借金返済の体験談

パチンコで作ったの借金の返済体験談

なぜパチンコで借金をしてしまったのか?~借金が100万を超えるまで~

パチンコにハマって作った借金が100万を超えた

パチンコの面白さを知ってしまった。。

 

自分はどちらかと言うと堅実的な方だと思っていました。
大学もきちんと卒業し、ちょっと有名な企業に入社したことで人生の勝ち組!だとも思っていました。

 

入社して1年も経つ頃には、将来の事も考えて給料から多少の貯金もできるようになり、生活にも余裕が出てきました。

 

そんな時、彼女もいなかった自分は大学時代の友達と遊ぶことが多く、軽い気持ちで友達と一緒にパチンコ屋に行ったのです。もともとゲームが好きだったので、すぐパチンコ台の面白さに夢中になり、3000円を使ったところで当たりを引いてしまいました。

 

当たると尚更面白くなるのがパチンコの怖い所です。
その日はビギナーズラックもあり、あっと言う間に2万円分の玉がでて、換金することが出来ました。

 

勝ったお金で友人と焼肉でお祝いまでしたのです。

 

堅実だと思っていた自分は、1日5000円までと決めて仕事の帰りや休日にパチンコに行くようになりました。
5000円で勝つ日もあれば、当然負ける日もありました。

 

最初のうちは負けても5000円で止めていたのですが、ちょっと勝ちが続くと、「もう少しで当たるかも」とか「昨日勝った分があるし」とかいろいろ言い訳をしながら、ずるずると1万、1万5000円とつぎ込んでしまっていました。

 

パチンコは5000円で止めると5000円の負け、でも6000円で当たりを引くと勝てる事も多く、いつ辞めればいいのか?
どのくらいつぎ込めば当たるのか?全く予想できません。

 

大負けした日であっても、あと1万つぎ込んでいたら勝てていたかもと淡い夢を見る様になってしまったのです。

 

 

パチンコで負けが続き、貯金がなくなる日々

 

それからと言うもの、暇さえあればパチンコ屋に通う日々。

 

確かに勝つ日もありましたが、圧倒的に負ける日々の方が多く、その度に銀行からお金を下ろし、また次の日パチンコ屋に向かうという日常を過ごしていました。

 

そのうち、給料のほとんどがパチンコに消えていくようになり、日常の水光熱費や家賃は貯金から引き落とされるように。
しかし、そこそこ貯金があったため、危機感はほとんどありませんでした。

 

しかし、パチンコを始めて1年が経つ頃、貯金が底をついていました。

 

それまで、あまり気にしない様にしていたのですが、ガス代の滞納通知が来て、初めて自分の預金残額を確かめたのです。
その時の残高はなんと5000円弱。一時期は100万まで行こうかとしていた貯金がたった1年で
5000円にまで減ってしまったのです。

 

しかし、それは当たり前のことで、パチンコに負けると給料を使い、たとえ勝っても貯金せずに美味しいものを食べたり、
次の軍資金にしたりして、まったく貯金することがなかったのですから。。

それどころか、使ってしまった給与の代わりに今迄の貯金で生活費を賄っていたら、
たちまち貯金が減るのは当然の事だったのです。

クレジットカードで初めてのキャッシング

ガスや電気が止まってしまうのに耐えきれなかった自分はどうにかしてお金を作る事を考えました。
しかし、自分の事を堅実だと思っている両親には頼みにくく、良い会社に入社したと思われている友人にもお金がないと思われたくありませんでした。

そんな時、会社に入ってすぐ作ったクレジットカードの事を思い出しました。

これまではネットで買い物をする時ぐらいしか使っていなかったカードでしたが、キャッシング枠を50万にした記憶がありました。

恐る恐るATMに行ってキャッシングを選択し、試しに10万と入力したら、なんのためらいもなく10万が出てきました。
あまりのあっけ無さに、かえってびっくりしたくらいでした。

この10万があれば、生活費も払えるしまた給料日まで何とか持ちこたえらえると安心したのを覚えています。

しかし、この10万は返さないといけない借金である事に気付かないふりをしていました。
パチンコで勝てれば10万ぐらいすぐに返せると思っていたのも事実です。

 

