で、2回目の出頭命令までに必要な書類を準備すれば問題はありません。

答弁書作成や裁判はどうやって対応すべきか

裁判所から通知が来たときは、「答弁書を作成する事」が最初の対応になります。

専門家を雇うのにも多額の費用がかかるので、専門家への依頼はためらってしまう人も多いです。

答弁書は自分で作れるか

結論、答弁書の作成は自分で行う事ができます。

一括請求などができない場合は通常、「原告の請求を棄却する。」と記載して所定の形式で返信をします。

ただし答弁書の作成には注意が必要です。答弁書の記載に誤りがあると今後の審議で不利な状況になる可能性があります。

裁判の審議は答弁書に沿って行われていきます。書き方を間違ったり、誤った記載をしてしまうと後で問題になります。

自分で対処をする場合は、そのリスクがある事に注意をしてください。

専門家の依頼費用が掛かるため躊躇してしまいがちですが、リスクも考えると一番安心なのは専門家に依頼をする事です。

借金問題に強い専門家を探すには

なるべく費用かけずに専門家に依頼をする方法はあるのでしょうか。

まず、専門的な法律の知識を持った専門家を利用すると大きなメリットを知っておかないといけません。

  • 裁判所からの呼び出しは代わりに応じてくれる
  • 即日に支払い催促が止み、銀行や裁判所との対応をしてくれる
  • 難しい法律の手続きや交渉を全て依頼できる
  • 法律の知識がなくても払えなくなった借金の問題を解決できる
  • 方法によっては家族や会社に内緒で借金の整理ができる

費用を準備できないという場合は、まずは過払い金を調べる事をおすすめします。過払い金とは払いすぎた借金の事です。

例えば、100万円の過払い金があった場合、100万円を全額返金してもらう事が可能なのです。

返金してもらえる100万円の中から費用をまかなう事ができるので、今からお金を払うことなく依頼をする事が可能です。

また、債務整理によって借金を減額しその金額を元に依頼をする事も可能です。

たとえば、200万円の借金があり、債務整理によって50万円まで借金を減額る場合、減算額の150万円の20%である30万円を専門家に支払うという方法です。

費用を含めても、借金の総額は200万円から80万円に減らす事ができます。毎月の返済が今の半額になるとすると、生活は楽になります。

さらに、もし完全に借金を清算したいのであれば自己破産という方法を取る事もできます。

クレジットカードの未払いも裁判になるのか

結論を言うと、クレジットカードの未払いでも裁判になります。むしろクレジットカードの未払いの裁判は多いです。

クレジットカードを滞納すると、債権者(銀行や消費者金融)は裁判所に、差し押さえの申請をします。それを受けて、裁判所から訴状や答弁書が送られてきます。

事前に督促状や電話が来ているはずなので、無視したり放置をして滞納すると差し押さえとなるので、早めの対応をおすすめします。

借金問題の解決が得意な専門家

裁判所からの通知で悩んでいる方は、すぐに借金問題に慣れている専門家に相談してください。

特に借金問題の解決を得意としているため、闇雲に探して失敗してしまったということは無いでしょう。

借金問題などのお金の問題の解決に強く、滞納や料金の未払いが原因の突然の請求や取り立てなどの金銭トラブルで多くの相談を受ける相談先です。

こういった人は請求金額(借金)が減る可能性があるので、WEB減額診断を試して下さい。 当サイトがおすすめする専門家は、借金問題などのお金の問題の解決に強い専門家です。 滞納や料金の未払い、突然の請求の減額診断も無料で行っています。

診断では、国の減額制度の仕組みを元に、いくら減らせるのかを調べます。

そのため、いま請求を受けている人は、法的根拠を元に減額出来る可能性があるので、一度確認することをおすすめします。

下記のような人は減額の可能性があります。

  • 滞納して督促状が来ている人
  • カードの支払いで延滞している人
  • 法律事務所や債権回収会社から請求が来ている人
  • 裁判所から通知が来ている人
  • 一括請求の通知が来た人

診断ページでは「借金」と書かれていますが、ローンや未払いの請求も減額可能です。

診断しても手続き開始にはならないのでご安心ください。
※クレジットカードや貸金業者から借金で請求が来ている人は過払い金が発生している可能性があります。

そのため、一度無料で出来る過払い金の診断を受けて確認してみてください。 ※過払い金請求には期限があり、請求権を失う人が増えているので急いで診断してください。