このページで分かること

督促状や催告書がきている
催促の電話がきている
リボ払いやカードの支払い遅れがある人に、支払い遅れによる信用情報のペナルティ、社会的リスクについての解説します。

支払いを減額する方法もあるため、「いますぐは払えない…」という人のための対処法も解説していきます。

知らないで損している人も多いので、軽くでも目を通すことをおすすめします。

支払い遅れによる信用情報のペナルティと社会的リスク

カードの支払い遅れが発生してしまうと、、、

ペナルティとして信用情報に傷が付き、以下の流れで取り立てが始まり、

最終的に訴えられて裁判になり差し押さえを受けてしまいます。

  1. 自分宛てに電話 ← いまココ
  2. 会社に電話
  3. 法的手続きの予告通知
  4. 残債の一括請求(強制)
  5. 訴えられて裁判
  6. 差し押さえ(毎月の給料や財産を差し押さえられる)


特に、会社に電話が来ると、会社の人に金銭トラブルがバレてしまう恐れがあります。

また、支払い遅れが61日以上(3ヶ月目)続くと信用情報機関に金融事故として登録されてしまい、完済後5年間はクレジットカードなどが使えなくなります。

カードが使えなくなると、生活が不便になり、家族や友人に金銭トラブルがバレる恐れがあります。

ペナルティを避けるために可能であれば、今すぐ支払いをすることをおすすめします。

「いますぐは払えない…」という人の支払いを減額する救済措置について

「いますぐは払えない…」という人は、救済措置を利用した減額が出来るか調べてみてください。
(オンライン診断で1分程度の入力ですぐに出来るものです。)

実はカードの支払い遅れやカードローンは救済措置を利用することで、大幅に減額することができます。

泣女性

毎月の返済がキツい…給付金みたいなものは無いかな…

このような悩みがある人が対象の制度で、

実在する法律事務所が運営するサイト無料でオンライン診断が出来るようになっています。

リボ払いも減額できるかも

WEB診断は1分程度の入力で、匿名で誰にもバレずに減額診断できます。)
減額された分、手元のお金が残るので生活に余裕がでるはずです!

減額診断は信用できるのか?

減額診断は、国家資格を持った弁護士事務所が運営しています。

下記のように法務省で解説されている手続きを基にしています。

※出典元 法律事務所の解説ページ

要するにローンや請求などの債権の減額について解説しています。

このように告知されていますが、減額手続きは知名度が低いので知られていないだけなんです。

こういった救済手続きが用意されているのに、利用する人はまだまだ少ないのが現状です。

まずは減額できないかを確かめてみることをおすすめします。

リボ払いも減額できるかも

※無料診断なので契約や料金などは発生しません。

WEB診断は1分程度で入力できて、匿名で誰にもバレず減額の診断ができます。)


上記のような企業から請求が来ている人は減額出来る可能性があります!

注意しないといけないのが、こちらから手続きしなければ一切減額されません。
※カード会社や消費者金融が、勝手に減額してくれることはありません。

毎月の支払いや返済があれば、一度減額されるのか調べてみることをおすすめします!

減額制度を知らない人は…

支払いがなかなか終わらないローンや、カードの返済やがある人は、減額できないか調べてみてください。

支払いが残ったまま放置すると

返済出来ずにいることで受ける損

  1. 職場に返済の催促の電話がくる
  2. 金利の分返済額が増え続ける
  3. 家族や知り合いに借金をしていることがバレる
  4. 金欠が続いて精神的に余裕がなくなる

このような負のスパイラルに陥ってしまいます。

減額診断は匿名できて、自分に合ってなかったら途中でやめてしまっても大丈夫なので、一度試してみてください。

リボ払いも減額できるかも

※無料診断なので契約や料金などは発生しません。

WEB診断は1分程度で入力できて、匿名で誰にもバレず減額の診断ができます。)


上記のような企業から請求が来ている人は減額出来る可能性があります!

注意しないといけないのが、こちらから手続きしなければ一切減額されません。
※カード会社や消費者金融が、勝手に減額してくれることはありません。

毎月の支払いや返済があれば、一度減額されるのか調べてみることをおすすめします!


※個人が特定出来ないように実例をもとにした創作した事例です