信用情報を最短で回復させる方法とは?

このページでは、金融事故リストに載る条件と、信用情報の最短回復方法をお伝えします。

クレカの支払いが遅れて滞納したお金、ローンの支払い遅れの金額は、一般的に借金として扱われます。

以下の1つでも満たすと「金融事故リストに載った」と考えてください。

金融事故リストに載る条件

61日以上連続で延滞した
カードが強制解約された
新しいカードが作れない

どれにも該当していなければ、金融事故リストに載っていないので安心してください!

仮に金融事故リストに載った場合、信用情報を回復させる方法は1つしかありません。

信用情報回復の条件

  1. 現在のローンや借金をすべて完済させる
  2. 完済後5年の経過を待つ

つまり、「ローンや借金を最速で返済し5年経過を待つ」これ以外ありません。

抜け道は一切ありません。
※あっても犯罪行為に該当するでしょう。

信用情報を最短で回復させるには?

信用情報を最短で回復させたければ、ローンや借金の減額をおすすめします。

日本には国が認めている借金の救済手続きが存在しています。

※法律事務所の解説ページより
この手続きを利用して返済できる金額まで減額しましょう。

信用情報が真っ暗な人は、この手続きで減額できる可能性が高いです。

この減額手続きは借金問題の法律の専門家が運営するサイトで、無料で匿名診断することができます。

リボ払いも減額できるかも

WEB診断は1分程度で入力できて、匿名で誰にもバレず減額の診断ができます。)
その後手続きに進めば減額された分、手元のお金が残るので生活に余裕がでるはずです!

クレカや消費者金融から請求が来ている人は減額出来る可能性があります!

注意しないといけないのが、こちらから手続きしなければ一切減額されません。
※カード会社や消費者金融が、勝手に減額してくれることはありません。

支払い・返済に心当たりがあれば一度減額されるのか調べてみることをおすすめします!

借金理由
※多重債務者対策を巡る現状及び施策の動向(首相官邸サイトより)

グラフのようにお金の悩みの理由は人それぞれです。

特に収入が少ない人が借金をしてしまい生活に苦しむ人が増えています。

こういった人は信用情報にも傷がついており、クレカが使えなくなるなどペナルティを受けている、いわば金融事故リストに載っている人が多いです。

  • 信用情報が真っ暗になっている人
  • お金の支払い問題や借金で悩む人

上記のような方を対象に減額の手続きを説明しています。

国の法律や専門家の交渉で減額できる措置で下記のような悩みは解決出来ます!

  • カードが作れなくなった
  • 督促状や電話で催促がきている人
  • 50万円以上のローンや借金がある人
  • 借金の一括請求の通知がきた人
  • 債権回収会社から連絡がきた人


リボ払いも減額できるかも

WEB診断は1分程度で入力できて、匿名で誰にもバレず減額の診断ができます。)
その後手続きに進めば減額された分、手元のお金が残るので生活に余裕がでるはずです!

クレカや消費者金融から請求が来ている人は減額出来る可能性があります!

注意しないといけないのが、こちらから手続きしなければ一切減額されません。
※カード会社や消費者金融が、勝手に減額してくれることはありません。

支払い・返済に心当たりがあれば一度減額されるのか調べてみることをおすすめします!

日本の借金相談件数

お金の問題で困っている人は日本には大勢居るんです。
借金相談の件数
※多重債務者対策を巡る現状及び施策の動向(首相官邸サイトより)

これはあくまで消費者窓口に相談した人一部の記録です。
民間の窓口を合わせると借金問題の相談は年間約100万件以上あると言われています。

特に、収入の少なさや買い物のローンが原因で返済が厳しくなり悩む人が多いです。

悩んでいるのは、あなただけではないので借金に負い目を感じないでください。

解決するための手続きがあります。

繰り返しますが、日本では年間約100万人以上の人が減額手続きを行っています。

まずは、一旦減額診断をしてみましょう。

実際に自分がどれだけ減額できるか確認することができるので悩みを軽くすることができるはずです。

リボ払いも減額できるかも

WEB診断は1分程度で入力できて、匿名で誰にもバレず減額の診断ができます。)
その後手続きに進めば減額された分、手元のお金が残るので生活に余裕がでるはずです!

クレカや消費者金融から請求が来ている人は減額出来る可能性があります!

注意しないといけないのが、こちらから手続きしなければ一切減額されません。
※カード会社や消費者金融が、勝手に減額してくれることはありません。

支払い・返済に心当たりがあれば一度減額されるのか調べてみることをおすすめします!

減額診断のメリット

減額診断のメリットは、弁護士などの法律の専門家に会って相談しなくてもオンラインで減額できるか確認できることです。

通常の弁護士相談と比べても、時間とお金に余裕がない人でも減額できるか知ることができます。

相談することになると、減額できるか分からない状態で下記をしなければいけません。

  • 人に言いにくい事情を説明したり
  • 相談するために予定を調整したり
  • お金の問題の相談が出来る専門家のところに行かなければいけない

減額診断なら、オンラインで終わるのでこういった問題が起こらずに減額出来そうか知ることができます。

リボ払いも減額できるかも

WEB診断は1分程度で入力できて、匿名で誰にもバレず減額の診断ができます。)
その後手続きに進めば減額された分、手元のお金が残るので生活に余裕がでるはずです!

クレカや消費者金融から請求が来ている人は減額出来る可能性があります!

注意しないといけないのが、こちらから手続きしなければ一切減額されません。
※カード会社や消費者金融が、勝手に減額してくれることはありません。

支払い・返済に心当たりがあれば一度減額されるのか調べてみることをおすすめします!