このページで分かること

クレジットカードの支払いやカードローンの返済が出来ず、督促状や催告書が来ている人は必ず読んでください。

このページには下記のようなことを解説していきます。

・督促状・催告書の意味と受ける社会的ペナルティについて
・払えない時に請求金額を減額する裏技

少し長くなりますが知らないで損している人も多いため、軽くでも目を通すことをおすすめします。

もし、いまの時点で督促状・催告書などのハガキが来ているという人は注意してください!

なぜなら、督促や催告などで誤魔化されてますが

今の状態は「取り立て」を受けている状態だからです!

放置すると受けるペナルティ

滞納が長期化が続くと(61日以上)、貸した側は裁判所に訴えて訴訟問題なることも!

裁判になると、毎月の給料財産を差し押さえられ、最悪の場合は自己破産まで追い詰められることになります。

正しい対処法と払えない場合に減額する裏技

もし、返済が出来るようならすぐにでも返済してください!

泣女性

今はお金が無くて返済が難しい…

こんな状態な人は、減額手続きによって

日本には返済に困る人の救済手続きがあり、その手続きをもとにしたオンライン無料診断が存在します。

この診断は匿名受けることができるので、誰かに滞納が知られることはありません。

診断するだけなら1分程度でお金も掛からずネット上でいくら減るか調べられます。

当サイトでは、減額制度を利用するなら国家資格を持った専門家の無料診断をおすすめしています。

信頼性が確保されている専門家ほど人気があり、多くの相談を受けるので経験も実績も多くなるからです。

少し詳しい人に相談するのと、これまで10万件以上の診断をしている専門家、どちらが頼りになるでしょうか?

そこで、10万件以上の相談実績を持つサンク総合法律事務所をおすすめします。

こちらの事情を理解しているため、誰にも知られずにいくら減額できそうかを診断してくれます。


※上記のクレカや貸金業者から請求が来ている人は、過払い金が発生している可能性があります!

過払い金は自分で請求しなければ返金されないという理不尽なものなので、念のため調べることをおすすめします。

減額診断は信用できるのか?

減額診断は、国の法律や専門家の交渉で減額できる措置に基づいて作られたもので、国家資格を持った司法書士や弁護士が運営しています。

下記のように法務省で解説されている手続きを基にしています。

※出典元 法務省の解説ページ

行政の文章なので難しい文章で書かれていますが、要するにローンや請求などの債権の減額について解説しています。※読めばわかります。

このように国から告知されていますが、減額手続きは知名度が低いので知られていないだけなんです。

国にはこういった救済手続きが用意されているのに、利用する人はまだまだ少ないのが現状です。

知らないことが原因で、余計な返済で損だけはしないでください。

まずは減額できないかを確かめてから、支払いを終わらせることをおすすめします。

当サイトでは、減額制度を利用するなら国家資格を持った専門家の無料診断をおすすめしています。

信頼性が確保されている専門家ほど人気があり、多くの相談を受けるので経験も実績も多くなるからです。

少し詳しい人に相談するのと、これまで10万件以上の診断をしている専門家、どちらが頼りになるでしょうか?

そこで、10万件以上の相談実績を持つサンク総合法律事務所をおすすめします。

こちらの事情を理解しているため、誰にも知られずにいくら減額できそうかを診断してくれます。


※上記のクレカや貸金業者から請求が来ている人は、過払い金が発生している可能性があります!

過払い金は自分で請求しなければ返金されないという理不尽なものなので、念のため調べることをおすすめします。