Googleの検索やネットの広告で、「借金減額シミュレーター」を見たことがあるという人は多いのではないでしょうか。

「借金減額シミュレーター」は過去に問題になり、大阪地検特捜部から捜索差押を受け、2018年に運営停止になりました。
※弁護士資格の無い人間が借金減額の手続きを行っていると疑われたことが原因

また、借金減額シミュレーターの利用者は相談先を選べないという一方的な流れも問題とされました。

借金減額シミュレーターは一方的な相談窓口として使われていた

そのため、いまだにある借金減額シミュレーターを見たら、運営元がしっかりしてるか調べないといけません。

現在では、シミュレーターよりも法律事務所や司法書士事務所など運営元がはっきりしているオンライン減額診断が主流となっています。

このオンライン減額診断はLINEのようなチャット形式の物が多く、質問に答えるだけでどの程度減額されるかを教えてもらうことが出来ます。

しかも普通の法律事務所などの相談とは違い、匿名で無料診断できるので借金がバレる心配がありません。

もし、借金返済に困っているようであれば、このオンライン減額診断を利用してみてはどうでしょうか。

借金・ローンの請求は減額できます

借金・ローンなどお金の問題で悩んでいる人信用情報がブラックになっている人はなるべく早く減額制度を利用することをおすすめします。

借金理由
※多重債務者対策を巡る現状及び施策の動向(首相官邸サイトより)

グラフのように借金の理由は人それぞれですが、特に収入が少ない人が借金をしてしまい生活に苦しむ人が増えています。

当サイトでは、お金の支払い問題や借金で悩む人を、国の減額制度で負担を軽くする方法をお伝えしています。

下記のような悩みは解決出来ます!

  • 督促状や電話で催促がきている人
  • 50万円以上のローンや借金がある人
  • 借金の一括請求の通知がきた人
  • 債権回収会社から連絡がきた人

上記のように借金やローンの請求が来ている方は、普通に返済する前に減額診断を受けてください!

なぜなら、国の借金減額の制度を利用することで何もしないで返済するよりも早く返済が終わるからです。

国の借金減額制度が利用できれば、下記のように負担を減らせる可能性があります。

  • 借金が半分まで減額された
  • カードの支払い額が減額された
  • 過払い金があって50万円戻ってきた
  • 月々の返済が6万→3.5万になって負担が減った

このように、負担を減らし生活を楽にすることができます。

減額診断では、自分がいくら減額できそうかをオンライン上で知ることが出来るので確認してみてはいかがでしょうか。

借金の減額って本当に出来るの?

「借金が減額できるなんて、そんな都合の良い話なんてあるの?」そう思うかもしれません。

実際に多くの疑問の声を聞きました。でも、本当に実在していて政府機関のサイトでも解説されているんです。
法務省
※法務省の解説ページより

行政なので難しい文章で書かれていますが、要するに借金の減額手続きについて解説しています。

このように国から告知されていますが、減額手続きは知名度が低いので知られていないだけなんです。

50万以上返済がある人や、半年以上返済が続くような人は減額できる可能性が高いので、今すぐ減額診断で確認することをおすすめします。

日本の借金相談件数

お金の問題で困っている人は日本には大勢居るんです。
借金相談の件数
※多重債務者対策を巡る現状及び施策の動向(首相官邸サイトより)

これはあくまで消費者窓口に相談した人一部の記録です。
民間の窓口を合わせると借金問題の相談は年間約100万件以上あると言われています。

特に、収入の少なさや買い物のローンが原因で返済が厳しくなり悩む人が多いです。

悩んでいるのは、あなただけではないので借金に負い目を感じないでください。

解決するための制度があります。

繰り返しますが、日本では年間約100万人以上の人が減額手続きを行っています。

まずは、一旦減額診断をしてみましょう。

実際に自分がどれだけ減額できるか確認することができるので悩みを軽くすることができるはずです。

減額診断のメリット

減額診断のメリットは、弁護士などの法律の専門家に会って相談しなくてもオンラインで減額できるか確認できることです。

通常の弁護士相談と比べても、時間とお金に余裕がない人でも減額できるか知ることができます。

相談することになると、減額できるか分からない状態で下記をしなければいけません。

  • 人に言いにくい事情を説明したり
  • 相談するために予定を調整したり
  • お金の問題の相談が出来る専門家のところに行かなければいけない

減額診断なら、オンラインで終わるのでこういった問題が起こらずに減額出来そうか知ることができます。