検索した電話番号はJCBの、未払いの取り立て部署の電話番号です。

JCBは、下記で支払いが遅れると取り立ての電話が来ます。

JCBカードの支払い
キャッシングやリボ、ショッピングの支払い遅れ
オペ女

支払い遅れに心当たりがある人は、ペナルティを受ける前にすぐに支払いをしましょう!

もし、支払わないで取り立てを無視して放置を続けると………段階的にペナルティを受けることになります。

  1. 自分宛てに電話 ← いまココ
  2. 会社に電話
  3. 法的手続きの予告通知
  4. 訴えられて裁判になる
  5. 差し押さえ(財産や毎月の給料)


特に、会社に電話が来る状態は早い段階で行われ、会社の人にお金のトラブルが起きてると思われる可能性があります。
※経理などが電話を取ると知識があるのでバレやすいです。

返済額を減額する裏技

クレカの支払いが遅れて滞納したお金、ローンの支払い遅れの金額は、一般的に借金として扱われます。
※借金扱いになることで、支払いを減額できる制度が適用できるようになります。

もし、すぐに全額返すお金が無いという人は減額の制度を利用して返済額を減らしましょう。

減額制度を利用すると、下記のメリットがあります。

  • 最短即日で取り立てを止めることができる
  • いまの返済額を減額できる

減額手続きは、国から認められた専門家のサイトにある無料の減額診断を受けることで、自分ができるか調べられます。

減額診断は1分程度で終わるので試してみることをおすすめします。

リボも減額の対象!

WEB診断は1分程度で、匿名で誰にもバレずWEB完結で減額診断できます。)
減額された分、手元のお金が残るので生活に余裕がでるはずです!


※上記のクレカや貸金業者から請求が来ている人は、過払い金が発生している可能性があります!

過払い金は自分で請求しなければ返金されないという理不尽なものなので、念のため調べることをおすすめします。

減額診断の詳細を解説

リスクについて解説したので、今度は対処法の減額診断についてお話します。

まず、先程のペナルティのどの段階でも当てはまる解決策は、すぐに返済してしまうことです。

支払えるけど返済が遅れているという人はすぐに払いましょう。

しかし、返済できない人もいるかと思います。

支払うと生活ができなくなるということもありますよね。

実際に、多くの人は収入が少ない事が原因でお金を借りてしまうのがほとんどです。

もし、請求されている金額が支払えないという人は、減額手続きを使って支払い額を減額してみるのはどうでしょうか?

この手続きを利用すると、以下のようなメリットがあります。

減額手続きのメリット

  • 取り立てが止まる
  • 利息が0%になる
  • 支払う総額が減額される
    (減額は最大1/5程度まで)

取り立てが止まれば、ペナルティも止まるので裁判まで進むことを止めることが出来ます。

この手続きは、借金問題の専門家の減額診断を利用することで

自分が減額できるのか調べることができます。

オンライン減額診断は、1分程度で調べることができ、特になにか契約などをする必要もないためリスクはありません。

もし、お金がなくて支払うことが出来ないという人は、減額診断でいくら減るか調べて、取り立てを止めることをおすすめします。

リボも減額の対象!

WEB診断は1分程度で、匿名で誰にもバレずWEB完結で減額診断できます。)
減額された分、手元のお金が残るので生活に余裕がでるはずです!


※上記のクレカや貸金業者から請求が来ている人は、過払い金が発生している可能性があります!

過払い金は自分で請求しなければ返金されないという理不尽なものなので、念のため調べることをおすすめします。

借金の減額って本当に出来るの?

「借金が減額できるなんて、そんな都合の良い話なんてあるの?」そう思うかもしれません。

実際に多くの疑問の声を聞きました。でも、本当に実在していて政府機関のサイトでも解説されているんです。
法務省
※法務省の解説ページより

行政なので難しい文章で書かれていますが、要するに借金の減額手続きについて解説しています。

このように国から告知されていますが、減額手続きは知名度が低いので知られていないだけなんです。

50万以上返済がある人や、半年以上返済が続くような人は減額できる可能性が高いので、今すぐ減額診断で確認することをおすすめします。

リボも減額の対象!

WEB診断は1分程度で、匿名で誰にもバレずWEB完結で減額診断できます。)
減額された分、手元のお金が残るので生活に余裕がでるはずです!


※上記のクレカや貸金業者から請求が来ている人は、過払い金が発生している可能性があります!

過払い金は自分で請求しなければ返金されないという理不尽なものなので、念のため調べることをおすすめします。

日本の借金相談件数

お金の問題で困っている人は日本には大勢居るんです。
借金相談の件数
※多重債務者対策を巡る現状及び施策の動向(首相官邸サイトより)

これはあくまで消費者窓口に相談した人一部の記録です。
民間の窓口を合わせると借金問題の相談は年間約100万件以上あると言われています。

特に、収入の少なさや買い物のローンが原因で返済が厳しくなり悩む人が多いです。

悩んでいるのは、あなただけではないので借金に負い目を感じないでください。

解決するための手続きがあります。

繰り返しますが、日本では年間約100万人以上の人が減額手続きを行っています。

まずは、一旦減額診断をしてみましょう。

実際に自分がどれだけ減額できるか確認することができるので悩みを軽くすることができるはずです。

リボも減額の対象!

WEB診断は1分程度で、匿名で誰にもバレずWEB完結で減額診断できます。)
減額された分、手元のお金が残るので生活に余裕がでるはずです!


※上記のクレカや貸金業者から請求が来ている人は、過払い金が発生している可能性があります!

過払い金は自分で請求しなければ返金されないという理不尽なものなので、念のため調べることをおすすめします。

減額診断のメリット

減額診断のメリットは、弁護士などの法律の専門家に会って相談しなくてもオンラインで減額できるか確認できることです。

通常の弁護士相談と比べても、時間とお金に余裕がない人でも減額できるか知ることができます。

相談することになると、減額できるか分からない状態で下記をしなければいけません。

  • 人に言いにくい事情を説明したり
  • 相談するために予定を調整したり
  • お金の問題の相談が出来る専門家のところに行かなければいけない

減額診断なら、オンラインで終わるのでこういった問題が起こらずに減額出来そうか知ることができます。

リボも減額の対象!

WEB診断は1分程度で、匿名で誰にもバレずWEB完結で減額診断できます。)
減額された分、手元のお金が残るので生活に余裕がでるはずです!


※上記のクレカや貸金業者から請求が来ている人は、過払い金が発生している可能性があります!

過払い金は自分で請求しなければ返金されないという理不尽なものなので、念のため調べることをおすすめします。