ー 借金の減額制度があるって本当? ー

日本には、国が個人に対して借金の救済制度を用意しています。

その制度のことは通称「債務整理」と呼ばれ、この制度が利用できるかどうかを調べるのが借金減額診断です。

国の借金救済制度「債務整理」は、年間で約100万人以上が利用しているとも言われています。

借金生活が続き、滞納したり返済出来ない日が続くと下記のようなペナルティが発生してしまいます。

滞納によるペナルティ

  1. 遅延損害金の発生
  2. 取り立ての開始
  3. 勤務先への連絡
  4. 法的手続きの予告通知
  5. 信用情報機関に金融事故登録(ブラックリスト化)
  6. 裁判所に訴えられる
  7. 一括請求の命令
  8. 差し押さえ(財産と毎月の給料の4分の1が差し押さえ)

これらは、借金が返済出来ないで滞納状態になると段階的に受けてしまいます。


遅延損害金は返済が遅れて翌日から、1週間以上滞納する取り立ての電話やハガキが届くようになります。

この連絡を無視し続けると、今度は勤務先にも電話が来てしまい借金がバレるリスクが発生します。

そして、滞納が3ヶ月(61日以上)続くと信用情報機関に金融事故情報が登録されます。

事故情報に載ると、完済してから5年以上立つまでクレジットカードや住宅・自動車ローンなどの各種ローンを利用できなくなります。

さらに、今度は裁判所に訴えられて裁判所から支払い通知が来るようになります。

この通知に応じないでいると、本格的に法的手続きが開始され一括請求の命令が下ります。

裁判所からの一括請求を受けると、分割で返済する権利を失うことになり、全額一括返済を必ず支払わなければいけなくなります。

支払うことが出来なければ、差し押さえを受けることになります。

銀行口座は凍結し返済に回され、所有する財産も売却され、勤務先からの給料の4分の1を返済に回されます。

この段階で、勤務先に借金問題で訴えられたということがバレてしまいます。

これらのペナルティを避けられるのが借金救済制度


ペナルティを受けると、借金をしている人には辛い借金地獄と言える生活が待っているでしょう。

債務整理は、このような状態を避けるための借金救済制度なのです。

借金救済制度をすれば、ペナルティを避けるだけでなく金利の撤廃や減額といったメリットがあります。

国の借金救済制度のメリット

  • 取り立てを最短即日で止めることが出来る
  • 一括請求を分割払いに戻すことが出来る
  • 金利が0%になる
  • 毎月の返済金額が減る(例:月7万→4.5万)
  • 借金が10分の1まで減額される
  • 借金が帳消しになる

返済が苦しいと感じている人は、一度この借金救済制度を自分は適用できるか確認してみるのはどうでしょうか。

救済制度の適用ができるかどうかは、借金問題に強い専門家のWEB診断を利用することで調べることが出来ます。

「診断したらすぐに専門家に依頼」というわけではないので、他の法律事務所よりも気持ちを楽にして調べることが出来るはずです。

滞納してないけど毎月返済の負担を減らしたい人も多くいる

債務整理を行う人の多くは、毎月の返済の負担を軽くしたいという人が多いです。

日本人の特徴で、責任感の強い根が真面目な人が多く、少しずつでもなんとか返済しないといけないと思う方が多いです。

それでも、現実は厳しく返済のせいで毎月の生活をが苦しいのは変わりません。

そんな人を、少しでも減らして返済の無い元の生活に戻すための制度が債務整理です。

「払えない…きつい…」こういう思いを少しでもしているなら、もう楽になっても良いかと思います。

債務整理が出来る人の条件とは?

ここまで、債務整理の効果などを説明してきましたが、債務整理を行うには条件があります。

返済能力や返済すべき残額によって、適用できる減額範囲が変わります。

人によっては金利が0%になったり、借金が大幅に減額になったりなど個人差があります。

そのため、制度を利用する前に借金の減額診断で自分がいくら減るのかを調べることをおすすめします。

この減額診断は、借金問題に強い専門家のサイトで無料で診断できるので確認してみて下さい。

診断して減額できるのがわかれば、借金救済制度を利用すると良いでしょう。

オンラインの減額診断では、直接専門家に相談しなくても減額できるかどうかが送られてくるため、おすすめの機能です。