ここから、地獄のの借金生活が始まっていくのです

どんどん増える借金がやばくなってきた

増える借金にやばいと感じた時、無料相談で返済の光が見えた

 

1回目のキャッシングで借りた10万はあっという間になくなってしまいました。

 

その頃から急に負けが続くようになり、せっかくの給料もすぐに使い切ってしまい、また生活費に困ることになりました。
10万の返済もあるのにどうしようかと考えていたとき、キャッシング枠が50万だったことを思い出しました。

 

「まだ、10万しか借りていないんだから、あと40万も借りれる!!」

 

その時の自分は目の前のお金の事しか考えていませんでした。いま40万借りれば10万の借金も返せるし、
生活費としても2,3ヶ月は持つだろうと思っていました。

 

すでにその時は罪悪感もなく、ATMで40万を下ろし、10万の借金を返済して残り30万で生活をしようと考えていました。

良く考えると、40万の借金をしたのに手元には30万しかない。。
と言うことは、今すぐ返しても10万の借金が残るのに、その時の自分は30万、儲かったぐらいのつもりでいました。

借りた40万はあっと言う間に生活費とパチンコ代でなくなってしまいました。
また、家賃の滞納や水光熱費の請求が溜まり出すようになり、真剣にどうにかしなければと焦っていました。

 

ここで、パチンコを辞めればいいのですが、それでもやめられないのがパチンコなんです。頭の中では「借金やばい!!」と思っているのですが、どうしても行かずにいられないのです。

そのころ、パチンコばっかりしている自分を心配して友人が女性を紹介してくれました。
とてもいい子で、お付き合いが始まったのですが、とても借金があるとは言い出せずにいました。

デート代も割り勘ではかっこ悪いので、毎回奢っていたら、やはりお金は減る一方。
挽回しようとして、デートの無い日にパチンコに行くと大負けしてしまう。

いつの間にかクレジットカードの枚数分、キャッシングを繰り返し、借金は100万になっていました

パチンコの借金の体験談

保証人になっていたせいで自己破産することに

私の主人が自己破産をした時は、一年前の32歳の時でした。

子供が生まれるのに借金が

主人は、会社員をしており年収200万円ほどでした。

アコムに100万円、プロミスに50万円、主人の前妻の車購入の保証人になっておりました。

主人の前妻は、離婚して以降車のローンは全く払ってなくこちらに80万円の請求がきていました。

私たち夫婦には子供が産まれる予定だったので、このままではどうにも出来ないという結論になり、自己破産することを決意しました。

自己破産するにあたり、無料の弁護士に相談してみるべきなのか司法書士事務所に相談するべきなのか悩みました。

ネットなどで調べた結果、何度も通わないといけないことなどを踏まえ、近所の司法書士事務所に相談に行くことに決めました。

自己破産を選ぶことに

相談に行き、まず私たちには債務整理がいいのか自己破産がいいのかをもう一度相談しました。

相談した結果、自己破産のほうがベストというご意見をもらいました。

自己破産をすると決めてからは、書類を集めたりとても大変でしたが自己破産をすると決めた以上頑張りました。

自己破産費用も18万ほどしましたが、司法書士事務所の方の意向で月5000円の分割払いにしてもらいました。

自己破産に必要な書類を集め、裁判所に主人が出向き自己破産したいという意向を話しました。

数ヵ月後、自己破産が決定しました。

ローンを組むことはできないけど

現在私たちは、ローンを組むことが出来ません。すべて現金のみの生活をしています。

とても大変ではありますが、自己破産をする前よりも充実した生活をしています。

自己破産をする前は、督促の電話、督促の手紙が毎日の様に届き毎日お金の事だけを考えていました。

もし現在、借金で苦しみどうすることも出来ない方がいるのならば勇気を出して相談してみて下さい。

まず、相談するだけで必ずなにかしらの出口が見えます。

私たちも相談にいくまでに本当に勇気がいりました。

でも、今となってはもっと早く相談に行けばよかったなと心から思います。