【危険!】法的手続きの予告通知を無視するな!払えない人の間違える対応

お伝えするのは、カードの未払いやローン・借金が払えず滞納している人が対象で

nayamu-zyosei

  • 法的手続きの予告通知が送られてきた
  • 裁判所からの通知がきた
  • 法的手続きに移行しますという書類が送られてきた

という方が対象です。

法的手続きの予告通知が送られてきたということは、借入元の

借入元の例

  • 消費者金融
  • 債権回収会社
  • 法律事務所
  • 各サービスの債権取立部署

上記のような組織・団体が裁判所に申請して法的手続に移行したという証拠です。

つまり、いま訴えられる寸前の危険な状態ということです。

結論を言うと、このまま通知を無視し続けると、裁判が始まり、一括請求を受けて差し押さえを受けることになります。

  • こうなると財産が没収され
  • 今後5年以上クレカも使えなくなり
  • 給料の4分の1を毎月差し押さえられ
  • 職場や家族にも借金がバレてしまいます
不安女

つまり、このまま督促状や催告書など、なにかしら通知が来ていたの人は訴えられることが決まった危険な状態

このような状態になると、防ぐ方法は2つだけです。

  1. 一括で全額返済する
  2. 減額制度を利用して裁判を止める

一括返済が可能な人は、今すぐに行って下さい。

お金が無くて払えないという人は、国の減額制度を利用して請求を減らすことをおすすめします。

国の減額制度の効果

  • 取り立てを止めて裁判になることを防ぐ
  • 今後の利息を0%にする
  • 請求の総額を5分の1まで減額する
  • 請求を支払う必要が無い状態にする

このようなことが、法的な正当性を持って実現することが可能なのです。

ただし、制度の利用には時間と手間が掛かります

そこで当サイトでは一度、自分が減額できるのか、オンライン診断で調べることをおすすめしています。

オペ女

いまでは、昔と違ってネット上で法律の力で請求を減額できるかオンラインで判定できます。

診断の結果が出ても自力で解決したければ制度を頼らなくても良く減額できることが分かれば利用すれば良いのです。

最後は自分の手で決められます。

紹介した方法以外でも他のサイトで見つけた方法を含めて自分が一番良いと方法を選んでください。

減額診断は信用できるのか?

当サイトが紹介している減額診断は、国家資格を持った司法書士が運営している減額診断です。

診断も、法務省で解説されている手続きを基に減額できるかを診断する内容です。

※出典元 法務省の解説ページ

行政の文章なので難しい文章で書かれていますが、要するにローンや請求などの債権の減額手続きについて解説しています。※読めばわかります。

このように国から告知されていますが、減額手続きは知名度が低いので知られていないだけなんです。

国にはこういった救済制度が用意されているのに、利用する人はまだまだ少ないのが現状です。

知らないことが原因で、余計な返済で損だけはしないでください。

まずは減額できないかを確かめてから、支払いを終わらせることをおすすめします。

日本の借金相談件数

お金の問題で困っている人は日本には大勢居るんです。

※多重債務者対策を巡る現状及び施策の動向(首相官邸サイトより)

これはあくまで消費者窓口に相談した人一部の記録です。民間の窓口を合わせると借金問題の相談は年間約100万件以上あると言われています。

特に、収入の少なさや買い物のローンが原因で返済が厳しくなり悩む人が多いです。

悩んでいるのは、あなただけではないので借金に負い目を感じないでください。

解決するための制度があります。

日本では年間約100万人以上の人がこの減額手続きを行っています。

まずは、一旦減額診断をしてみましょう。

実際に自分がどれだけ減額できるか確認することができるので悩みを軽くすることができるはずです。

減額できた体験者の声

誰にもバレずに1年半で借金を完済した28歳Aさんの場合


ファッションに旅行と派手なものが好きで、学生時代から借り入れには抵抗が無かった私。気がついたら、借入額が膨れ上がっていました…。しかし、当時学生時代から付き合っていた彼女との結婚を意識し始めていて、彼女に迷惑はかけたくないと思い、意を決して匿名の無料相談をしてみました。するとなんと「任意整理で解決出来ますね」とのアドバイス。お陰様で彼女にもバレず、心配もかけさせずに済みました。今では、借金問題は解決し、晴れやかな気分で結婚の準備を進めています。相談して本当に良かったです。

二人三脚で借金解決!営業職41歳のBさんの場合


営業職としてガツガツ働き、接待や飲み会が多く、経費の自腹切りを続けて気がついたら多重借り入れ返済に追われるようになっていました。周りもやっているから仕方がないと思っていましたが、将来のことを考えると次第に辛くなり、ダメ元で専門家である弁護士に相談することにしました。「Bさんの場合は、返済額を減らすことができます」と言われ、それからは、弁護士の先生に励まされながら、二人三脚で個人再生の道を歩みました。その間、会社の上司や同僚に知られることもなく、今では自分の生活を見直し、借金の無い普通の生活を送れています。

借金も奨学金もまとめて完済した33歳Cさんの場合


学生時代の奨学金を返済し終わらない内に結婚し、家庭に入ったのですが、好景気時に組んだ住宅ローンのダブルパンチ。パートをしながら子どもを育てていましたが、貯金が目減りするのに借り入れは増える一方で家計が逼迫…。
 心身ともに疲れ果てて、最後の頼みの綱として専門家の先生に相談したところ、「民事再生なら、家を手放す必要はありません」と嬉しいお答えが!
 主人に相談し、すぐに手続にとりかかって頂きました。今では奨学金を完済し、我が家に合ったペースで返済する事ができています。親身に相談に乗って下さった先生には感謝しかありません。

借金を減らす3つの方法

任意整理


借金の総額は減らさずに、毎月の返済額を減らして、借金を完済する場合
※総額が減る場合もあります。

個人再生(民事再生)


借金の総額を減らして、毎月の返済額を減らし、借金を完済する場合(〜3年程度)
自分の財産を手放さなくて済むメリットがあります。

自己破産


借金の返済自体が難しいために、借金そのものを無くす場合

諦める前に、まずは気軽に診断してみましょう。

実名でなくともOK、完全無料で借金減額診断!