このページを読んでいる人は、

  • 長年払っていなかった借金時効にしたい
  • 今の借金時効で帳消しになるなら時効にしたい

このように思っている人ではないでしょうか。

しかし、注意してください!!

貸金業者は、金融のプロなので借金の時効を防ぐための法律を熟知しています。

内容証明で督促状がきたり、借金の催促の電話が来たことは無いでしょうか?

あの取り立ては、ただ「早く返済してくれ」というだけでなく、時効を防ぐための目的もあったんです。

借金の時効は、最後の返済から5年以上経過したら時効になりますが、この間に取り立てなどがあると時効までのカウントがリセットされてしまうのです。。。

注意!時効を進めようとすると取り立てが厳しくなる

時効で借金を無効にするには、借りた相手に書類を送付する必要があります。

時効のリセットに気づかず手続きを進めると、貸金業者には時効で踏み倒そうとしていると伝わります。

しかも厄介なこと、自分で時効の中断が行われているか調べることは出来ません。

時効の中断がいつ行われたかは、貸金業者しか分からないのです。

金融のプロが、借金を放置して時効で踏み倒させてくれると思いますか・・・?

つまり、、、

泣女性

借金の時効を狙うのは無理じゃん…

そう思っても良いでしょう。

しかし、これでは現実的に生活が苦しく返済できない人が一方的に不利になりますよね?

そこで時効とは別に、お金の問題で苦しむ人の救済手続きがあるのです!!

法務省
※法務省の解説ページより

法律のことなので難しい文章で書かれていますが、要するに借金の減額手続きについて解説しています。

このように国から告知されていますが、減額手続きは知名度が低いので知られていないだけなんです。

この減額手続きは、弁護士などの専門家を通して手続きするのが一般的ですが

WEBの発展により、専門家を頼る前に無料オンライン診断で自分がいくら減額できるか知ることができます。

「いきなり人に話すのはハードルが高い・・・」という人でも匿名で診断することができるので安心です。

当サイトでは、減額制度を利用するなら国家資格を持った専門家の無料診断をおすすめしています。

信頼性が確保されている専門家ほど人気があり、多くの相談を受けるので経験も実績も多くなるからです。

少し詳しい人に相談するのと、これまで8000件以上の診断をしている専門家、どちらが頼りになるでしょうか?

そこで、8000件以上の受任実績を持つ弁護士法人アドバンスをおすすめします。

弁護士法人アドバンスは、事情を理解しており誰にも知られずにいくら減額できそうかを教えてくれます。
※診断後、弁護士に債務整理を依頼する場合は弁護士との面談が必要になります


※上記のクレカや貸金業者から請求が来ている人は、過払い金が発生している可能性があります!

過払い金は自分で請求しなければ返金されないという理不尽なものなので、念のため調べることをおすすめします。

時効よりも借金減額を狙ったほうがいい

時効しようとすると、踏み倒しされると相手に伝わるでしょう。

そうなると、貸金業者は裁判所に訴えて法的手続きの通知を送りつけてきたり、差し押さえを行ってきます。

つまり借金の時効がきっかけで裁判になることもあるんです。

簡単に時効に出来る、踏み倒せば良いとネットで書かれているものもあります。

しかし、実際はかなり厳しいので適当な情報に踊らされないでください

時効で踏み倒すのではなく、法律の救済手続きで確実に借金を減額したほうが良いのです。

法律の救済手続きには下記のようなメリットがある

  • 借金の金利を0%にして元金だけの返済にできる
  • 現実的に返済できる金額まで減額できる(最大1/5まで減額)

このようなことが合法的に出来るんです。

借金の負担を減らしければ、無料診断だけでも良いのでいくら減額できるか調べてみましょう。

当サイトでは、減額制度を利用するなら国家資格を持った専門家の無料診断をおすすめしています。

信頼性が確保されている専門家ほど人気があり、多くの相談を受けるので経験も実績も多くなるからです。

少し詳しい人に相談するのと、これまで8000件以上の診断をしている専門家、どちらが頼りになるでしょうか?

そこで、8000件以上の受任実績を持つ弁護士法人アドバンスをおすすめします。

弁護士法人アドバンスは、事情を理解しており誰にも知られずにいくら減額できそうかを教えてくれます。
※診断後、弁護士に債務整理を依頼する場合は弁護士との面談が必要になります


※上記のクレカや貸金業者から請求が来ている人は、過払い金が発生している可能性があります!

過払い金は自分で請求しなければ返金されないという理不尽なものなので、念のため調べることをおすすめします。

日本の借金相談件数

お金の問題で困っている人は日本には大勢居るんです。
借金相談の件数
※多重債務者対策を巡る現状及び施策の動向(首相官邸サイトより)

これはあくまで消費者窓口に相談した人一部の記録です。
民間の窓口を合わせると借金問題の相談は年間約100万件以上あると言われています。

特に、収入の少なさや買い物のローンが原因で返済が厳しくなり悩む人が多いです。

悩んでいるのは、あなただけではないので借金に負い目を感じないでください。

解決するための手続きがあります。

繰り返しますが、日本では年間約100万人以上の人が減額手続きを行っています。

まずは、一旦減額診断をしてみましょう。

実際に自分がどれだけ減額できるか確認することができるので悩みを軽くすることができるはずです。

当サイトでは、減額制度を利用するなら国家資格を持った専門家の無料診断をおすすめしています。

信頼性が確保されている専門家ほど人気があり、多くの相談を受けるので経験も実績も多くなるからです。

少し詳しい人に相談するのと、これまで8000件以上の診断をしている専門家、どちらが頼りになるでしょうか?

そこで、8000件以上の受任実績を持つ弁護士法人アドバンスをおすすめします。

弁護士法人アドバンスは、事情を理解しており誰にも知られずにいくら減額できそうかを教えてくれます。
※診断後、弁護士に債務整理を依頼する場合は弁護士との面談が必要になります


※上記のクレカや貸金業者から請求が来ている人は、過払い金が発生している可能性があります!

過払い金は自分で請求しなければ返金されないという理不尽なものなので、念のため調べることをおすすめします。

減額診断のメリット

減額診断のメリットは、弁護士などの法律の専門家に会って相談しなくてもオンラインで減額できるか確認できることです。

通常の弁護士相談と比べても、時間とお金に余裕がない人でも減額できるか知ることができます。

相談することになると、減額できるか分からない状態で下記をしなければいけません。

  • 人に言いにくい事情を説明したり
  • 相談するために予定を調整したり
  • お金の問題の相談が出来る専門家のところに行かなければいけない

減額診断なら、オンラインで終わるのでこういった問題が起こさずに減額できるか知ることができます。

当サイトでは、減額制度を利用するなら国家資格を持った専門家の無料診断をおすすめしています。

信頼性が確保されている専門家ほど人気があり、多くの相談を受けるので経験も実績も多くなるからです。

少し詳しい人に相談するのと、これまで8000件以上の診断をしている専門家、どちらが頼りになるでしょうか?

そこで、8000件以上の受任実績を持つ弁護士法人アドバンスをおすすめします。

弁護士法人アドバンスは、事情を理解しており誰にも知られずにいくら減額できそうかを教えてくれます。
※診断後、弁護士に債務整理を依頼する場合は弁護士との面談が必要になります


※上記のクレカや貸金業者から請求が来ている人は、過払い金が発生している可能性があります!

過払い金は自分で請求しなければ返金されないという理不尽なものなので、念のため調べることをおすすめします。