ひととき融資の危険性と返済義務を一時的に止める方法

ひととき融資の利用を考えている人はちょっと待って下さい。
ひととき融資の仕組みの中には、闇金業者が多く非常に危険です。

個人で貸す側をしている場合もトラブルになりやすく、金融庁から注意喚起が出されています。

このように個人間融資は詐欺が多く、そもそも法律違反をしている危険な人とやり取りすることになるのです。

リスクが大きすぎるので絶対にやめましょう。困っている人を食い物にする人だらけです。

オペ女

支払いや返済が原因でお金が足りないという人は、国の制度で支払いを合法的に延長し、さらに減額もできる方法をおすすめします。

当サイトの約束

当サイトが提供する情報は、借金返済・請求に関して、法律違反を行う、または助長する情報ではありません。
夜逃げ等で、債務や請求を一時的、または不当に帳消しにするような非合法な情報を求める方の期待にこたえることは出来ません。

非合法で楽な方法が知りたいという人は、今すぐこのページを閉じてください。

当サイトでは、法を破らず正規の方法で対処したいという本気の人だけに、「正規・法律に沿った内容」「請求金額を減らす」方法を説明します。

借金や支払いの総額が50万以上ある人
過去債務整理経験がない人

上記に該当する人は、一度国の減額制度を受けられるか分かる診断を受けてください!

国の減額制度で借金や支払いを減らせる可能性があります。

減額診断では、自分がいくら減額できそうかをオンライン上で知ることができ、信用情報の最適な回復方法も教えてくれるので、一度確認してみてはいかがでしょうか。

当サイトでは、減額制度を利用するなら国家資格を持った専門家の無料診断をおすすめしています。

というのも、信頼性が確保されているだけでなく、専門家はこれまでに多くの人の問題を解決しているので、こちらの事情をわかっているからです。

少し詳しい人に相談するのと、これまで10万件以上の診断をしている専門家、どちらが頼りになるでしょうか?

当サイトでは、10万件以上の相談実績を持つ天音法律事務所をおすすめしています。

天音法律事務所は、事情を理解しており誰にも知られずにいくら減額できそうかを教えてくれます。

早くブラックリストから除名される方法

借金・クレカの支払いなどお金の問題が原因で信用情報が心配な人すでに信用情報がブラックになっている人はなるべく早く減額制度を利用することをおすすめします。

借金理由
※多重債務者対策を巡る現状及び施策の動向(首相官邸サイトより)

グラフのようにお金の悩みの理由は人それぞれですが、特に収入が少ない人が借金をしてしまい生活に苦しむ人が増えています。

こういった人は信用情報にも傷がついており、今後クレカが使えなくなるなどローンを組めなくなるペナルティを受けている、いわばブラックリストに載っている人が多いです。

  • 信用情報がブラックになっている人
  • お金の支払い問題や借金で悩む人

上記のような方を対象に国の減額制度を説明しています。

国の制度で下記のような悩みは解決出来ます!

  • 信用情報がブラック
  • 信用情報を回復させたい
  • 督促状や電話で催促がきている人
  • 50万円以上のローンや借金がある人
  • 借金の一括請求の通知がきた人
  • 債権回収会社から連絡がきた人

上記に該当する人は、一度国の減額制度を受けられるか分かる診断を受けてください!

特に、カードが強制解約されていたり、3ヶ月滞納(61日以上滞納)しているような人は信用情報がブラックになっているので必ず受けましょう。

またブラックでない人でも、クレカや消費者金融への支払いが50万以上あれば減額できる可能性があります。

減額診断では、自分がいくら減額できそうかをオンライン上で知ることができ、信用情報の最適な回復方法も教えてくれるので、一度確認してみてはいかがでしょうか。

当サイトでは、減額制度を利用するなら国家資格を持った専門家の無料診断をおすすめしています。

というのも、信頼性が確保されているだけでなく、専門家はこれまでに多くの人の問題を解決しているので、こちらの事情をわかっているからです。

少し詳しい人に相談するのと、これまで10万件以上の診断をしている専門家、どちらが頼りになるでしょうか?

当サイトでは、10万件以上の相談実績を持つ天音法律事務所をおすすめしています。

天音法律事務所は、事情を理解しており誰にも知られずにいくら減額できそうかを教えてくれます。

借金の減額って本当に出来るの?

「借金が減額できるなんて、そんな都合の良い話なんてあるの?」そう思うかもしれません。

実際に多くの疑問の声を聞きました。でも、本当に実在していて政府機関のサイトでも解説されているんです。
法務省
※法務省の解説ページより

行政なので難しい文章で書かれていますが、要するに借金の減額手続きについて解説しています。

このように国から告知されていますが、減額手続きは知名度が低いので知られていないだけなんです。

50万以上返済がある人や、半年以上返済が続くような人は減額できる可能性が高いので、今すぐ減額診断で確認することをおすすめします。

当サイトでは、減額制度を利用するなら国家資格を持った専門家の無料診断をおすすめしています。

というのも、信頼性が確保されているだけでなく、専門家はこれまでに多くの人の問題を解決しているので、こちらの事情をわかっているからです。

少し詳しい人に相談するのと、これまで10万件以上の診断をしている専門家、どちらが頼りになるでしょうか?

当サイトでは、10万件以上の相談実績を持つ天音法律事務所をおすすめしています。

天音法律事務所は、事情を理解しており誰にも知られずにいくら減額できそうかを教えてくれます。

日本の借金相談件数

お金の問題で困っている人は日本には大勢居るんです。
借金相談の件数
※多重債務者対策を巡る現状及び施策の動向(首相官邸サイトより)

これはあくまで消費者窓口に相談した人一部の記録です。
民間の窓口を合わせると借金問題の相談は年間約100万件以上あると言われています。

特に、収入の少なさや買い物のローンが原因で返済が厳しくなり悩む人が多いです。

悩んでいるのは、あなただけではないので借金に負い目を感じないでください。

解決するための制度があります。

繰り返しますが、日本では年間約100万人以上の人が減額手続きを行っています。

まずは、一旦減額診断をしてみましょう。

実際に自分がどれだけ減額できるか確認することができるので悩みを軽くすることができるはずです。

当サイトでは、減額制度を利用するなら国家資格を持った専門家の無料診断をおすすめしています。

というのも、信頼性が確保されているだけでなく、専門家はこれまでに多くの人の問題を解決しているので、こちらの事情をわかっているからです。

少し詳しい人に相談するのと、これまで10万件以上の診断をしている専門家、どちらが頼りになるでしょうか?

当サイトでは、10万件以上の相談実績を持つ天音法律事務所をおすすめしています。

天音法律事務所は、事情を理解しており誰にも知られずにいくら減額できそうかを教えてくれます。