その着信番号の電話主は、債権回収会社です。

債権回収会社は、国から認められている取り立て専門の業者で、放置すると訴えられる危険があります。

つまり、取り立ては正式なものです。

覚えが無かったり、詐欺かと思うかもしれませんが返済遅れに心当たりがあれば正式な請求です。

しかも恐ろしいことに、このまま電話を無視して放置を続けると………段階的にペナルティを受けることになります。

  1. 自分宛てに電話 ← いまココ
  2. 会社に電話
  3. 自宅訪問
  4. 法的手続きの予告通知
  5. 残債の一括請求(強制)
  6. 裁判
  7. 差し押さえ(財産や毎月の給料)

特に、会社に電話が来る状態は早い段階で行われ、会社の人にお金を借りていてトラブルになっていると思われてしまう可能性があります。

今すぐ支払えない人は減額制度を使えるかもしれない

支払う余裕がある人はすぐに払いましょう。

泣女性

いまお金がなくて払えないよ…

という人は、 減額制度を利用して請求を減らすという方法を利用してください。

減額制度は、元々は借金問題を抱えた人が利用する制度ですが、

実はクレカの支払いや未払い料金にも適用ができます。

知名度が低いため知られていませんが、法律事務所のサイトでも説明されています。

リボ払いも減額できるかも

WEB診断は1分程度の入力で、匿名で誰にもバレずに減額診断できます。)
減額された分、手元のお金が残るので生活に余裕がでるはずです!

借金の減額って本当に出来るの?

「借金が減額できるなんて、そんな都合の良い話なんてあるの?」そう思うかもしれません。

しかし、本当に実在していて 法律事務所のサイトでも解説されているんです。

※法律事務所の解説ページより

要するに借金の減額手続きについてを解説しています。

このように告知されていますが、減額手続きは知名度が低いので知られていないだけなんです。

50万以上返済がある人や、1年以上返済が続くような人は減額できる可能性が高いので、今すぐ減額診断で確認することをおすすめします。

リボ払いも減額できるかも

WEB診断は1分程度で入力できて、匿名で誰にもバレず減額の診断ができます。)
その後手続きに進めば減額された分、手元のお金が残るので生活に余裕がでるはずです!

クレカや消費者金融から請求が来ている人は減額出来る可能性があります!

注意しないといけないのが、こちらから手続きしなければ一切減額されません。
※カード会社や消費者金融が、勝手に減額してくれることはありません。

支払い・返済に心当たりがあれば一度減額されるのか調べてみることをおすすめします!

日本の借金相談件数

お金の問題で困っている人は日本には大勢居るんです。
借金相談の件数
※多重債務者対策を巡る現状及び施策の動向(首相官邸サイトより)

これはあくまで消費者窓口に相談した人一部の記録です。
民間の窓口を合わせると借金問題の相談は年間約100万件以上あると言われています。

特に、収入の少なさや買い物のローンが原因で返済が厳しくなり悩む人が多いです。

悩んでいるのは、あなただけではないので借金に負い目を感じないでください。

解決するための手続きがあります。

繰り返しますが、日本では年間約100万人以上の人が減額手続きを行っています。

まずは、一旦減額診断をしてみましょう。

実際に自分がどれだけ減額できるか確認することができるので悩みを軽くすることができるはずです。

リボ払いも減額できるかも

WEB診断は1分程度で入力できて、匿名で誰にもバレず減額の診断ができます。)
その後手続きに進めば減額された分、手元のお金が残るので生活に余裕がでるはずです!

クレカや消費者金融から請求が来ている人は減額出来る可能性があります!

注意しないといけないのが、こちらから手続きしなければ一切減額されません。
※カード会社や消費者金融が、勝手に減額してくれることはありません。

支払い・返済に心当たりがあれば一度減額されるのか調べてみることをおすすめします!

減額診断のメリット

減額診断のメリットは、弁護士などの法律の専門家に会って相談しなくてもオンラインで減額できるか確認できることです。

通常の弁護士相談と比べても、時間とお金に余裕がない人でも減額できるか知ることができます。

相談することになると、減額できるか分からない状態で下記をしなければいけません。

  • 人に言いにくい事情を説明したり
  • 相談するために予定を調整したり
  • お金の問題の相談が出来る専門家のところに行かなければいけない

減額診断なら、オンラインで終わるのでこういった問題が起こらずに減額出来そうか知ることができます。

リボ払いも減額できるかも

WEB診断は1分程度で入力できて、匿名で誰にもバレず減額の診断ができます。)
その後手続きに進めば減額された分、手元のお金が残るので生活に余裕がでるはずです!

クレカや消費者金融から請求が来ている人は減額出来る可能性があります!

注意しないといけないのが、こちらから手続きしなければ一切減額されません。
※カード会社や消費者金融が、勝手に減額してくれることはありません。

支払い・返済に心当たりがあれば一度減額されるのか調べてみることをおすすめします!